『レインボーシックス シージ』新オペレーター3人の特徴とは?海外紹介映像 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『レインボーシックス シージ』新オペレーター3人の特徴とは?海外紹介映像

PC Windows

『レインボーシックス シージ』新オペレーター3人の特徴とは?海外紹介映像
  • 『レインボーシックス シージ』新オペレーター3人の特徴とは?海外紹介映像

Ubisoftが2015年にリリースした人気FPS『レインボーシックス シージ(Tom Clancy's Rainbow Six Siege)』。本作の新無料拡張「Operation Blood Orchid」の新オペレーター3人を紹介する海外向け最新トレイラーが公開されました。

本無料拡張は、9月5日に配信予定で、Year 2のシーズンパス所有者は拡張実装(シーズン3)と同時に新オペレーターにアクセスでき、シーズンパスを持っていないプレイヤーはその1週間後より解禁予定です。また、全プレイヤーに向けては、新たな香港のマップ「Theme Park」も追加されます。

    Ying(攻撃側オペレーター:S.D.U.所属)
    Yingは、複数の使用方法が存在するフラッシュバン「Candela」を使用可能。従来のフラッシュバンのように投てきすることはもちろん、転がすことも、Fuzeのクラスターチャージのように破壊可能な壁に設置することもできます。

    「Candela」には3つのライトがついており、そのライトが増えていけばいくほど(ボタン長押しで増えていく)、地面を転がる時間が長くなっていくとのこと。また、Yingは特殊なゴーグルによって、「Candela」の影響を受けないので、突入する際には重宝するかもしれません。

    ■Lesion(防衛側オペレーター:S.D.U.所属)
    防衛側となるLesionは、トゲが備わったまきびしのようなガジェット「Gu mines」を使用できます。設置後に透明になる「Gu mines」を踏んだ攻撃側オペレーターは、画面上に視覚的な歪みが生じ、即時的なダメージを受けるほか、時間経過で毒による継続ダメージを受けます。

    踏んでしまった攻撃側オペレーターは、自分でそのトゲを抜くことができますが、その間は自動的に視点が下を向き、トゲを抜く専用のアニメーションが入るため、無防備になるようです。「Gu mines」は計7個設置できますが、最初から7個使えるわけでなく、時間経過で増えていき、各トラップの上には小さな×印のようなアイコンが表示されます。なお、IQは「Gu Mines」の場所を感知できます。

    ■Ela(防衛側オペレーター:GROM所属)
    ポーランドから新規参戦するElaは、壁、天井、地面に設置できる近接式コンカッション地雷「Grzmot mines」を所有しています(grzmotはポーランド語で「雷」を意味する)。「Grzmot mines」の爆発に巻き込まれたプレイヤーは、視覚と聴覚を乱されます。

    Ela自身がダウンした際にもこの「Grzmot mines」を直接投げつけることが可能で、追撃に来た敵へのカウンターはもちろん、自身の生存率向上にも繋がるかもしれません。さらに、Elaは、本作では初となるドットサイトを持つハンドガンを装備しています。なお、IQは、「Grzmot mines」の位置も発見可能です。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. オープンワールドホラー『Welcome to Hanwell』がSteam配信!―奇妙なモンスターが彷徨う街…

    オープンワールドホラー『Welcome to Hanwell』がSteam配信!―奇妙なモンスターが彷徨う街…

  2. リアル系WW2FPS『Hell Let Loose』ブレクール砲塁攻略戦を披露する最新プレイ映像

    リアル系WW2FPS『Hell Let Loose』ブレクール砲塁攻略戦を披露する最新プレイ映像

  3. 『Team Fortress 2』大型アップデート「Jungle Inferno」配信!―大規模なバランス調整も

    『Team Fortress 2』大型アップデート「Jungle Inferno」配信!―大規模なバランス調整も

  4. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  5. DMM版『PUBG』“ドン勝”限定Tシャツが配布終了に―ギフトコードが少数になったため

  6. 機械を設計する錬金術パズル『Opus Magnum』配信開始!―『SpaceChem』開発元新作

  7. 「Discord」ビデオ通話&画面共有の試験運用がスタート、正式ローンチは9月以降か

  8. タイ産P.T.風ホラー『Home Sweet Home』が9月にSteam配信!―VRにも対応

  9. 台湾産ホラーADV『返校 -Detention-』日本語版が配信決定―1960年代の文化を色濃く反映

  10. MS製アンチチートシステム「TruePlay」登場!―Windows10 Fall Creators Updateに搭載

アクセスランキングをもっと見る

page top