『Dota 2』Steam直近ユーザーレビューが炎上―『Half-Life 2: EP3』噂の余波 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Dota 2』Steam直近ユーザーレビューが炎上―『Half-Life 2: EP3』噂の余波

先日、元ValveのライターMarc Laidlaw氏によって公開された、『Half-Life 2: Episode Three』のものと思しきプロット。このプロットの公開が意外な余波を生み出しているようです。

ゲーム文化 カルチャー
『Dota 2』Steam直近ユーザーレビューが炎上―『Half-Life 2: EP3』噂の余波
  • 『Dota 2』Steam直近ユーザーレビューが炎上―『Half-Life 2: EP3』噂の余波

先日、元ValveのライターMarc Laidlaw氏によって公開された、『Half-Life 2: Episode Three』のものと思しきプロット。このプロットの公開が意外な余波を生み出しているようです。

影響を受けているのはValveの人気MOBA『Dota 2』。同作の直近の英語ユーザーレビューには『Half-Life 2: Episode Three』及び『Half-Life 3』の制作が行われない事に対しての言葉と“おすすめしません”の評価が並び、本記事執筆時点で直近の16,133件のレビューは69%好評の“賛否両論”まで落ち込んでいます。

以前の噂情報を加味すれば、『Half-Life 2: Episode Three』及び『Half-Life 3』が世に出なかったのは、決して『Dota 2』を優先する商業的理由のためだけでは無いと考えられますが、それでも全世界の多くのファンにとって、今回のプロットと思しき情報の公開は、先を知ることができる喜びではなく、同内容がゲームとして世に出なかったことに対する憤りが勝ってしまった結果となってしまっているようです。

もし制作が行われるとしても、多大な期待とプレッシャーに晒されることになる、『Half-Life 2: Episode Three』及び『Half-Life 3』。果たして今後これらのタイトルが制作されることはあるのか、また、制作されたとしてファンの期待に答えることはできるのか、今後も“3”を巡る話題は付きないのかも知れません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定

    『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定

  2. タクシー運転手が殺人事件を調査する『Night Call』Steam配信日決定! 乗客との会話で重要情報を掴め

    タクシー運転手が殺人事件を調査する『Night Call』Steam配信日決定! 乗客との会話で重要情報を掴め

  3. Epic GamesのCEOが同社の「独占戦略」について言及―「長期的に見てプレイヤーの利益に繋がる」

    Epic GamesのCEOが同社の「独占戦略」について言及―「長期的に見てプレイヤーの利益に繋がる」

  4. モバイル版『ヒューマン フォール フラット』海外配信開始! ぐにゃぐにゃアクションをいつでもどこでも

  5. 『Myst』映像化権をVillage Roadshow Entertainmentが獲得

  6. Twitchにチャンネル購読者向けストリーミング作成機能がベータ実装!

  7. 前作以上にやりたい放題!『オーバーウォッチ』vs『TF2』動画のエピソード2が公開

  8. まるで別ゲーム?『Fallout 4』に本格アニメ顔Mod「AnimeRace Nanakochan」登場!

  9. 『エースコンバットAH』ハセガワ1/72「震電II」レビュー…『エスコン』架空機キット唯一の1/72スケール!【ゲーム系プラモって実際どう?】

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top