12年越しで『バイオハザード4』のイースターエッグが発見!―そして誰…? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

12年越しで『バイオハザード4』のイースターエッグが発見!―そして誰…?

2005年にゲームキューブで初登場し、その後複数の機種に移植されたサバイバルホラーゲーム『バイオハザード4』ですが、海外YouTuberのSlippy Slidesさんが新たなイースターエッグを発見しました。

ゲーム文化 裏技
12年越しで『バイオハザード4』のイースターエッグが発見!―そして誰…?
  • 12年越しで『バイオハザード4』のイースターエッグが発見!―そして誰…?
  • 12年越しで『バイオハザード4』のイースターエッグが発見!―そして誰…?

2005年にゲームキューブで初登場し、その後複数の機種に移植されたサバイバルホラーゲーム『バイオハザード4』ですが、海外YouTuberのSlippy Slidesさんが新たなイースターエッグを発見しました。


上記映像の解説によればヘリコプターのシーンの後、背景の柱の陰に謎の人物が存在しているとのこと。その人物(平面)はゲームの雰囲気とは合っていない服装でダブルピースをしており、開発者の1人であると予想されています。

※見やすいよう明るさ等を調整しています

通常のプレイではまず見つからないであろうこのイースターエッグ。本当によく見つけましたね。そしてこの人物は一体誰なのでしょうか……。
《RIKUSYO》

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 2003年、のちのゲーム史を分けたかもしれない「残り開発期間12ヶ月」の判断―幻の旧『Fallout 3』開発中止の裏側を初代『Fallout』主要スタッフが明かす

    2003年、のちのゲーム史を分けたかもしれない「残り開発期間12ヶ月」の判断―幻の旧『Fallout 3』開発中止の裏側を初代『Fallout』主要スタッフが明かす

  2. 30年の時を経て初のプラモデル化!SFC向けACT『超攻合神サーディオン』伝説の超攻アーマー「サーディオン」―森木靖泰氏監修

    30年の時を経て初のプラモデル化!SFC向けACT『超攻合神サーディオン』伝説の超攻アーマー「サーディオン」―森木靖泰氏監修

  3. 166時間ぶっ続けの配信で『エルデンリング』をクリアした海外ストリーマーがDLCに挑戦―気合いの入った予告映像も公開

    166時間ぶっ続けの配信で『エルデンリング』をクリアした海外ストリーマーがDLCに挑戦―気合いの入った予告映像も公開

  4. ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

  5. 『StS』『マイクラ』にWindowsの『ピンボール』…毎日飽きずにプレイできるゲームは何ですか?

  6. 90年代3D格闘ACT『メタルフィスト』と日本未発売続編を収録した『Fighting Force Collection』発表!

  7. 最大4人での協力プレイも可能な街づくり&ライフシム『Go-Go Town!』早期アクセス開始!

  8. 初代PSのアニメ風アクションADV『Fear Effect』現世代機移植版が2025年発売決定!

  9. 焦土作戦実行!『崩壊:スターレイル』よりホタル…ではなく「サム」がまさかのアクションフィギュア化

  10. ニューラル・ネットワークがゴーストを制御する除霊Co-opホラー『Bureau of Contacts』早期アクセス開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top