鳥肌注意な異形ホラー『Scorn』再びKickstarter開始―日本語対応も決定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

鳥肌注意な異形ホラー『Scorn』再びKickstarter開始―日本語対応も決定

Ebb Softwareが開発を手掛けている新作ホラー『Scorn』。本作の最新トレイラーが公開されるとともに、2回目となるKickstarterキャンペーンが開始されました。

ゲーム文化 Kickstarter
鳥肌注意な異形ホラー『Scorn』再びKickstarter開始―日本語対応も決定
  • 鳥肌注意な異形ホラー『Scorn』再びKickstarter開始―日本語対応も決定

Ebb Softwareが開発を手掛けている新作ホラー『Scorn』。本作の最新トレイラーが公開されるとともに、2回目となるKickstarterキャンペーンが開始されました。

本作は、異形の存在が蔓延る不気味な世界が舞台の1人称視点型ホラーアドベンチャーゲーム。本作のKickstarterキャンペーンは2014年にも行われていたものの、目標に及ばずキャンセルされていたため、今回が2度目の挑戦となります。最低支援額は13ユーロから、最高は250ユーロとなっており、支援額にかかわらず、全てのバッカーにはデモが配信されます(準備が出来次第)。

初期目標額は、150,000ユーロですが、記事執筆時点で34日を残し、64人から1,472ユーロを調達済み。最初のストレッチゴール175,000ユーロを達成すれば、VRレベルが制作されます。また、現時点の計画では、日本語を含む8言語の対応を予定しているとのことです。

既にHumble Bundleとのパートナーシップを結んでいるEbb Softwareですが、このKickstarterキャンペーンが成功すれば2018年にも『Scorn』をリリースする予定です。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  2. 『The Last of Us Part II』海外版声優への脅迫にNaughty Dogが声明、「いかなるものであれ嫌がらせや脅迫には非難する」

    『The Last of Us Part II』海外版声優への脅迫にNaughty Dogが声明、「いかなるものであれ嫌がらせや脅迫には非難する」

  3. 『The Last of Us Part II』海外版声優がTwitter上で脅迫を受けていることを告白

    『The Last of Us Part II』海外版声優がTwitter上で脅迫を受けていることを告白

  4. 初期『TF2』にインスパイアされたMod「Team Fortress 2 Classic」最新版公開! 没ネタや新要素搭載

  5. もしかしてインプラント使ってる?『サイバーパンク2077』テーマ曲をロシアのヒューマンビートボックス王者が再現!

  6. 映画版『スリーピングドッグス 香港秘密警察』撮影開始はもう間もなく? 主演のドニー・イェンがSNSで示唆

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 『BF1942』動画などをそのまま流用したゲーム開発者が謝罪、Steamストアページも削除

  9. 『ウォッチドッグス レギオン』も登場! 近日開催の「UBISOFT FORWARD」ティーザートレイラー公開

  10. 『The Elder Scrolls Online』の宣伝で配布された海外向けTRPGに盗作疑惑、一時取り下げに

アクセスランキングをもっと見る

page top