オールドスクールFPS『Fortress Forever』が10周年を迎える―ファンが作り上げた『TFC』続編 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オールドスクールFPS『Fortress Forever』が10周年を迎える―ファンが作り上げた『TFC』続編

PC Windows

オールドスクールFPS『Fortress Forever』が10周年を迎える―ファンが作り上げた『TFC』続編
  • オールドスクールFPS『Fortress Forever』が10周年を迎える―ファンが作り上げた『TFC』続編
  • オールドスクールFPS『Fortress Forever』が10周年を迎える―ファンが作り上げた『TFC』続編

『Team Fortress Classic』や『QuakeWorld Team Fortress』にインスパイアされたファンメイドSourceMod FPS『Fortress Forever』が、現地時間2017年9月13日にリリース10周年を迎えました。2004年後半から制作が始まった本作。開発チームは10年間の統計情報やコミュニティ映像を公開しています。

  • 18回のパッチ
  • 88人のボランティア開発者
  • 何百ものコミュニティマップ
  • 24人の異なるプログラマーが3,948個のコードをコミット
  • 59人の異なる開発者が7,860個のアセットをコミット
  • 8,477ページのFF Wiki編集
  • 17,801回の#ff.pickupゲームピックアップ
  • 23,374のFF forumsスレッド
  • Steamリリース後(2015年3月)の146,341回のダウンロード、それ以前の判明していないダウンロード回数
  • 総プレイ時間は数百万時間


長年愛されてきた『Fortress Forever』はSteamにて無料配信中。なお、本作はValve開発の『Team Fortress 2』と直接的な関係はありません。『Team Fortress 2』が1998年に『Team Fortress 2: Brotherhood of Arms』なるタイトルでミリタリー色の強い作品として発表されて以来、なかなか発売されないことに業を煮やしたファンが自身の手で作り出した『Team Fortress Classic』続編が『Fortress Forever』なのです。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

    テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  2. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  3. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

    『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

  4. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  5. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  6. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

  7. Steamユーザーレビュー表示順決定方法が変更―レビュー評価割合非表示/大量評価者の重み削減

  8. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  9. 『Wolfenstein II: The New Colossus』PC版スペック情報―最低はGTX 770以上に

  10. 惑星開拓シム『RimWorld』がベータ版突入―「正式版前の最後の主要コンテンツ拡張」

アクセスランキングをもっと見る

page top