PewDiePie、『Firewatch』開発による著作権侵害申し立てにコメント―「著作権は検閲のためのものではない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PewDiePie、『Firewatch』開発による著作権侵害申し立てにコメント―「著作権は検閲のためのものではない」

先日、人気アドベンチャー『Firewatch』開発が、同作に関係ない映像中での人種差別用語を主な理由として、人気ユーチューバーPewDiePieに対し、著作権侵害申し立てを行っていた一連の騒動で、PewDiePieが反論のビデオを投稿しています。

ゲーム文化 カルチャー
PewDiePie、『Firewatch』開発による著作権侵害申し立てにコメント―「著作権は検閲のためのものではない」
  • PewDiePie、『Firewatch』開発による著作権侵害申し立てにコメント―「著作権は検閲のためのものではない」

先日、人気アドベンチャー『Firewatch』開発元のCampo Santoが、同作に関係ない映像中での人種差別用語を主な理由として、人気ユーチューバーPewDiePieに対し、著作権侵害申し立てを行っていた一連の騒動で、PewDiePieが更なるビデオを投稿しています。

映像では、PewDiePieはゲームプレイ映像の配信が著作権法に関してある種の「灰色の領域」であると発言。人気タイトル『マインクラフト』や『PUBG』の成長には、ストリーマーやYouTuberの存在も一役買っていたとして、例えゲームプレイ映像の配信から収入を得たとしても、映像の配信はなおポジティブなものであるとみなされている、と語りました。

その上で、Campo Santoがストリーマーに対し映像配信から収益を上げることを許可していることを指摘。DMCAの申し立てでは既に許可が発生している映像配信について取り下げさせることはできない、とした上で「かなり失望した」旨をコメントしています。

そして著作権法について、「人々や、アーティストの仕事を守るために重要であり、正当な理由無しでの行使は非常に危険であると考えています。どんなに私のことを嫌っていたとしても」として、「法律を悪用しないことが重要です。それはアーティストを守るために存在しており、何らかの検閲やクレームのためのものではありません」と乱用の危険性について訴えました。

騒動の大元であるPewDiePieの人種差別発言はけして許容されるものではないものの、著作権法の用いられ方については、ここから新たな議論が巻き起こっていくのかもしれません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』世界大会「Fortnite World Cup」4月13日から予選スタート、賞金は総額1億ドル!

    『フォートナイト』世界大会「Fortnite World Cup」4月13日から予選スタート、賞金は総額1億ドル!

  2. 『デビル メイ クライ』ダンテ役の俳優が銃撃事件に巻き込まれるも無傷で生還―Twitterにはジョークも投稿

    『デビル メイ クライ』ダンテ役の俳優が銃撃事件に巻き込まれるも無傷で生還―Twitterにはジョークも投稿

  3. 66歳のゲーマーお爺ちゃんが『Apex Legends』でノースコープ3連続キルの華麗プレイ!

    66歳のゲーマーお爺ちゃんが『Apex Legends』でノースコープ3連続キルの華麗プレイ!

  4. 宇宙MMO『Elite Dangerous』銀河の端で3ヶ月立ち往生している冒険者の救助計画が進行中―立案に3日以上

  5. 『フォートナイト』銃玩具「ナーフ」ラインナップが発表、海外予約開始!

  6. 『テトリス』×「プーマ」の仰天コラボ発表!スニーカーが2019年10月登場予定

  7. 『バイオハザード RE:2』完全攻略本が発売!詳細なフローチャートとマップで、本編からエクストラまで解説する永久保存版

  8. Twitch主催『Apex Legends』初の公式大会でNinja率いるチームが優勝

  9. 『キングダム ハーツIII』カフェ2月2日より開催決定!キャンペーンメニューの提供や限定グッズの販売を予定

  10. 『エースコンバット7』から架空機「X-02S」と「ADF-11F」がプラモ化!レーベンは分離も可能

アクセスランキングをもっと見る

page top