Steam仮想空間機能「SteamVR Home」でゲームトロフィーや作品の配置が可能に! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steam仮想空間機能「SteamVR Home」でゲームトロフィーや作品の配置が可能に!

今年5月よりベータが始まったSteamVR向けの仮想空間機能“SteamVR Home”ですが、本日9月22日に配信されたアップデートにて、いくつかの新要素が追加されました。

ゲーム機 VR
Steam仮想空間機能「SteamVR Home」でゲームトロフィーや作品の配置が可能に!
  • Steam仮想空間機能「SteamVR Home」でゲームトロフィーや作品の配置が可能に!

今年5月よりベータが始まったSteamVR向けの仮想空間機能“SteamVR Home”ですが、本日9月22日に配信されたアップデートにて、いくつかの新要素が追加されました。ゲームトロフィーやスクリーンショット/作品の配置が可能になるなど、今まで以上に自分だけの空間が構築できるようになります。


    トロフィー
    SteamVR ライブラリ内のゲームを表すトロフィーを SteamVR Home に飾れるようになりました。トロフィーは、プレイヤーがゲーム内で実績を完了し、バッジを作成するとアップグレードされます。また、ゲームの詳細へのアクセスや、ゲームのクイック起動にも使用可能です。トロフィーはゲームへのショートカットとして使用できるほか、ホームスペースの装飾や、お気に入りの VR ゲームの進捗の表示にも使用できます。


    スクリーンショットと作品
    お気に入りのゲームからスクリーンショットや作品を配置できるようになりました。使用できるのは、プレイヤーによってアップロードされた画像やコミュニティの人気コンテンツなどです。これらのパネルは、コンテンツブラウザの [小道具] メニュー、またはデフォルトの SteamVR Home 環境のコミュニティウォールから作成できます。スクリーンショットやアートパネルの位置を調整するには、トリガーボタンで端をつかんでください。削除するには、マルチツールを使用してください。

    SteamVR パネル
    SteamVR パネル (最近のアプリ、フレンドリスト、ルームリスト) を環境や場所を問わず配置できるようになりました。つまり、どこでもフレンドやルーム、ゲームにクイックアクセスするためのホームスペースに変えることができるということです。スクリーンショットや作品と同様、パネルはコンテンツブラウザの [小道具] メニューから作成できます。端をつかむと移動し、削除はマルチツールで行います。

    Steam Audio
    Steam Audio が SteamVR Home に統合されました。デフォルトでポジショナルサウンドが有効化され、臨場感あふれるオーディオをワークショップ環境へ容易に統合することができます。Steam Audio は 頭部伝達関数 (HRTF) を使用し、直接音をバイノーラルにレンダリングすることで、リスナーに合わせた音源の位置を正確にモデル化します。これによりプレイヤーは、音源の位置の高低だけでなく前後も感じられるようになります。環境への音の追加に関する詳細は SteamVR 開発者 Wiki を参照してください。


    ボクシングのリング
    このアップデートに合わせて、サブスクライブして楽しめる SteamVR Home 環境「ボクシングのリング」を新しく作成しました。サンドバッグをパンチし、ダンベルを持ち上げ、リングでトレーニングロボットと対戦してみましょう。どれだけ速くトレーニングロボットをノックアウトできるかを是非お試しください!

    その他のアップデート
    上記の新機能以外に、新しい家具が大量に追加されたほか、既存の小道具やツール、家具の視覚的忠実度が改善されました。小道具や家具の VR 内での配置方法を改良することで、ホームスペースのカスタマイズもさらに簡単にしました。

ますます進化するSteamVR。今後の発展が楽しみですね。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

    これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

  2. オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績

    オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績

  3. 訓練用VR医療シミュ『Trauma Simulator』Steamストア公開―米国防総省なども協力、これで事件事故でも安心?【UPDATE】

    訓練用VR医療シミュ『Trauma Simulator』Steamストア公開―米国防総省なども協力、これで事件事故でも安心?【UPDATE】

  4. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  5. 可変フレームで快適に!度付レンズも使える「ゲーミングメガネ」登場

  6. 「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

  7. BenQスクリーンバー「e-Reading Lampモニター掛け式ライト」はゲームプレイにどれほど役立つ?『バイオ7』など3タイトルで検証!

  8. RazerのCS向けゲーミングヘッドセット「Kraken for Console」が国内発売決定

  9. Razerのゲーミングヘッドセット「Kraken X」、テンキーレスキーボード「BlackWidow Lite」が8月30日発売

  10. ホロ&ロレンス再びVRへ!『狼と香辛料VR 2』発表―新キャラも登場?

アクセスランキングをもっと見る

page top