「ミニ スーファミ」発売4日間で36.8万台を販売─ミニ ファミコンと比べて10万台以上も上回る出足に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「ミニ スーファミ」発売4日間で36.8万台を販売─ミニ ファミコンと比べて10万台以上も上回る出足に

ゲーム文化 レトロゲーム

「ミニ スーファミ」発売4日間で36.8万台を販売─ミニ ファミコンと比べて10万台以上も上回る出足に
  • 「ミニ スーファミ」発売4日間で36.8万台を販売─ミニ ファミコンと比べて10万台以上も上回る出足に
  • 「ミニ スーファミ」発売4日間で36.8万台を販売─ミニ ファミコンと比べて10万台以上も上回る出足に
  • 「ミニ スーファミ」発売4日間で36.8万台を販売─ミニ ファミコンと比べて10万台以上も上回る出足に

任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(以下、ミニ スーファミ)が、2017年10月5日に発売。名作や話題作など21タイトルを収録したミニ スーファミには高い注目が集まっており、発売日当日から好調な出足を見せました。

ファミ通調べによれば、発売日を含めた4日間(10月5日~10月8日)の国内推定販売台数は、368,913台にのぼったとのこと。昨年発売された「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」は、発売4日間で26.3万台を販売(同じくファミ通調べ)。こちらも大きな話題となりましたが、それを上回る勢いを見せる形となりました。

ミニ スーファミは、当時の本体を手の平サイズにコンパクト化しつつも、2個のコントローラーはサイズもボタン配置も忠実に再現し、変わらぬ操作性で懐かしのソフトを楽しむことが可能。HDMIで手軽にTVやモニタと繋げられるのも嬉しいポイントです。今後も発売を続けるため、クリスマス商戦や年末年始などで更なる伸びを見せることでしょう。
《臥待 弦》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 9 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Fallout 76』カバー版「カントリー・ロード」が米・独立記念日の7月4日発売!売上は全額寄付へ

    『Fallout 76』カバー版「カントリー・ロード」が米・独立記念日の7月4日発売!売上は全額寄付へ

  2. クロスステッチで再現された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』渾身のワールドマップ!600時間以上を費やして制作

    クロスステッチで再現された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』渾身のワールドマップ!600時間以上を費やして制作

  3. 「Steamサマーセール 2018」の足音が……トレーディングカードに“ミステリーカード”登場

    「Steamサマーセール 2018」の足音が……トレーディングカードに“ミステリーカード”登場

  4. 容赦ないゴア描写、そしてこの爽快感はクセになる!Bethesda新作『RAGE 2』ハンズオン【E3 2018】

  5. 『Dead by Daylight』2周年を記念したグッズが販売開始!ー抽選で“ハントレス”のマスクも

  6. 数々の発表を振り返る!「E3 2018」各社プレスカンファレンスひとまとめのひとまとめ

  7. 開発スタッフが語る『Ghost of Tsushima』(仮称)で描かれる美しい日本―侍は武士道が通用しない敵にどう立ち向かう?【E3 2018】

  8. 『アサシン クリード オデッセイ』でスパルタンなウォリアーになってきた―美しい古代ギリシャでアテナイと対峙【E3 2018】

  9. 『マスエフェクト』シリーズは「死んでいない」―BioWareプロデューサーがコメント

  10. 会場で「NEOGEO mini」を発見!気になるサイズや操作性をチェック【E3 2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top