『Bloodborne』PSX2014の“炎の死体の巨人”が3年越しに発見される | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Bloodborne』PSX2014の“炎の死体の巨人”が3年越しに発見される

フロム・ソフトウェアのPS4向けアクションRPG『Bloodborne』。PlayStation Experience 2014での本作紹介映像に映っていた“炎の死体の巨人(Flaming Undead Giant)”が3年越しにゲーム内で確認された模様です。

家庭用ゲーム PS4
『Bloodborne』PSX2014の“炎の死体の巨人”が3年越しに発見される
  • 『Bloodborne』PSX2014の“炎の死体の巨人”が3年越しに発見される
フロム・ソフトウェアのPS4向けアクションRPG『Bloodborne』。PlayStation Experience 2014での本作紹介映像に映っていた“炎の死体の巨人(Flaming Undead Giant)”が3年越しにゲーム内で確認された模様です。

海外メディアEurogamerによれば、この“炎の死体の巨人”は、2014のPlayStation Experienceにて、同作ディレクター宮崎英高氏によって紹介されたものの、実際に2015年にリリースされたゲーム上での実在が確認されておらず、長らく「没になったもの」と考えられてきていました。


“炎の死体の巨人”の実在を確認したのは、同作の「聖杯ダンジョン」を研究する、海外掲示板RedditのユーザーKolbrotKommander氏とMorosNyx氏。MorosNyx氏が投稿した映像では、2014のPlayStation Experienceでの紹介時の映像と共に、実際にリリースされたゲーム上で動作する“炎の死体の巨人”の姿を確認することが可能です。

MorosNyx氏によれば、今回の報告は、あくまで“炎の死体の巨人”の存在を公にしただけであり、これ以前にも報告はされないものの見たことがあるユーザーは居たのではないか、とのこと。しかしながらMorosNyx氏は、今回の発見により、まだ「聖杯ダンジョン」には未発見のコンテンツが隠されている可能性に触れ、更なる同作の探求を進める方針であるとしています。

なお、“炎の死体の巨人”を実施にゲーム上で見たいユーザーは、グリフシード「pa6ssc6u」を使用することで遭遇することが可能な模様です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Days Gone』6月のアップデート内容を告知―高難度“Survival”やウィークリーチャレンジが実装

    『Days Gone』6月のアップデート内容を告知―高難度“Survival”やウィークリーチャレンジが実装

  2. 『オーバーウォッチ』スクリプト形式で追加ゲームルールが作れる「Workshop」機能発表

    『オーバーウォッチ』スクリプト形式で追加ゲームルールが作れる「Workshop」機能発表

  3. 5月のPS Plus、フリープレイは『METAL GEAR SURVIVE 通常版』『Darksiders Warmastered Edition』!

    5月のPS Plus、フリープレイは『METAL GEAR SURVIVE 通常版』『Darksiders Warmastered Edition』!

  4. 『スーパーマリオメーカー2』発売日が発表!国内で2019年6月28日に【UPDATE】

  5. 『スターリンク バトル・フォー・アトラス』PC版がトイに対応し海外発表!スイッチ版には『スターフォックス』追加キャラDLCも

  6. 『Days Gone』感染したのは人間だけじゃない―凶悪な動物を紹介する海外トレイラー

  7. PS4『アズレン クロスウェーブ』新たに参戦キャラ14隻が判明!最新画像を掲載したギャラリーページも公開

  8. 火星で破壊しまくりACT『Red Faction Guerrilla Re-Mars-tered』のスイッチ版が海外発表!

  9. 400タイトル以上が対象!PS Store「GAME WEEKセール」5月7日まで開催中―最大90%オフ

  10. オープンワールドレーシング『ザ クルー2』4月25日午後4時より週末無料プレイ開催!―割引セールも

アクセスランキングをもっと見る

1
page top