『Bloodborne』PSX2014の“炎の死体の巨人”が3年越しに発見される | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Bloodborne』PSX2014の“炎の死体の巨人”が3年越しに発見される

フロム・ソフトウェアのPS4向けアクションRPG『Bloodborne』。PlayStation Experience 2014での本作紹介映像に映っていた“炎の死体の巨人(Flaming Undead Giant)”が3年越しにゲーム内で確認された模様です。

家庭用ゲーム PS4
『Bloodborne』PSX2014の“炎の死体の巨人”が3年越しに発見される
  • 『Bloodborne』PSX2014の“炎の死体の巨人”が3年越しに発見される
フロム・ソフトウェアのPS4向けアクションRPG『Bloodborne』。PlayStation Experience 2014での本作紹介映像に映っていた“炎の死体の巨人(Flaming Undead Giant)”が3年越しにゲーム内で確認された模様です。

海外メディアEurogamerによれば、この“炎の死体の巨人”は、2014のPlayStation Experienceにて、同作ディレクター宮崎英高氏によって紹介されたものの、実際に2015年にリリースされたゲーム上での実在が確認されておらず、長らく「没になったもの」と考えられてきていました。


“炎の死体の巨人”の実在を確認したのは、同作の「聖杯ダンジョン」を研究する、海外掲示板RedditのユーザーKolbrotKommander氏とMorosNyx氏。MorosNyx氏が投稿した映像では、2014のPlayStation Experienceでの紹介時の映像と共に、実際にリリースされたゲーム上で動作する“炎の死体の巨人”の姿を確認することが可能です。

MorosNyx氏によれば、今回の報告は、あくまで“炎の死体の巨人”の存在を公にしただけであり、これ以前にも報告はされないものの見たことがあるユーザーは居たのではないか、とのこと。しかしながらMorosNyx氏は、今回の発見により、まだ「聖杯ダンジョン」には未発見のコンテンツが隠されている可能性に触れ、更なる同作の探求を進める方針であるとしています。

なお、“炎の死体の巨人”を実施にゲーム上で見たいユーザーは、グリフシード「pa6ssc6u」を使用することで遭遇することが可能な模様です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4『モンハン:アイスボーン』βテスト開催決定! 第1回は6月21日より─いち早く「ティガレックス」や「バフバロ」と戦おう

    PS4『モンハン:アイスボーン』βテスト開催決定! 第1回は6月21日より─いち早く「ティガレックス」や「バフバロ」と戦おう

  2. 『フォートナイト』v9.30パッチノート―範囲回復チャグスプラッシュやなりすまし小道具プロセッサー、新防衛ミッションなど

    『フォートナイト』v9.30パッチノート―範囲回復チャグスプラッシュやなりすまし小道具プロセッサー、新防衛ミッションなど

  3. 海外ファン制作『Dreams Universe』での初代『MGS』HDリメイクが公開!

    海外ファン制作『Dreams Universe』での初代『MGS』HDリメイクが公開!

  4. 対戦格闘『DEAD OR ALIVE 6』に『KOF』の不知火舞とクーラが参戦!ver1.06パッチ配信開始

  5. 気分はエリート特殊部隊―『ゴーストリコン ブレイクポイント』協力プレイを収めた海外プレイ映像

  6. 『ディビジョン2』タイトルアップデート4実施メンテナンスが告知―新スペシャリゼーション「ガンナー」など

  7. 『ディビジョン2』タイトルアップデート4の情報が一部公開―「ガンナー」や「弾薬ゲージ」、スキルツリー見直しなど

  8. CS版『Apex Legends』所持品画面でカーソル初期位置が固定されていないのは「意図せぬ挙動」―開発陣が調査中

  9. 『レインボーシックス シージ』改良されたフレンドリーファイヤー反射システム紹介映像

  10. バティストの物語描く『オーバーウォッチ』新作短編小説「捨てられた過去」公開! 新たなタンク候補も登場?

アクセスランキングをもっと見る

page top