『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス』に海外ファン製作の『PUBG』風バトロワモードModが登場! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス』に海外ファン製作の『PUBG』風バトロワモードModが登場!

ロックスター・ゲームスによる名作『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス(Grand Theft Auto San Andreas )』について、同作の海外ファンによってModを利用した『PUBG』風のバトルロイヤルモードが製作されていることを海外メディアが報じています。

ゲーム文化 Mod
『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス』に海外ファン製作の『PUBG』風バトロワモードModが登場!
  • 『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス』に海外ファン製作の『PUBG』風バトロワモードModが登場!
  • 『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス』に海外ファン製作の『PUBG』風バトロワモードModが登場!
  • 『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス』に海外ファン製作の『PUBG』風バトロワモードModが登場!

海外メディアのkotakuは、ロックスター・ゲームスによる名作『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス(Grand Theft Auto San Andreas )』について、同作の海外ファンによってModを利用した『PUBG』風のバトルロイヤルモードが製作されていることを報じています。


同メディアによると、同モードは、「San Andreas Multiplayer」と「Multi Theft Auto」という2つのマルチプレイ化Modからプレイ可能なバトルロイヤル。両Modの開発チームや有志らによってオープンソースで開発されており、最大3レベルまでの装備品や最大100人でのマルチプレイなど、『PUBG』と類似した点も多くみられます。また、ロゴやUIの仕様も似通っており、「Multi Theft Auto」版ではフライパンも武器としてしっかり使用可能。しかし、キャラクターのスキンカスタマイズ要素やヴィークルなどは『サンアンドレアス』内のNPCデータや車両データを流用しており、『PUBG』とは異なる趣を有しています。

13年も前にリリースされた同作ですが、このモードに関する映像が現在でもYouTubeに投稿されており、その根強い人気とユーザーの熱意には驚きを隠せません。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投擲者は永久出禁に

    海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投擲者は永久出禁に

  2. 海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

    海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

  3. 天野喜孝氏が『マジック:ザ・ギャザリング』カードアートに参戦!人気キャラ・リリアナ描く

    天野喜孝氏が『マジック:ザ・ギャザリング』カードアートに参戦!人気キャラ・リリアナ描く

  4. アダルト宇宙RPG『Subverse』のクラウドファンディング調達額が100万ドルに迫る勢い―目標の約10倍

  5. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  6. 『ロックマンX』主人公「エックス」が25年の時を経て初プラモデル化―ファンも納得の豪華仕様

  7. 『アサシン クリード ユニティ』無料配布を受けて「逆」レビュー爆撃が発生―直近では「非常に好評」に

  8. プロゲーミングチームDeToNator代表が語る「自分たちがメディアになる」重要性と今後の展望

  9. 『アサシンクリード』が火災被害受けたノートルダム大聖堂再建に役立つ? 過去にゲームに登場

  10. 『ゼルダの伝説 BotW』のハイラル城を『マイクラ』で再現―公認プロマインクラフターによる本気の作品をご覧あれ!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top