『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス』に海外ファン製作の『PUBG』風バトロワモードModが登場! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス』に海外ファン製作の『PUBG』風バトロワモードModが登場!

ロックスター・ゲームスによる名作『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス(Grand Theft Auto San Andreas )』について、同作の海外ファンによってModを利用した『PUBG』風のバトルロイヤルモードが製作されていることを海外メディアが報じています。

ゲーム文化 Mod
『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス』に海外ファン製作の『PUBG』風バトロワモードModが登場!
  • 『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス』に海外ファン製作の『PUBG』風バトロワモードModが登場!
  • 『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス』に海外ファン製作の『PUBG』風バトロワモードModが登場!
  • 『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス』に海外ファン製作の『PUBG』風バトロワモードModが登場!

海外メディアのkotakuは、ロックスター・ゲームスによる名作『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス(Grand Theft Auto San Andreas )』について、同作の海外ファンによってModを利用した『PUBG』風のバトルロイヤルモードが製作されていることを報じています。


同メディアによると、同モードは、「San Andreas Multiplayer」と「Multi Theft Auto」という2つのマルチプレイ化Modからプレイ可能なバトルロイヤル。両Modの開発チームや有志らによってオープンソースで開発されており、最大3レベルまでの装備品や最大100人でのマルチプレイなど、『PUBG』と類似した点も多くみられます。また、ロゴやUIの仕様も似通っており、「Multi Theft Auto」版ではフライパンも武器としてしっかり使用可能。しかし、キャラクターのスキンカスタマイズ要素やヴィークルなどは『サンアンドレアス』内のNPCデータや車両データを流用しており、『PUBG』とは異なる趣を有しています。

13年も前にリリースされた同作ですが、このモードに関する映像が現在でもYouTubeに投稿されており、その根強い人気とユーザーの熱意には驚きを隠せません。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

    ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

  2. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

    さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  3. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

    “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  4. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  5. ボイチャ必須の南極Co-opパズルADV『We Were Here Together』配信開始!

  6. カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

  7. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. トランプ大統領が公式Twitchチャンネルを開設!既にフォロワーは2万8千人超

  10. 「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える

アクセスランキングをもっと見る

page top