Take-Two会長、ルートボックスについて合法性を主張―「ギャンブルではない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Take-Two会長、ルートボックスについて合法性を主張―「ギャンブルではない」

欧米において大きな議論を巻き起こしているゲームの“ルートボックス”。その存在について、『Grand Theft Auto V』など多数のAAAタイトルで知られるパブリッシャーのTake-Two Interactiveの会長、Karl Slatoff氏が発言を行っています。

ニュース ゲーム業界
Take-Two会長、ルートボックスについて合法性を主張―「ギャンブルではない」
  • Take-Two会長、ルートボックスについて合法性を主張―「ギャンブルではない」
欧米において大きな議論を巻き起こしているゲームの“ルートボックス”。その存在について、『Grand Theft Auto V』など多数のAAAタイトルで知られるパブリッシャーのTake-Two Interactiveの会長、Karl Slatoff氏が発言を行っています。

海外メディアGame Informerによれば、Slatoff氏はクレディスイス第21回メディア・テレコムカンファレンスを通し、“ルートボックス”はギャンブルではないと主張しながら、米国ゲーム団体ESA(Entertainment Software Association)とほぼ同じで見解であると述べたということです。

Slatoff氏は消費者の間で広がる“ルートボックス”の評判を認めながらも、自身にとってそれは「コンテンツ内容についての評判」であり、「過剰に提供している(ルートボックス関連の)コンテンツ」が焦点であるとしました。

また、氏は、「企業はユーザーに何かを買うことを強制させることはできない」と感じているものの、「エンゲージメントを促進するための最高の経験を生み出す、最善の努力を行うことはでき、エンゲージメントを通じて、エンターテインメントフランチャイズの価値を創造する事が可能である」と話しました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

    米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

  2. Kalypso Media Groupが新スタジオClaymore Game Studiosの設立を発表―『コマンドス』最新作を開発

    Kalypso Media Groupが新スタジオClaymore Game Studiosの設立を発表―『コマンドス』最新作を開発

  3. 5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

    5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

  4. コジマプロダクションから新型コロナ感染者が出たことが判明―今後は一時的なオフィス閉鎖やテレワーク等を実施

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 終末世界街づくりシム『END ZONE A WORLD APART』アーリーアクセスを4月2日から開始―21XX年世界は放射能に包まれた!

  7. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  8. ベセスダ、6月イベント開催はなし「胸躍らせる多くの取り組みを今後数か月で発表」

  9. Steamにて予約購入したゲームがリリース前であれば返金可能に、アカウントページから簡単に申請可

  10. サターンの名作『パンツァードラグーン』がVRに!シリーズ三部作のエピソードを舞台とした『パンツァードラグーンVoyage Record(仮題)』2020年発売

アクセスランキングをもっと見る

page top