【CES2018】NVIDIA、過去最大サイズの65インチゲーミングディスプレイを発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【CES2018】NVIDIA、過去最大サイズの65インチゲーミングディスプレイを発表

NVIDIAはアメリカ・ラスベガスで開催中のCES2018において、ゲーミングディスプレイとしては過去最大サイズとなる65インチのG-SYNC対応ディスプレイ『BFGD』(ビッグフォーマットゲーミングディスプレイ)を発表しました。

ゲーム機 周辺機器
NVIDIAが過去最大サイズの65インチゲーミングディスプレイを発表
  • NVIDIAが過去最大サイズの65インチゲーミングディスプレイを発表
  • NVIDIAが過去最大サイズの65インチゲーミングディスプレイを発表
  • NVIDIAが過去最大サイズの65インチゲーミングディスプレイを発表
  • NVIDIAが過去最大サイズの65インチゲーミングディスプレイを発表
  • NVIDIAが過去最大サイズの65インチゲーミングディスプレイを発表
  • NVIDIAが過去最大サイズの65インチゲーミングディスプレイを発表

NVIDIAはアメリカ・ラスベガスで開催中のCES2018において、ゲーミングディスプレイとしては過去最大サイズとなる65インチのG-SYNC対応ディスプレイ「BFGD」(ビッグフォーマットゲーミングディスプレイ)を発表しました。


「BFGD」は、65インチの専用パネルに遅延を低減する「G-SYNK HDRテクノロジー」と、ゲームコンソール「SHIELD」を搭載。解像度は4K、リフレッシュレートは120Hz、最大輝度は1000ニット。担当者によると液晶パネルはAU Optronics社製で、「量子ドットフィルムで色の再現性を向上しました」とのことです。

また、今回は展示会場とは別に用意されたホテルの一室で、限定されたメディアに対してハンズオンの機会が与えられました。その様子を含めてレポートします。


ホテルの部屋の中で実際に目にするBFGDは、65インチということもあって、プライベートユースでは大きさの上限といった印象です。サイズに関しては「今回は65インチのみ」とのことで、今後のサイズ展開については明かされていません。


ゲーム画面を表示した印象では、金属に光があたって反射するときの輝きや、空に浮かぶ雲の微妙な色合いなど、非常に鮮やかかつダイナミックに表現されており、少し派手に感じるほど。

担当者によると、「G-SYNKデスクトップゲーミングモデルのように、遅延がとにかく少なく反応がいいこと、ダイナミックレンジが広くとても鮮やかな表現が可能なため、ものの質感や光の反射がとてもリアルに表現できることが特徴」なのだとか。気になる日本導入については、導入の有無を含めて現時点では未定であり、パートナー企業であるAcer、ASUS、HPからデリバリーがある場合は各企業から発表されるとのことでした。

また、「BFGD」の特徴のひとつであるゲームコンソールSHIELDの内蔵について、「SHIELDは現在日本でサービスが提供されておらず、BFGDの日本導入が決定した際も、SHIELDの日本での提供があるかどうか未定」とのこと。価格についても未公表となっています。


いずれにせよ、これだけ大きなディスプレイで、低遅延かつ広いダイナミックレンジでゲームを楽しむことができる体験というのは、他に代えがたい価値があるということも感じることができました。SHIELDの日本対応がどうなるかは不明ですが、大画面のゲーミングディスプレイに価値を感じる向きは、待ってみる価値がありそうです。
《佐藤耕一》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 新型VRヘッドセット「Oculus Rift S」発表!外部センサーも必要なし

    新型VRヘッドセット「Oculus Rift S」発表!外部センサーも必要なし

  2. VRホラーADV『Human Sacrifice』Steam配信開始ー不気味な儀式の謎を解き明かし脱出せよ

    VRホラーADV『Human Sacrifice』Steam配信開始ー不気味な儀式の謎を解き明かし脱出せよ

  3. Oculus、“ゲーム向け”新スタンドアロンヘッドセット「Oculus Quest」発表!―6DOF対応、399ドル

    Oculus、“ゲーム向け”新スタンドアロンヘッドセット「Oculus Quest」発表!―6DOF対応、399ドル

  4. タニタ『電脳戦機バーチャロン』用ツインスティック、増産クラウドファンディングが目標金額を突破

  5. 携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」2019年Q1より生産段階に移行!アルファユニットの映像も

  6. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

  7. 「在庫切れ」となった3.8mのロボット「クラタス」が再入荷―価格1億2,000万円、但し送料350円

  8. Microsoft、クラウドゲームストリーミング「Project xCloud」発表―Xboxゲームをモバイルでも

  9. UE4で再構築した『マインクラフト』クローン版プレイ映像!プロジェクトファイルも無料配布

  10. 『メガドライブ ミニ(仮)』2019年へ延期―海外ファンの反響を受けモデルチェンジ

アクセスランキングをもっと見る

1
page top