なぜスイッチ版『イースVIII』は日本一ソフトウェア販売?新川氏・近藤氏の両社長対談 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

なぜスイッチ版『イースVIII』は日本一ソフトウェア販売?新川氏・近藤氏の両社長対談

家庭用ゲーム Nintendo Switch

なぜ『イースVIII』スイッチ版は日本一ソフトウェア販売なのか?―新川氏・近藤氏の両社長が対談
  • なぜ『イースVIII』スイッチ版は日本一ソフトウェア販売なのか?―新川氏・近藤氏の両社長が対談

先日公開された「Nintendo Direct mini 2018.1.11」にてニンテンドースイッチ向けアクションRPG『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』が発表されました。本作は、日本ファルコムが手掛ける『イース』シリーズ第8作目。すでに同社によってPS4/PS Vita版が展開されていましたが、本作では、PC版(NIS Americaが販売)に続いて日本一ソフトウェアがパブリッシングする事になりました。

その理由が日本ファルコム社長の近藤季洋氏と日本一ソフトウェア社長の新川宗平氏の対談によって明かされています

それによると、両氏は歳が近く、新卒で入社して、ゲームのシナリオを自分で書いて、上場会社の社長に就任するなどの共通点が多かったため、PCゲームメーカーが集まる忘年会で出会った後、交流を深めていったとのこと。

そして、新川氏曰く「ファルコムさんには新作を作るのに集中して頂きたい」という理由で、日本一ソフトウェアが海外展開や移植などを行う事になったそうです。この対談では、その話の詳細のほかにも、『イース』シリーズの楽しみ方や、長年『イース』シリーズを楽しんでいるファンへのメッセージなどが綴られているので、興味のある読者は下記のURLからどうぞ。

日本ファルコム 近藤社長×日本一ソフトウェア 新川社長
両社長が語る、Nintendo Switch版『イースVIII』への道


http://nippon1.jp/news/new_title_interview/

ニンテンドースイッチ向けアクションRPG『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』を2018年夏に発売します。

※記事掲載当初、PC版『イースVIII -Lacrimosa of DANA』のパブリッシングを日本ファルコムが行っていると誤った情報を記載していました。PC版のパブリッシングは、日本一ソフトウェア(NIS America)が行っているのが正しい情報です。読者の皆様には大変ご迷惑をおかけしました。

なぜ『イースVIII』スイッチ版は日本一ソフトウェア販売なのか?―新川氏・近藤氏の両社長が対談

《真ゲマ》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 19 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』最終サークルでのバランス調整を予告―ショットガン、ロケット、建築重視以外の選択肢の提供へ

    『フォートナイト』最終サークルでのバランス調整を予告―ショットガン、ロケット、建築重視以外の選択肢の提供へ

  2. ニンテンドースイッチ版『マインクラフト』がアップグレード!XB1やスマホとのマルチプレイにも対応へ

    ニンテンドースイッチ版『マインクラフト』がアップグレード!XB1やスマホとのマルチプレイにも対応へ

  3. 『オーバーウォッチ』に新たな“何か”が予告―公式Twitterが謎の告知

    『オーバーウォッチ』に新たな“何か”が予告―公式Twitterが謎の告知

  4. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  5. 『New ガンダムブレイカー』PS4版発売!レスポンス向上など今後の改善予定も

  6. 『フォートナイト』ショッピングカート復活……ならず、わずか2時間で再度利用不可に

  7. 『フォートナイト』ロケット前に謎のカウントダウン出現ー「何が起こるんです?」

  8. 『Fallout 76』「B.E.T.A.」向け日本語FAQが公開、ただし日本でのベータテスト実施は未定

  9. 『Destiny 2』大型拡張コンテンツ「孤独と影」国内PS4版配信日決定!

  10. 『サイバーパンク2077』ナイトシティの生活に関する新情報―ドローンやロボットは物語にどう絡む?

アクセスランキングをもっと見る

page top