『CS:GO』海外スキン売買サイトで約665万円のスキンを購入する猛者が出現 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CS:GO』海外スキン売買サイトで約665万円のスキンを購入する猛者が出現

Valve手がける人気対戦FPS『Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)』ですが、同作のスキンを売買する非公式スキン販売コミュニティ「OPSKINS」にて、6万ドルを超えるスキンを購入したユーザーが出現したことが海外メディアから報じられています。

ゲーム文化 カルチャー
『CS:GO』海外スキン売買サイトで約665万円のスキンを購入する猛者が出現
  • 『CS:GO』海外スキン売買サイトで約665万円のスキンを購入する猛者が出現
  • 『CS:GO』海外スキン売買サイトで約665万円のスキンを購入する猛者が出現

Valveの人気対戦FPS『Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)』。同作のスキンを売買する非公式スキン販売コミュニティ「OPSKINS」にて、6万ドルを超えるスキンを購入したユーザーが出現したことが海外メディアから報じられています。

海外メディアPolygonによると、今回売買されたスキンは、海外のe-Sportsチーム「Cluod9」のプレイヤーTyler Latham(Skadoodle)氏のサイン入りステッカーがついたAWP用「Dragon Lore」スキン。クオリティは傷一つないFactory Newと、まさに完璧な品質のスキンで、その取引額はなんと61,052.63ドル(記事執筆時に約665万円)であると報じられています。

また、このスキンを出品したユーザーは同メディアのインタビューに回答しており、それによると取引は当初35,000ドルから開始されたものの、両者の交渉によって今回の値段で合意になったとのこと。同時に今回の取引について、この価格以外で譲る意思はなかったとコメントしています。
《吉河卓人》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

    波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

  2. 『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

    『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

  3. 私が作った『Halo』ではない―原作開発者が実写ドラマ版について言及

    私が作った『Halo』ではない―原作開発者が実写ドラマ版について言及

  4. あの問題作『POSTAL』のドリームキャスト移植版が完成! 日本語音声も収録して6月発売予定

  5. 天の川銀河の中心へ!『マインクラフト』驚愕のブラックホール再現が公開―過去には中性子星なども作成

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. あの動画の影響を受けて…PS5『Dreams Universe』で実写のようなリアルな駅を作成したアーティスト登場!

  8. メガドライブ、セガサターン、ドリームキャスト…セガの大ヒット家庭用ゲーム機3種が1/2スケールのワイヤレス充電器になって登場!

  9. PC版『タイタンフォール2』のマルチプレイが再び可能に…?カスタムサーバーModが公開へ

  10. ガンダムゲーム配信番組「GUNDAM GAME FEST」5月27日午前7時配信―『SDガンダム バトルアライアンス』『GUNDAM EVOLUTION』などの最新情報公開

アクセスランキングをもっと見る

page top