もっと快適狩猟ライフ!『モンハン:ワールド』嬉しい10個の豆知識―第2弾 2ページ目 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

もっと快適狩猟ライフ!『モンハン:ワールド』嬉しい10個の豆知識―第2弾

大好評!『モンスターハンター:ワールド』での狩りがラクになる10個の豆知識、第2弾!

連載・特集 特集
もっと快適狩猟ライフ!『モンハン:ワールド』嬉しい10個の豆知識―第2弾
  • もっと快適狩猟ライフ!『モンハン:ワールド』嬉しい10個の豆知識―第2弾
  • もっと快適狩猟ライフ!『モンハン:ワールド』嬉しい10個の豆知識―第2弾
  • もっと快適狩猟ライフ!『モンハン:ワールド』嬉しい10個の豆知識―第2弾
  • もっと快適狩猟ライフ!『モンハン:ワールド』嬉しい10個の豆知識―第2弾
  • もっと快適狩猟ライフ!『モンハン:ワールド』嬉しい10個の豆知識―第2弾
  • もっと快適狩猟ライフ!『モンハン:ワールド』嬉しい10個の豆知識―第2弾
  • もっと快適狩猟ライフ!『モンハン:ワールド』嬉しい10個の豆知識―第2弾
  • もっと快適狩猟ライフ!『モンハン:ワールド』嬉しい10個の豆知識―第2弾

◆アイテムBOXをスマートに使いこなそう



狩りの最中や拠点で開きまくるアイテムBOXですが、クエストで使用したアイテムの補充を1つずつやるのが面倒なときありませんか?そんなときは△ボタンを押せば、減っているアイテムを全てBOXから補充してくれます(アイテムポーチにアイテムが該当のアイテムが1個以上残っている場合のみ)。


また、R1ボタンを押せばカーソルで選ばれているアイテムが全てBOXへと移せるだけでなく、R2ボタンでは1個ずつアイテムを移動可能です。

◆乗り中、どうやって耐えればいいの?



大型モンスターへの乗りを成功させると、大きな隙を生み出せるので、積極的に狙っているプレイヤーも多いと思いますが、最初に出ていたボタン表示がいつの間にか無くなってしまっています。カプコンによると、これは乗りを3回成功させると無くなってしまうんだそうですが、画面右上に注目してみてください。ここには乗っている最中に行えるコマンドが記載されているのですが、押すべきボタンがハイライト表示されるのです。なので、画面右上を見ながらやればほぼ必ず成功させられると思います!

◆ツタを登っている最中でもアイテムが使える



本作では、大型モンスターがよく移動するので、追いかけるためにツタなどに登ることがよくあります。意識の高いハンターは、ツタに登りながらちょっとした小休止を挟むこともあるかもしれません。ですが、そんなときでもアイテムが使えちゃいます(過去作でも搭載されていた)。回復薬などを登りながら使えるので、頭に入れておいて損は無さそうです。また、ツタ登り中に剥ぎ取りナイフで攻撃することもできます。使いこなすのは中々難しいですが、覚えておくとなにかの役に立つかも。

◆マイセット機能使ってますか?



アイテム、装備、食事場、これらに共通しているのは「マイセット機能」です。たとえば、さっき戦ったモンスターはリオレウスだったから、火耐性防具を使ってたけど、次狩りにいきたいのはレイギエナ……。



そんな場合、各属性に対応した武器/防具をあらかじめマイセットに1度だけ登録しておけば、あとは呼び出すだけで一括変更できるのです。アイテムポーチや食事場でもマイセット登録ができるので、狩猟用、捕獲用など、目的別に用意しておくと色々と捗るかもしれません。

◆実に愉快なテーブルアクション



集会エリアのイスに座ったり、食事場の選択画面で△ボタンを押せば、様々なテーブルアクションが行えます。集会エリアで行えば、「やったなガハハ」遊びをしながらコミュニケーションを取ることも可能。


さらに、何度もお酒を飲んでいると泥酔するプレイヤーを見ることもできちゃいます。オマケのオマケ程度のものですが、一度試してみると面白いかもしれません。



ということで、『モンスターハンター:ワールド』、10個の豆知識第2弾をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。前回に負けず劣らずのビックリ豆知識が満載だったかと思います。あまりゲーム中で説明してくれない要素があったりもしますが、思いがけない要素を発見できたときは案外嬉しいもの。今回紹介した豆知識がプレイヤーの皆様の役に立つことを祈っております。余談ですが、筆者が好きなのは楔虫。連続して使えたりするので、スタイリッシュな移動が楽しめますよ!
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 22 件

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top