『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

『MOTHER2』は1994年のゲームですが、今になって遊んでも驚きがあります。今回は、そんな本作においてインパクトがありすぎる敵キャラクターを10体選んでご紹介します。

ニュース 最新ニュース
『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選
  • 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選
  • 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選
  • 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選
  • 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選
  • 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選
  • 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選
  • 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選
  • 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

『MOTHER2 ギーグの逆襲』はあらゆる部分がふつうのRPGとは違うため、敵キャラクターもとてもユニーク。最初に出会う敵は「恩知らずな犬」や「まきへび」ですし、ギーグの影響で街の人も襲い掛かってきます。

今回はそんな『MOTHER2』においてインパクトがありすぎる敵キャラクターを10体選んでご紹介します。本作は1994年のゲームですが、今になって見てもかなりスゴい連中が揃っていますよ。

■関連記事

◆最初に立ちはだかる恐ろしい存在「スターマンのむすこ」



スターマンのむすこは、『MOTHER2』で一番最初に出会うボス的な存在です。世界を救う使命に巻き込まれたネスは突如現れた刺客に立ち向かわねばならず、いきなり度胸を試されます。もっとも、この段階では強いブンブーンがいるのでなんとかなりますが。

しかし、もしネスを最初に襲ったのが息子ではなく、スターマン・センゾやDXスターマンだったとしたら……。おそらくネスはスターストームで消し炭にされていたことでしょうから、まだまだ未熟な息子が来てくれて助かったと言えるのかもしれません。

◆信仰は人を変えてしまう「らんぼうなしんじゃ」



『MOTHER2』では人間が敵として登場することもあります。基本的にはギーグの影響によっておかしくなってしまったそうですが、その中でも恐ろしいのがハッピーハッピー教の信者。乱暴でネスを見たらすぐ襲いかかってきます。

信仰の自由は誰にでもある権利ですが、それにしても他人に暴力をふるう宗教となると恐ろしいですね。もちろんこれはマニマニの悪魔の影響で、つまりギーグが仕組んだ攻撃のひとつ。人類同士で戦わせようとするとは卑怯にもほどがあります。

次のページ:ロボなのに意外な攻撃を仕掛けてくるヤツら
《すしし》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. Epic Games、続いてGoogleへも訴訟提起―手数料巡る『フォートナイト』ストア削除問題

    Epic Games、続いてGoogleへも訴訟提起―手数料巡る『フォートナイト』ストア削除問題

  2. Epic Games、Appleに対し訴訟を提起―課金法巡る『フォートナイト』App Store削除受け「反競争的な拘束と独占的慣行を使用している」

    Epic Games、Appleに対し訴訟を提起―課金法巡る『フォートナイト』App Store削除受け「反競争的な拘束と独占的慣行を使用している」

  3. 新作ストラテジー『A Total War Saga: TROY』無料配布開始1時間で100万DL達成―Mac版も配信予定

    新作ストラテジー『A Total War Saga: TROY』無料配布開始1時間で100万DL達成―Mac版も配信予定

  4. シリーズ最新作『A Total War Saga: TROY』Epic Gamesストアにて24時間限定無料配布スタート

  5. Epic Gamesストアにて3人Co-opアクションRPG『Remnant: From the Ashes』と横スクスノボアクション2本パック『The Alto Collection』期間限定無料配信開始

  6. オーストラリア舞台のオープンワールドレース『Forza Horizon 3』DL販売が9月27日終了へ―本編が1,033円となる最終セール実施中

  7. スローライフ街破壊ゲーム『ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator』大型アップデート「未来編」発表

  8. Epic GamesのCEOが「Steamが利益配分を88%に引き上げるならば、すぐにも独占はやめる」とツイート

  9. 『Metro』シリーズにマルチプレイ導入の可能性……Embracer Groupが4A Gamesを買収、スタジオ代表コメントで予告

  10. トランプ大統領、テンセントら中国IT企業と取引禁止の大統領令―関連米ゲーム企業には直接影響なし

アクセスランキングをもっと見る

page top