噂:『バトルフィールド V』課金要素は「装飾品のみ」、ルートボックスは見送りの可能性 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂:『バトルフィールド V』課金要素は「装飾品のみ」、ルートボックスは見送りの可能性

先日その存在が噂として立ち上がったシリーズ最新作『Battlefield V(バトルフィールド V)』ですが、今作の少額課金要素が装飾アイテムのみになるとの情報が海外メディアより報じられています。

ニュース
噂:『バトルフィールド V』課金要素は「装飾品のみ」、ルートボックスは見送りの可能性
  • 噂:『バトルフィールド V』課金要素は「装飾品のみ」、ルートボックスは見送りの可能性
先日その存在が噂として立ち上がったシリーズ最新作Battlefield V(バトルフィールド V)』ですが、今作の少額課金要素が装飾アイテムのみになるとの情報が海外メディアより報じられています。

Kotakuに2名の「DICEに近しい人物」が語ったところによると、『BF V』の課金システムは『STAR WARS バトルフロント II』の形式と大きく変わるとのこと。少額課金で得られるアイテムがゲームの勝敗につながる「ペイトゥーウィン(Pay to Win)」要素は盛り込まれず、「装飾アイテム」に注力される可能性があると伝えられています。なお、この情報を語ったうちの1人は「まだ未確定な事項について結論を出している」と述べながら、最終決定と言える段階にないことを示しています。

また、2017年末から大きな話題となった「ルートボックス」の導入についても、「ランダマイズされたルートボックスの導入は完全に避けられるかもしれない」とのコメントが見られています。正式発表が待たれる『バトルフィールド』シリーズの次回作は、6月9日から米国で開催される「EA PLAY 2018」で初披露される見込み。第二次世界大戦が舞台となると噂される今作は、リワードにまつわるシステム面においても、大きな注目を集めることになりそうです。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

    拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

  2. 『SEKIRO』GOTY獲得にフロム・ソフトウェアからコメントが到着!「ここまで育ててくださったユーザーの皆さんのおかげです」【TGA2019】

    『SEKIRO』GOTY獲得にフロム・ソフトウェアからコメントが到着!「ここまで育ててくださったユーザーの皆さんのおかげです」【TGA2019】

  3. 船上サイコホラー『Layers of Fear 2-恐怖のクルーズ』Steam版が日本語に対応!

    船上サイコホラー『Layers of Fear 2-恐怖のクルーズ』Steam版が日本語に対応!

  4. GOTYは『SEKIRO』が獲得!「The Game Awards 2019」各部門受賞作品リスト【TGA2019】

  5. 『Mortal Kombat 11』DLCキャラ「ジョーカー」紹介トレイラー!【TGA2019】

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 美麗ハクスラアクション『Blasphemous』がニンテンドースイッチで12月19日にリリース―PC版の日本語対応も

  8. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  9. 『The Forest』開発元新作『Sons of The Forest』発表!トレイラー映像も【TGA2019】

  10. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

アクセスランキングをもっと見る

page top