『CS:GO』のチーターをディープラーニングで駆逐する「VACnet」が紹介ー海外報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CS:GO』のチーターをディープラーニングで駆逐する「VACnet」が紹介ー海外報道

Valveの人気FPS『Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)』。同作のチーター対策の詳細について、海外メディアから興味深い報道が行われています。

ニュース ゲーム業界
『CS:GO』のチーターをディープラーニングで駆逐する「VACnet」が紹介ー海外報道
  • 『CS:GO』のチーターをディープラーニングで駆逐する「VACnet」が紹介ー海外報道
Valveの人気FPS『Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)』。同作のチーター対策の詳細について、海外メディアから興味深い報道が行われています。

海外メディアのPC Gamerによると、今回の情報はValveのプログラマーであるJohn McDonald氏がGDC 2018で講演したものであるとのこと。同氏はこの講演でチーターBANにディープラーニングを利用する「VACnet」を紹介したとされています。

同氏によると、「VACnet」は『CS:GO』に使用されているアンチチートプログラムの一部であり、プレイヤーの射撃の角度や武器の種類、距離、結果(命中、ミス、ヘッドショット)などの情報から「Atom」と呼ばれるデータを作成。これを140個集めることで、一定の特徴を学習しエイムアシストなどのチートを検出する仕組みであるとのこと。ただし、BANに関しては「VACnet」ではなく「Overwatch」という人間のチェックを挟んだチート判断プログラムで行われており、「Overwatch」における報告ルートの1つとして「VACnet」が用いられることが明らかにされています。

プレイヤーによるチーターの報告で実際にBANされるのは15~30%であるものの、VACnetによる報告では80~95%にも上るという、その高い信ぴょう性も発表されました。

なお、チートの解析には1試合につきCPU1個あたり約4分かかり、『CS:GO』では1日でおよそ60万試合が行われているため、全ての処理を行うには計算上240万分かかるとのこと。Valveではこの解析を1日で行うために、必要となるCPU1,700個の2倍となる3,400個のCPUを今後の発展を見越して購入。54個のCPUコアと128GBのRAMを搭載したブレードサーバーを64機導入していることが公開されました。

また、2017年12月初旬には、「VACnet」を利用した「Overwatch」のチーター判別率がそうでないものを上回ったと報告されています。同氏は「VACnet」を他のSteamタイトルにも応用したいという意思を示しているということです。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. Steamで成功を収めた新作ゲームの数が過去数年で継続的に増加していることが明らかに

    Steamで成功を収めた新作ゲームの数が過去数年で継続的に増加していることが明らかに

  2. 『オーバーウォッチ』公認生放送の最中に不適切チャットを残したプロリーグ選手に1000ドルの罰金

    『オーバーウォッチ』公認生放送の最中に不適切チャットを残したプロリーグ選手に1000ドルの罰金

  3. ユニティ・ジャパンのロゴが“距離を取った”!? 「ソーシャル・ディスタンシング」を広く呼びかけ

    ユニティ・ジャパンのロゴが“距離を取った”!? 「ソーシャル・ディスタンシング」を広く呼びかけ

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 国内ゲームレーティング機構CEROが5月6日まで休止―政府の新型コロナ緊急事態宣言受け

  6. 更に伸びゆくSteam同時接続……最大2,400万人を突破、メーカーによる無料ゲーム配布も続く【UPDATE】

  7. 「ゲーセンミカド」新型コロナウイルスによる売上減少を受けてクラウドファンディングの近日開始を発表

  8. 『セインツロウ ザ・サード』のPC/PS4/Xbox One向けリマスター版が海外発表!

  9. 外出自粛への支援広がる―Steamで『Headsnatchers』など複数のタイトルが無料配布中

  10. 『DayZ』オリジナル版制作者とスタンドアロン版ディレクターが未発表の大規模サバイバルゲームを制作中

アクセスランキングをもっと見る

page top