『CS:GO』のチーターをディープラーニングで駆逐する「VACnet」が紹介ー海外報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CS:GO』のチーターをディープラーニングで駆逐する「VACnet」が紹介ー海外報道

Valveの人気FPS『Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)』。同作のチーター対策の詳細について、海外メディアから興味深い報道が行われています。

ニュース ゲーム業界
『CS:GO』のチーターをディープラーニングで駆逐する「VACnet」が紹介ー海外報道
  • 『CS:GO』のチーターをディープラーニングで駆逐する「VACnet」が紹介ー海外報道
Valveの人気FPS『Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)』。同作のチーター対策の詳細について、海外メディアから興味深い報道が行われています。

海外メディアのPC Gamerによると、今回の情報はValveのプログラマーであるJohn McDonald氏がGDC 2018で講演したものであるとのこと。同氏はこの講演でチーターBANにディープラーニングを利用する「VACnet」を紹介したとされています。

同氏によると、「VACnet」は『CS:GO』に使用されているアンチチートプログラムの一部であり、プレイヤーの射撃の角度や武器の種類、距離、結果(命中、ミス、ヘッドショット)などの情報から「Atom」と呼ばれるデータを作成。これを140個集めることで、一定の特徴を学習しエイムアシストなどのチートを検出する仕組みであるとのこと。ただし、BANに関しては「VACnet」ではなく「Overwatch」という人間のチェックを挟んだチート判断プログラムで行われており、「Overwatch」における報告ルートの1つとして「VACnet」が用いられることが明らかにされています。

プレイヤーによるチーターの報告で実際にBANされるのは15~30%であるものの、VACnetによる報告では80~95%にも上るという、その高い信ぴょう性も発表されました。

なお、チートの解析には1試合につきCPU1個あたり約4分かかり、『CS:GO』では1日でおよそ60万試合が行われているため、全ての処理を行うには計算上240万分かかるとのこと。Valveではこの解析を1日で行うために、必要となるCPU1,700個の2倍となる3,400個のCPUを今後の発展を見越して購入。54個のCPUコアと128GBのRAMを搭載したブレードサーバーを64機導入していることが公開されました。

また、2017年12月初旬には、「VACnet」を利用した「Overwatch」のチーター判別率がそうでないものを上回ったと報告されています。同氏は「VACnet」を他のSteamタイトルにも応用したいという意思を示しているということです。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

    『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  2. 『FFXIV』「漆黒のヴィランズ」ジョブ

    『FFXIV』「漆黒のヴィランズ」ジョブ"踊り子"、プレイヤー種族"ロスガル"など新要素が続々―新レイドも

  3. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  4. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  5. 『ファイプロ ワールド』SUDA51手がけるDLCシナリオの配信が決定!あの衝撃が再び…?

  6. 高評価吸血鬼RPG新作『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』発表!日本語にも対応予定

  7. 『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

  8. 新作Co-opシューター『Generation Zero』ゲリラ戦術を駆使するゲームプレイ映像

  9. 『FFXIV』新拡張「漆黒のヴィランズ」7月2日発売決定!新ジョブ「ガンブレイカー」やヴィエラ族、ダンジョンなどが追加

  10. PS4『サムライスピリッツ』発売時期が2019年初夏に決定!戦闘メインの最新トレイラーも

アクセスランキングをもっと見る

1
page top