『オーバーウォッチ』でバトルロイヤルの実現は“難しい”?ディレクターが海外インタビューで語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『オーバーウォッチ』でバトルロイヤルの実現は“難しい”?ディレクターが海外インタビューで語る

Blizzard Entertainmentのチーム制対戦FPSオーバーウォッチ』。同作に、『PUBG』や『フォートナイト』のようなバトルロイヤルモードを追加してほしいという要望に対し、同作ディレクターJeff Kaplan氏が答えています。

家庭用ゲーム PS4
『オーバーウォッチ』でバトルロイヤルの実現は“難しい”?ディレクターが海外インタビューで語る
  • 『オーバーウォッチ』でバトルロイヤルの実現は“難しい”?ディレクターが海外インタビューで語る
Blizzard Entertainmentのチーム制対戦FPS『オーバーウォッチ』。同作に、『PUBG』や『フォートナイト』のようなバトルロイヤルモードを追加してほしいという要望に対し、同作ディレクターJeff Kaplan氏が答えています。

海外メディアKotakuのインタビューでKaplan氏は、同作に寄せられるバトルロイヤルモードの追加要望について、前向きな姿勢を見せる内容をコメント。しかしながら、Kaplan氏を含むチームで検討した結果、同モードの導入へは幾つかの大きな障害があると語りました。

その障害の1つは、『オーバーウォッチ』がヒーローキャラを扱うシューターである事に対し、バトルロイヤルジャンルは索敵やアイテムルート、全員の平等さなどが主体であるということ。『オーバーウォッチ』では1vs1で異なるヒーローが互角になるバランスを想定していないとしました。

また、Kaplan氏は、『オーバーウォッチ』のマップサイズが非常に小さいことを指摘。主な交戦距離が15mから40m前後の同作に対し、バトルロイヤルジャンルのタイトルでは非常に長い交戦距離が魅力となっているとし、「『オーバーウォッチ』のバトルロイヤルを開始することは、新作の領域に入ってしまう」としました。

『フォートナイト』が短期間でバトルロイヤルモードの実装を果たし、人気タイトルへと躍り出たことから、一部のユーザーから同様の展開をも期待されてしまう『オーバーウォッチ』ですが、中々その実現は難しいもののようです。

なお、同様のヒーローベースのシューターとしては、Hi-Rez Studiosの『Paladins』が、バトルロイヤルジャンルのスピンオフの制作を発表しています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  2. PS4/PS4 Proが1万円もお得に! 期間・数量限定の特別セールが公式サイトで12月19日開催

    PS4/PS4 Proが1万円もお得に! 期間・数量限定の特別セールが公式サイトで12月19日開催

  3. MS次世代機「Xbox Series X」はもちろん横置きも可能―Phil Spencer氏が語る

    MS次世代機「Xbox Series X」はもちろん横置きも可能―Phil Spencer氏が語る

  4. スマホ版『テラリア』アップデートVer.1.3配信開始!追加要素を紹介する「スイッチ版アナウンストレイラー」も公開

  5. 『レッド・ デッド・リデンプション2』PS4版にフォトモード追加アップデート―『レッド・デッド・オンライン』では密造酒製造者が配信

  6. 『DEATH STRANDING』最新アップデート配信! 邪魔な車両の廃棄や文字サイズの設定追加など

  7. 対戦格闘ゲーム『Mortal Kombat 11』がPS4/Xbox One間でのクロスプレイに対応

  8. PS4版『マインクラフト』クロスプレイに対応する大型アップデート配信開始!追加パック4種がセットの『Starter Collection』も発売決定

  9. 処理能力はXbox One Xの4倍! MS次世代機「Xbox Series X」追加情報公開

  10. 【吉田輝和の絵日記】魔法サバイバル『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』建築にテイムにクラフトに大忙しライフ!

アクセスランキングをもっと見る

page top