『オーバーウォッチ』でバトルロイヤルの実現は“難しい”?ディレクターが海外インタビューで語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『オーバーウォッチ』でバトルロイヤルの実現は“難しい”?ディレクターが海外インタビューで語る

Blizzard Entertainmentのチーム制対戦FPSオーバーウォッチ』。同作に、『PUBG』や『フォートナイト』のようなバトルロイヤルモードを追加してほしいという要望に対し、同作ディレクターJeff Kaplan氏が答えています。

家庭用ゲーム PS4
『オーバーウォッチ』でバトルロイヤルの実現は“難しい”?ディレクターが海外インタビューで語る
  • 『オーバーウォッチ』でバトルロイヤルの実現は“難しい”?ディレクターが海外インタビューで語る
Blizzard Entertainmentのチーム制対戦FPS『オーバーウォッチ』。同作に、『PUBG』や『フォートナイト』のようなバトルロイヤルモードを追加してほしいという要望に対し、同作ディレクターJeff Kaplan氏が答えています。

海外メディアKotakuのインタビューでKaplan氏は、同作に寄せられるバトルロイヤルモードの追加要望について、前向きな姿勢を見せる内容をコメント。しかしながら、Kaplan氏を含むチームで検討した結果、同モードの導入へは幾つかの大きな障害があると語りました。

その障害の1つは、『オーバーウォッチ』がヒーローキャラを扱うシューターである事に対し、バトルロイヤルジャンルは索敵やアイテムルート、全員の平等さなどが主体であるということ。『オーバーウォッチ』では1vs1で異なるヒーローが互角になるバランスを想定していないとしました。

また、Kaplan氏は、『オーバーウォッチ』のマップサイズが非常に小さいことを指摘。主な交戦距離が15mから40m前後の同作に対し、バトルロイヤルジャンルのタイトルでは非常に長い交戦距離が魅力となっているとし、「『オーバーウォッチ』のバトルロイヤルを開始することは、新作の領域に入ってしまう」としました。

『フォートナイト』が短期間でバトルロイヤルモードの実装を果たし、人気タイトルへと躍り出たことから、一部のユーザーから同様の展開をも期待されてしまう『オーバーウォッチ』ですが、中々その実現は難しいもののようです。

なお、同様のヒーローベースのシューターとしては、Hi-Rez Studiosの『Paladins』が、バトルロイヤルジャンルのスピンオフの制作を発表しています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. バルセロナ産パズルアクション『Etherborn』配信日発表!この世界と全く異なる重力に適応せよ

    バルセロナ産パズルアクション『Etherborn』配信日発表!この世界と全く異なる重力に適応せよ

  2. 『サイバーパンク2077』メディア向けのデモプレイ内容を紹介―ムキムキマッチョがすごく速い【E3 2019】

    『サイバーパンク2077』メディア向けのデモプレイ内容を紹介―ムキムキマッチョがすごく速い【E3 2019】

  3. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』E3を終えた北瀬P、改めて1作目が“ミッドガル脱出まで”と明言

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』E3を終えた北瀬P、改めて1作目が“ミッドガル脱出まで”と明言

  4. リマスター版『FINAL FANTASY VIII』音楽はオリジナル版音源を使用―開発協力のDotemu明かす

  5. 間もなく再DL不可となる『マインクラフト: ストーリーモード』MSストアで1作99.99ドルに値上げ―理由は「ストアの仕組み」

  6. 『Bloodstained: Ritual of the Night』PS4/スイッチ国内パッケージ版の発売が決定

  7. 『Bloodstained: Ritual of the Night』国内での発売に関する追加情報が公開

  8. 新DLCも登場した『ボーダーランズ2』で使用できるSHiFTコードの一覧を海外メディアが掲載

  9. スイッチ版『The Elder Scrolls: Blades』16分ゲームプレイ映像ーダンジョン・戦闘・探索!

  10. 【UPDATE】『サイバーパンク 2077』国内向けPS4パッケージ版の製品情報が発表、予約受け付けもまもなく

アクセスランキングをもっと見る

page top