『オーバーウォッチ』でバトルロイヤルの実現は“難しい”?ディレクターが海外インタビューで語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『オーバーウォッチ』でバトルロイヤルの実現は“難しい”?ディレクターが海外インタビューで語る

Blizzard Entertainmentのチーム制対戦FPSオーバーウォッチ』。同作に、『PUBG』や『フォートナイト』のようなバトルロイヤルモードを追加してほしいという要望に対し、同作ディレクターJeff Kaplan氏が答えています。

家庭用ゲーム PS4
『オーバーウォッチ』でバトルロイヤルの実現は“難しい”?ディレクターが海外インタビューで語る
  • 『オーバーウォッチ』でバトルロイヤルの実現は“難しい”?ディレクターが海外インタビューで語る
Blizzard Entertainmentのチーム制対戦FPS『オーバーウォッチ』。同作に、『PUBG』や『フォートナイト』のようなバトルロイヤルモードを追加してほしいという要望に対し、同作ディレクターJeff Kaplan氏が答えています。

海外メディアKotakuのインタビューでKaplan氏は、同作に寄せられるバトルロイヤルモードの追加要望について、前向きな姿勢を見せる内容をコメント。しかしながら、Kaplan氏を含むチームで検討した結果、同モードの導入へは幾つかの大きな障害があると語りました。

その障害の1つは、『オーバーウォッチ』がヒーローキャラを扱うシューターである事に対し、バトルロイヤルジャンルは索敵やアイテムルート、全員の平等さなどが主体であるということ。『オーバーウォッチ』では1vs1で異なるヒーローが互角になるバランスを想定していないとしました。

また、Kaplan氏は、『オーバーウォッチ』のマップサイズが非常に小さいことを指摘。主な交戦距離が15mから40m前後の同作に対し、バトルロイヤルジャンルのタイトルでは非常に長い交戦距離が魅力となっているとし、「『オーバーウォッチ』のバトルロイヤルを開始することは、新作の領域に入ってしまう」としました。

『フォートナイト』が短期間でバトルロイヤルモードの実装を果たし、人気タイトルへと躍り出たことから、一部のユーザーから同様の展開をも期待されてしまう『オーバーウォッチ』ですが、中々その実現は難しいもののようです。

なお、同様のヒーローベースのシューターとしては、Hi-Rez Studiosの『Paladins』が、バトルロイヤルジャンルのスピンオフの制作を発表しています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Fallout 76』2019年のロードマップが発表、春から秋にわたって3つの大規模アップデートを予定

    『Fallout 76』2019年のロードマップが発表、春から秋にわたって3つの大規模アップデートを予定

  2. アクションRPG『Eternity: The Last Unicorn』3月5日より海外で発売!エルフとして平和の奪還を目指す

    アクションRPG『Eternity: The Last Unicorn』3月5日より海外で発売!エルフとして平和の奪還を目指す

  3. 賛歌が鳴り響く『Anthem』が発売開始ージャベリンに乗り込み仲間と戦え

    賛歌が鳴り響く『Anthem』が発売開始ージャベリンに乗り込み仲間と戦え

  4. ロックマンが波動拳?『ストリートファイターV』新コスチュームにリュウの「ロックマン」、さくらの「ロール」など

  5. 『フォートナイト』S7フレンドリーマッチに岡崎体育さんと三代目JSBのELLYさんが参戦!w-inds.橘慶太さんらも出場

  6. 『Fallout 76』プレイ時間900時間以上のコアプレイヤーが突如BAN…原因は「弾薬の集めすぎ」?

  7. 『オーバーウォッチ』に新ヒーロー告知?謎のティーザーが公開【UPDATE】

  8. 『Anthem』初日アップデートのパッチノート公開、ロード時間改善やPC向け操作改良など

  9. 祝・プレイステーション4国内発売5周年!─公式アカウントが感謝のツイート

  10. 『Anthem』エンドゲームに到達したユーザーが既に存在―効率を求めた先は「フリープレイ」?

アクセスランキングをもっと見る

page top