PS4向け新作『スパイダーマン』にマイクロトランザクションは「絶対ない」―30fps固定の動作についても言及 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS4向け新作『スパイダーマン』にマイクロトランザクションは「絶対ない」―30fps固定の動作についても言及

Insomniac GamesのPS4向け新作アメコミアクションゲーム『Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)』。同作の課金要素やゲームシステムに関して海外メディアから報道が行われています。

家庭用ゲーム PS4
PS4向け新作『スパイダーマン』にマイクロトランザクションは「絶対ない」―30fps固定の動作についても言及
  • PS4向け新作『スパイダーマン』にマイクロトランザクションは「絶対ない」―30fps固定の動作についても言及
  • PS4向け新作『スパイダーマン』にマイクロトランザクションは「絶対ない」―30fps固定の動作についても言及
Insomniac GamesのPS4向け新作アメコミアクションゲーム『Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)』。同作の課金要素やゲームシステムに関して海外メディアから報道が行われています。

Game Informerが公開しているインタビュー映像によると、同作のクリエイティブディレクターであるBryan Intihar氏は『Marvel's Spider-Man』のマイクロトランザクション(少額課金)実装を強く否定。また、同作はPS4/PS4 Proのどちらにおいても30fpsで動作することを明らかにしました。ただし、PS4 Proではより良い画質でのプレイが可能であるとのこと。

加えて、同氏は同作のディテールに関する質問にも回答しており、クラフトシステムが存在すること、プレイヤーがピーター・パーカーの伯父である「ベンおじさん」の死を目の当たりにすることはないこと、ヒロインのメリー・ジェーン(MJ)はプレイアブルキャラクターであることを明らかにしました。

また、同氏はオープンワールドの規模が同社の『Sunset Overdrive』より大きなものになり、既にローンチ後のDLC販売を計画していることや、スパイダーマンは民間人と一緒に「自撮り」ができることも報告しています。

様々な情報が明らかになり期待の高まる同作ですが、海外では2018年9月7日より発売予定。国内向けに関する詳細は明らかになっておらず、今後の続報が待たれます。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4/PS Vita『とある魔術の電脳戦機』の販売が一時休止に─プレイ環境や販売再開の見込みなど、セガゲームスが回答

    PS4/PS Vita『とある魔術の電脳戦機』の販売が一時休止に─プレイ環境や販売再開の見込みなど、セガゲームスが回答

  2. 沈黙続くPS4新作オープンワールド『WiLD』に新たな動き?SIEが米国で商標登録

    沈黙続くPS4新作オープンワールド『WiLD』に新たな動き?SIEが米国で商標登録

  3. 『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン

    『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン

  4. 『ドラゴンボール ゼノバース 2』無料で楽しめるLite版がPS4向けに登場!―製品版とのマッチングやデータ引継ぎも可能

  5. 『Anthem』今後の展開が予告―"天変地異"に向けワールドイベント、ストーリーなどを開発中

  6. 『Apex Legends』シーズン1&オクタン実装の新アプデパッチノート!チートBAN数は約50万アカウントに

  7. 『Gears of War 4』年内発売予定の新作『5』で使用可能なスキンとキャラが報酬のイベントを開催!

  8. PS4版『龍が如く5 夢、叶えし者』6月20日発売決定! 五大都市を舞台にした“壮大な物語”再び

  9. 『ぷよぷよeスポーツ』無料アップデートで新モード「チャレンジ」を追加!「いきいき茨城ゆめ国体」の競技タイトルを体験しよう

  10. コナミ50周年記念『アニバーサリーコレクション』シリーズPS4/XB1/スイッチ/Steam向け発表―あの名作が現代ハードに

アクセスランキングをもっと見る

1
page top