HyperX、Cherry MX青軸を採用したテンキーレス英語キーボードを発売 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

HyperX、Cherry MX青軸を採用したテンキーレス英語キーボードを発売

PC Windows

HyperX、Cherry MX青軸を採用したテンキーレス英語キーボードを発売
  • HyperX、Cherry MX青軸を採用したテンキーレス英語キーボードを発売
  • HyperX、Cherry MX青軸を採用したテンキーレス英語キーボードを発売

マイルストーンは、KingstonのゲーミングブランドであるHyperXの、Cherry MX青軸を採用したゲーミングキーボード「HyperX Alloy FPS Pro English」を4月16日に発売すると発表しました。

本製品は競技仕様を追求したゲーミングキーボードで、テンキーレスにすることでよりマウスパッドの面積を稼げるだけでなく、スチール製のフレームでグラつきを防止。さらに、取り外し可能なUSBケーブルを採用し、トーナメントにも持ち運びやすくなっています。

「HyperX Alloy FPS Pro English」は4月16日より販売が開始されており、店頭予想売価は13,380円(税抜)です。
製品の特徴と詳細は以下の通り。

・FPSプレイヤー向けのテンキーレス仕様
マウスの動きを妨げられたくないFPSプレイヤーのためのテンキーレスデザインです。設置面積が小さく、マウスを動かすためのスペースが最大限確保できます。

・強固なスチール製フレーム
キータッチの際にキーボードがグラつかないよう、天板には剛性のあるスチール製フレームを採用しています。

・Cherry MX メカニカルキースイッチ
Cherry MX メカニカルキースイッチは、正確な接触と比類のない信頼性を提供します。

・持ち運びに適した設計
コンパクトなデザインでかさばらず簡単に持ち運べます。また、取り外し可能なUSBケーブルを採用。携帯の際のケーブル根元の損傷を抑えます。

■HyperX Alloy FPS Pro Englishスペック
製品名:HyperX Alloy FPS Pro English 青軸 ゲーミングキーボード
キースイッチ:Cherry MXメカニカルキースイッチ(青軸)
キー配列:英語104キー配列
Nキーロールオーバー:あり
バックライト:単色、レッド
ポーリングレート:1,000Hz
接続方式:USB 2.0
ケーブル:取り外し可能、布巻き、1.8m
寸法:359(W)x130(D)x34.5(H)mm
重量:900g(ケーブルを含む)
保証期間:2年保証
発売日:2018年4月16日(月)
店頭予想売価:13,380円(税別)
《kuma》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. PCリマスター版『バレットウィッチ』配信開始! 現代に蘇る太もも…ではなくて魔女を見よ

    PCリマスター版『バレットウィッチ』配信開始! 現代に蘇る太もも…ではなくて魔女を見よ

  2. PC自作シム『PC Building Simulator』販売数10万本突破!―最強自作パソコンがデジタルで作り放題

    PC自作シム『PC Building Simulator』販売数10万本突破!―最強自作パソコンがデジタルで作り放題

  3. Steamページに日本語対応表記!『シャイニング・レゾナンス リフレイン』海外版発売日決定

    Steamページに日本語対応表記!『シャイニング・レゾナンス リフレイン』海外版発売日決定

  4. バトロワスポーツゲーム『SOCCER BATTLE ROYALE』無料配信中、ドン勝を目指すカオスな大乱闘サッカー

  5. 硬派巨大ロボSRPG『BATTLETECH』配信開始―借金まみれの傭兵部隊を立て直し、戦乱渦巻く銀河を生き延びろ!

  6. PC向けF2Pロボアクション『Robocraft』ルートボックス要素を完全に撤廃ーRNG/P2W批判受け

  7. Steamにてデンマーク産ゲームのセールが実施! 『HITMAN』や『INSIDE』なども対象

  8. Logicoolからゲーミング向け2製品が発表―新メカニカルキー採用のキーボードと2.1chスピーカー

  9. 高評価RPG『Pillars of Eternity II』DLC詳細が発表!価格やリリース日も明らかに

  10. 『ダークソウル リマスタード』Steam版、旧作購入者向けアップグレード販売が発表!―定価の半額に、旧作販売終了も告知

アクセスランキングをもっと見る

page top