『Doom』の世界でのんびり過ごす『どう森』ライクなMod「Mr. Friendly」新バージョンが配信 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Doom』の世界でのんびり過ごす『どう森』ライクなMod「Mr. Friendly」新バージョンが配信

海外デベロッパーJP LeBreton氏より、PC版『Doom』をなごやかな雰囲気に変貌させてしまう平和なMod「Mr. Friendly」のバージョン54がリリースされました。

ゲーム文化 Mod
『Doom』の世界でのんびり過ごす『どう森』ライクなMod「Mr. Friendly」新バージョンが配信
  • 『Doom』の世界でのんびり過ごす『どう森』ライクなMod「Mr. Friendly」新バージョンが配信
  • 『Doom』の世界でのんびり過ごす『どう森』ライクなMod「Mr. Friendly」新バージョンが配信
  • 『Doom』の世界でのんびり過ごす『どう森』ライクなMod「Mr. Friendly」新バージョンが配信
  • 『Doom』の世界でのんびり過ごす『どう森』ライクなMod「Mr. Friendly」新バージョンが配信

海外デベロッパーJP LeBreton氏より、PC版『Doom』をなごやかな雰囲気に変貌させてしまう平和なMod「Mr. Friendly」のバージョン54がリリースされました。

GZDoom 3.3以降を導入した『Ultimate Doom』『Doom 2』『Final Doom』などで動作するこのModでは、敵キャラクターとお話をしたり、釣りを楽しんだり、おつかいに勤しんだりと奇妙なスローライフを送れます。

映像では「友達が送ってきたポストカードに写ってる場所を探して」「子どもにあげたいから魚を釣ってきて」といったクエストが紹介され、“それぞれのモンスターに名前がついている、『どうぶつの森』風の暴力要素が皆無の交流ゲーム”と説明される今作の雰囲気を掴めます。




新たに配信された「Build 54」ではこれまでのクエスト一覧システムにアップデートを施し、シャッフルされた「ランダムクエスト」を複数のレベルをまたぐ形で挑戦できるようになったとのこと。そのフレンドリーさがかえってアノマリーな『Mr. Friendly』は、itch.ioから無料で利用できます。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 実写映画「モンスターハンター」の新場面写真が公開! 主演ミラ・ジョヴォヴィッチの撮影裏話も

    実写映画「モンスターハンター」の新場面写真が公開! 主演ミラ・ジョヴォヴィッチの撮影裏話も

  2. 実写映画「モンスターハンター」9月4日に日米同時公開! 夕焼けを背に振り返る“世界初解禁”の場面写真も披露

    実写映画「モンスターハンター」9月4日に日米同時公開! 夕焼けを背に振り返る“世界初解禁”の場面写真も披露

  3. 多数のゲームのパッケージ版が明らかにされた「LRG3 2020」発表内容ひとまとめ

    多数のゲームのパッケージ版が明らかにされた「LRG3 2020」発表内容ひとまとめ

  4. 実写映画「モンスターハンター」で主人公が双剣を使うのはミラ・ジョヴォヴィッチが実際にゲームで愛用しているから!

  5. 『CoD:MW』『Warzone』にて告知なしに「OK」ジェスチャーが削除―差別的意味合いとの関連によるものか

  6. ハリウッド実写映画版『モンハン』海外公開日は2020年9月4日に決定

  7. 2019年からMSIのCEOを務めていたCharles Chiang氏が56歳で死去―建物の7階から落下との報道

  8. 映画「レディ・プレイヤー1」続編小説が2020年11月24日登場、海外予約も開始

  9. 年内公開予定のハリウッド実写「モンスターハンター」2枚のポスターを新たに公開!

  10. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

アクセスランキングをもっと見る

page top