Steam公式の利用者統計にて英語利用者が再び首位に―ネットカフェの過剰集計分が修正も、中国語は未だ2位の勢い | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steam公式の利用者統計にて英語利用者が再び首位に―ネットカフェの過剰集計分が修正も、中国語は未だ2位の勢い

Valveは、ゲーム配信プラットフォームSteamにおいて、月に一度実施される公式のハードウェア&ソフトウェア調査の結果集計法の変更をアナウンスしています。

PC Windows
Steam公式の利用者統計にて英語利用者が再び首位に―ネットカフェの過剰集計分が修正も、中国語は未だ2位の勢い
  • Steam公式の利用者統計にて英語利用者が再び首位に―ネットカフェの過剰集計分が修正も、中国語は未だ2位の勢い
  • Steam公式の利用者統計にて英語利用者が再び首位に―ネットカフェの過剰集計分が修正も、中国語は未だ2位の勢い

Valveは、ゲーム配信プラットフォームSteamにおいて、月に一度実施される公式のハードウェア&ソフトウェア調査の結果集計法の変更をアナウンスしています。

このアナウンスでは、2017年8月付近に発生した、大幅な中国語使用者数の躍進や、それに伴うハードウェア構成の統計の変化の原因の一部として、中国ネットカフェからの接続分を過剰に集計してしまったことによるものと発表。修正の導入によって修正を行ったとしました。


この影響で、Steamの利用者の内、最も多い言語環境は英語の34.37%に回帰。簡体中国語は21.89%減となり、一時期の過半数以上という結果は修正されたものの、未だ2位となる30.35%を確保。中国語圏ユーザーの勢い自体は健在であることを見せつけています。

同様に修正の影響が大きかったのは利用OSとなり、“Windows 7 64 bit”が20%以上減。“Windows 10 64 bit”が17.41%増加の53.10%となり、多くのゲーマーが既にWindows 10、64bit環境へと移行している実態を示す形となりました。なお、ハードウェアでは容量1TBバイト以上の環境が16%以上減となりましたが、それでも48.34%を維持しています。

一時期の中国ユーザーの大躍進は“集計ミス”が味方したという結果になったものの、それでもけして無視できぬ存在感を示す中国市場。各ゲームメーカーの言語サポートでも、今後も比較的優先して実装されるケースが多いのかも知れません。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 14 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『DayZ』開発ステータスが更新、ver1.0要素リストや2018年内の正式版リリース目標を新たに

    『DayZ』開発ステータスが更新、ver1.0要素リストや2018年内の正式版リリース目標を新たに

  2. 「ウィッチャー」の世界を舞台にしたカードバトルRPG『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』PC版が発売!―ローンチトレイラーも公開

    「ウィッチャー」の世界を舞台にしたカードバトルRPG『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』PC版が発売!―ローンチトレイラーも公開

  3. 高所を高速で駆け抜けるパルクールアクション『Sky Tracers』トレイラー! Steamページもオープン

    高所を高速で駆け抜けるパルクールアクション『Sky Tracers』トレイラー! Steamページもオープン

  4. ダンスパーティー開催中!ケモ耳ネクロマンサーが活躍する『Skeletal Dance Party』Steamにて配信開始

  5. PC版『モンハン:ワールド』に受付嬢をぽっちゃり化するModが登場ー想像以上に太ましく

  6. ゲームサービス「G123.jp」のキャンペーン発表会を開催─Gボタンを押すと傳谷英里香さんが登場!?

  7. 【吉田輝和の絵日記】バタ臭農場シム『Farm Together』を気軽にプレイ…と思ったら完全中毒になる

  8. 『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』Steam版配信開始!VRイベント対応で日本語も収録

  9. ゲームと映画が融合したホラー『Daemon_9』近日Steam配信! 次の犠牲者になる前に謎を解け

  10. 『S.T.A.L.K.E.R』にインスパイアされた『Fallout 4』Mod「Sakhalin」配信中―ナチス、大日本帝国などが勢力争いする島で…

アクセスランキングをもっと見る

page top