Steam公式の利用者統計にて英語利用者が再び首位に―ネットカフェの過剰集計分が修正も、中国語は未だ2位の勢い | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steam公式の利用者統計にて英語利用者が再び首位に―ネットカフェの過剰集計分が修正も、中国語は未だ2位の勢い

PC Windows

Steam公式の利用者統計にて英語利用者が再び首位に―ネットカフェの過剰集計分が修正も、中国語は未だ2位の勢い
  • Steam公式の利用者統計にて英語利用者が再び首位に―ネットカフェの過剰集計分が修正も、中国語は未だ2位の勢い
  • Steam公式の利用者統計にて英語利用者が再び首位に―ネットカフェの過剰集計分が修正も、中国語は未だ2位の勢い

Valveは、ゲーム配信プラットフォームSteamにおいて、月に一度実施される公式のハードウェア&ソフトウェア調査の結果集計法の変更をアナウンスしています。

このアナウンスでは、2017年8月付近に発生した、大幅な中国語使用者数の躍進や、それに伴うハードウェア構成の統計の変化の原因の一部として、中国ネットカフェからの接続分を過剰に集計してしまったことによるものと発表。修正の導入によって修正を行ったとしました。


この影響で、Steamの利用者の内、最も多い言語環境は英語の34.37%に回帰。簡体中国語は21.89%減となり、一時期の過半数以上という結果は修正されたものの、未だ2位となる30.35%を確保。中国語圏ユーザーの勢い自体は健在であることを見せつけています。

同様に修正の影響が大きかったのは利用OSとなり、“Windows 7 64 bit”が20%以上減。“Windows 10 64 bit”が17.41%増加の53.10%となり、多くのゲーマーが既にWindows 10、64bit環境へと移行している実態を示す形となりました。なお、ハードウェアでは容量1TBバイト以上の環境が16%以上減となりましたが、それでも48.34%を維持しています。

一時期の中国ユーザーの大躍進は“集計ミス”が味方したという結果になったものの、それでもけして無視できぬ存在感を示す中国市場。各ゲームメーカーの言語サポートでも、今後も比較的優先して実装されるケースが多いのかも知れません。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 14 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. PC版『モンハン:ワールド』に早くも有志Modが登場―動作の更なる最適化など

    PC版『モンハン:ワールド』に早くも有志Modが登場―動作の更なる最適化など

  2. ダークファンタジー2Dアクション『Death's Gambit』Steam版が配信開始!

    ダークファンタジー2Dアクション『Death's Gambit』Steam版が配信開始!

  3. 北欧剣戟オープンワールドARPG『Rune』2018年9月のSteam早期アクセス開始を発表―近日クローズベータテスト開始予定

    北欧剣戟オープンワールドARPG『Rune』2018年9月のSteam早期アクセス開始を発表―近日クローズベータテスト開始予定

  4. 『Dead by Daylight』開発元の新作非対称マルチ『Deathgarden』早期アクセス開始!

  5. あの傭兵たちが再び!SRPG『Jagged Alliance: Rage!』発表―シリーズ初の日本語とCo-opにも対応

  6. 今後のベセスダゲームはSteam非対応にはならない?Pete Hines氏が言及

  7. 『ガントレット』風アクション続編『Hammerwatch II』ティーザー画像!過去2タイトルにも大型アップデート

  8. 『PAYDAY 2』新イベント「ICEBREAKER」開幕!日本人Heister「Joy」もPC版に参戦

  9. ハッキングADV『Hacknet』が教育用ライセンスを配信開始、通常価格の半額で配信

  10. 『ソードアート・オンライン Re:-ホロウ・フラグメント-』Steam版が8月21日に配信決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top