任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】

2018年5月12日から13日にかけて京都市勧業館・みやこめっせにて開催された「BitSummit Vol.6」。任天堂ブースでは他の企業ブースとはまた違った趣のタイトルが多く展示されていました。

家庭用ゲーム Nintendo Switch
任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
  • 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】

2018年5月12日から13日にかけて京都市勧業館・みやこめっせにて開催された「BitSummit Vol.6」。任天堂ブースでは他の企業ブースとはまた違った趣のタイトルが多く展示されていました。

同ブースの展示タイトルは、勘違い日本マラソンゲーム『Nippon Marathon』、『バンカズ』精神的後継作『Yooka-Laylee』、ローグライトアクション『Dead Cells』、『ヒューマン フォール フラット』、ハードコアな難易度の2Dプラットフォーマー『Celeste』など、既に海外やSteamでは配信されており、高い評価を誇っているタイトルが中心でした。




同時に、これらのタイトルは、日本ではいわゆる“コア”層を中心に知られている形。BitSummitに先駆けて公開された映像「Indie World」を含め、そういったタイトルを日本のコンシューマーの比較的ライトな層へと広く紹介していこうという任天堂の姿勢が強く現れた形なのではないでしょうか。



もちろん同ブースではそれだけでなく、『PixelJunk Monsters 2』『Travis Strikes Again: No More Heroes』などなど、発売前の新作もあり、今後の展開を期待させるものとなっていました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』今後のアップデート予定を一部公開―開発リソース集中のため将来の『タイタンフォール』作品は実質的な延期

    『Apex Legends』今後のアップデート予定を一部公開―開発リソース集中のため将来の『タイタンフォール』作品は実質的な延期

  2. ロボットACT『HARDCORE MECHA』PS4版がアークシステムワークスから発売決定!夏にPC版と同時発売

    ロボットACT『HARDCORE MECHA』PS4版がアークシステムワークスから発売決定!夏にPC版と同時発売

  3. 『Fallout 76』総重量を増やす新機能「バックパック」の詳細が判明!デザインも多種多様?

    『Fallout 76』総重量を増やす新機能「バックパック」の詳細が判明!デザインも多種多様?

  4. 任天堂、中国におけるニンテンドースイッチ販売について正式発表ーテンセントと共同で

  5. 『ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』公式サイト開設!トレイラー映像も

  6. 『SEKIRO』「火牛」体幹/体力を修正する1.04アップデートは4月26日10時より配信

  7. ニンテンドースイッチ販売台数が3,474万台を突破―ニンテンドウ64を超える

  8. 『Apex Legends』ジブラルタルがアークスターを無効化出来る小技発見?Respawnは調査中

  9. これが『RAGE 2』だ!国内向けオフィシャルトレイラー「What is RAGE 2 ?」公開

  10. Co-opゾンビシューター『WORLD WAR Z』日本語PS4版発売決定!2019年内リリース予定

アクセスランキングをもっと見る

1
page top