海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】

ゲーム文化 イベント

海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】
  • 海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】
  • 海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】
  • 海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】
  • 海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】
  • 海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】
  • 海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】
  • 海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】
  • 海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】

2018年5月12日から13日にかけて京都市勧業館・みやこめっせにて開催された「BitSummit Vol.6」。DANGEN Entertainmentブースでは、海外の注目作や、意外な作品のスイッチ版などが展示されていました。





同ブースで展示されていたのは、完成も迫るアクションRPG『CrossCode』や、4人対戦可能なスポーツテーマの対戦ミニゲーム集『Super Sportmatchen』、ドット絵横シュー『Devil Engine』などバリエーションに富んだタイトルたち。



他にも高難易度FC風アクション『Brave Earth: Prologue』や、GB風格闘ゲーム『Pocket Rumble』といったタイトルが同ブースでは展示されていましたが、特に目を引いたのはニンテンドースイッチ版『Zen Bound 2』。


同作は、2010年に発売されたパズルゲームで、所定の条件を満たしながら物体に紐を巻き付けて行く内容。Steamのゲームタイトル数がまだ非常に少なかった時期で、インディーゲームも今ほどに注目される以前の作品であるため、中々に“懐かしい”と感じるユーザーも少なくないのではないでしょうか。

今回、同作はスイッチ版ということで、ジョイコンを用いた新たな操作性と、そのHD振動による操作感は全く別のゲームを楽しんでいるかのよう。既存のユーザーでも十分に楽しめるようになっていました。


ブースでは、そのユニークかつユーモラスな内容に注目集まる3D格闘ダンジョンRPG『FIGHT KNIGHT』も展示。多くの参加者が足を止めて様々なゲームに触れていました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ロシアW杯決勝戦でも『フォートナイト』エモートパフォーマンスが飛び出す―あのフランス選手が

    ロシアW杯決勝戦でも『フォートナイト』エモートパフォーマンスが飛び出す―あのフランス選手が

  2. ロシアW杯で海外選手が『フォートナイト』のエモートダンスを披露!ゲーマーもニッコリなゴールパフォーマンスに

    ロシアW杯で海外選手が『フォートナイト』のエモートダンスを披露!ゲーマーもニッコリなゴールパフォーマンスに

  3. 『Fallout 4』にDLC規模の新要素を追加するMod「Northern Springs」公開!ー「Far Harbor」よりも大きい

    『Fallout 4』にDLC規模の新要素を追加するMod「Northern Springs」公開!ー「Far Harbor」よりも大きい

  4. 懐かしのARPG『ブレイヴフェンサー 武蔵伝』発売20周年記念アレンジメドレーが公開

  5. 『フォートナイト』Ninjaのチャリティ放送に約1100万円をポンと寄付する匿名視聴者が登場

  6. もしも「マトリックス」が早期アクセスゲームだったら…なファンムービー

  7. リワークされたシンメトラをコミカルに描く『オーバーウォッチ』ファンメイドアニメ!

  8. ファンによるPC向け『P.T.』リメイクが公開停止に―コナミは17歳の開発者にインターンを提供

  9. 映画版『メタルギア』監督がシリーズ31周年を祝ってキャンベルからのメッセージ映像を公開!"31"日間コンセプトアートを公開し続ける企画も

  10. 約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート

アクセスランキングをもっと見る

page top