海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】

2018年5月12日から13日にかけて京都市勧業館・みやこめっせにて開催された「BitSummit Vol.6」。DANGEN Entertainmentブースでは、海外の注目作や、意外な作品のスイッチ版などが展示されていました。

ゲーム文化 イベント
海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】
  • 海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】
  • 海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】
  • 海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】
  • 海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】
  • 海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】
  • 海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】
  • 海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】
  • 海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】

2018年5月12日から13日にかけて京都市勧業館・みやこめっせにて開催された「BitSummit Vol.6」。DANGEN Entertainmentブースでは、海外の注目作や、意外な作品のスイッチ版などが展示されていました。





同ブースで展示されていたのは、完成も迫るアクションRPG『CrossCode』や、4人対戦可能なスポーツテーマの対戦ミニゲーム集『Super Sportmatchen』、ドット絵横シュー『Devil Engine』などバリエーションに富んだタイトルたち。



他にも高難易度FC風アクション『Brave Earth: Prologue』や、GB風格闘ゲーム『Pocket Rumble』といったタイトルが同ブースでは展示されていましたが、特に目を引いたのはニンテンドースイッチ版『Zen Bound 2』。


同作は、2010年に発売されたパズルゲームで、所定の条件を満たしながら物体に紐を巻き付けて行く内容。Steamのゲームタイトル数がまだ非常に少なかった時期で、インディーゲームも今ほどに注目される以前の作品であるため、中々に“懐かしい”と感じるユーザーも少なくないのではないでしょうか。

今回、同作はスイッチ版ということで、ジョイコンを用いた新たな操作性と、そのHD振動による操作感は全く別のゲームを楽しんでいるかのよう。既存のユーザーでも十分に楽しめるようになっていました。


ブースでは、そのユニークかつユーモラスな内容に注目集まる3D格闘ダンジョンRPG『FIGHT KNIGHT』も展示。多くの参加者が足を止めて様々なゲームに触れていました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. スイスでサッカーの試合中に「e-Sports抗議活動」が勃発…ピッチへコントローラーを投げ込むファンも

    スイスでサッカーの試合中に「e-Sports抗議活動」が勃発…ピッチへコントローラーを投げ込むファンも

  2. 『Total War: ROME II』Steamユーザー評価が暴落…過去の対応が突如大きな批判対象に

    『Total War: ROME II』Steamユーザー評価が暴落…過去の対応が突如大きな批判対象に

  3. 5期団所属の編纂者によって紡がれる『モンハン:ワールド』の世界―書籍「新大陸スケッチ紀行」発売開始!

    5期団所属の編纂者によって紡がれる『モンハン:ワールド』の世界―書籍「新大陸スケッチ紀行」発売開始!

  4. ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

  5. 『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

  6. “ドイツパビリオン”でなぜか見かけた日本のゲーム―『婆裟羅 HDコレクション』のコレクタブルパッケージ化が決定【TGS2018】

  7. 『DOOM II』で遊べるバトルロイヤル!?Mod「DooM Royale」開発進行中

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 会場を彩った百花繚乱の美女コスプレイヤー&コンパニオンまとめ前編160枚【TGS2018】

  10. 龍神の剣をくらえ!『オーバーウォッチ』ゲンジが使うカタナのレプリカが海外で予約開始

アクセスランキングをもっと見る

page top