再び死ぬ準備はいいか?『ダークソウル リマスタード』あの強敵が蘇る国内向けローンチ映像 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

再び死ぬ準備はいいか?『ダークソウル リマスタード』あの強敵が蘇る国内向けローンチ映像

フロム・ソフトウェアは、PS4/Xbox One/PC/ニンテンドースイッチ向けタイトル『ダークソウル リマスタード』のローンチトレイラーを公開しました。

家庭用ゲーム PS4
再び死ぬ準備はいいか?『ダークソウル リマスタード』あの強敵が蘇る国内向けローンチ映像
  • 再び死ぬ準備はいいか?『ダークソウル リマスタード』あの強敵が蘇る国内向けローンチ映像
  • 再び死ぬ準備はいいか?『ダークソウル リマスタード』あの強敵が蘇る国内向けローンチ映像
  • 再び死ぬ準備はいいか?『ダークソウル リマスタード』あの強敵が蘇る国内向けローンチ映像

フロム・ソフトウェアは、PS4/Xbox One/PC/ニンテンドースイッチ向けタイトル『ダークソウル リマスタード(DARK SOULS REMASTERED)』のローンチトレイラーを公開しました。

トレイラーでは「不死の使命」などのストーリーに関わるセリフのバックで、リマスターされ、更に美麗になった世界でアクションが展開されていきます。収録されている「ARTORIAS OF THE ABYSS」のビジュアルについても確認できるものとなっている他、城下不死街からアノール・ロンド、魅力的なボスキャラクターたちを一足先に見ることができます。


この他、5月27日まで東京メトロ丸ノ内線 新宿駅構内に壁面広告が登場。更に、5月25日から5月27日まで「上級騎士」の1/1サイズの等身大スタチューと篝火が実物展示されます。ファンなら見逃せない展示です。

以下リリースより
◆東京メトロ丸ノ内線 新宿駅構内メトロプロムナード DARK SOULS REMASTERED 壁面広告 「上級騎士」等身大スタチュー&篝火 実物展示
PS4/Xbox One/Windows版「DARK SOULS REMASTERED」の発売を記念し、5月21日(月)から5月27日(日)までの一週間、「DARK SOULS REMASTERED」の壁面広告が東京メトロ新宿駅構内に登場します。
さらに発売日翌日となる5月25日(金)から5月27日(日)の三日間の期間限定にて、パッケージアートにも起用され、シリーズを象徴する「上級騎士」の1/1サイズの等身大スタチューと篝火を実物展示いたします。お近くにお越しの際は、ぜひこの機会にお立ち寄りください

●壁面広告掲載期間
2018年5月21日(月)~2018年5月27日(日)
※等身大スタチュー&篝火展示期間は、2018年5月25日(金)~5月27日(日)の三日間のみ


●壁面広告掲示場所
東京メトロ丸ノ内線 新宿駅 メトロプロムナード 新宿東口地下A9出口、新宿アルタ地下入口付近

《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 小島秀夫監督最新作『DEATH STRANDING』ファイナル・キービジュアルがお披露目!

    小島秀夫監督最新作『DEATH STRANDING』ファイナル・キービジュアルがお披露目!

  2. 遂に到来した『Apex Legends』シーズン2では何が変わった?注目の新要素をまとめて紹介

    遂に到来した『Apex Legends』シーズン2では何が変わった?注目の新要素をまとめて紹介

  3. 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』ディノバルド亜種が公開!

    『モンスターハンターワールド:アイスボーン』ディノバルド亜種が公開!

  4. プレミア動画視聴で特別アイテムが貰える!『フォートナイト』新機能「YouTubeドロップ」発表

  5. ニンテンドースイッチ、バッテリー持続時間が向上した新モデルが登場─持続時間は4.5~9時間、価格は据え置き

  6. 『十三機兵防衛圏』シミュレーションパートがお披露目!未公開のADVパートを見たゲスト陣の考察が光る【生放送まとめ】

  7. 『オーバーウォッチ』“ロールキュー”が導入に―好きな役割を選んでマッチング、カテゴリ毎2人ずつのチーム構成に

  8. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  9. 『GTAオンライン』娯楽要素満載のダイヤモンドカジノ&リゾートが国内向けにも発表!7月23日より配信開始

  10. 『DEATH STRANDING』三上哲さんの日本語音声収録が完了―黄金仮面の男「ヒッグス」役

アクセスランキングをもっと見る

page top