ESA会長が“ルートボックス”に擁護の姿勢―「規制は業界の自由な革新への挑戦」「賭博ではない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ESA会長が“ルートボックス”に擁護の姿勢―「規制は業界の自由な革新への挑戦」「賭博ではない」

昨今様々な議論が見られるゲーム内の“ルートボックス”システム。同機能について、米国のゲーム業界団体、エンターテインメントソフトウェア協会 (ESA)会長が新たにコメントを行っています。

ニュース ゲーム業界
ESA会長が“ルートボックス”に擁護の姿勢―「規制は業界の自由な革新への挑戦」「賭博ではない」
  • ESA会長が“ルートボックス”に擁護の姿勢―「規制は業界の自由な革新への挑戦」「賭博ではない」
  • ESA会長が“ルートボックス”に擁護の姿勢―「規制は業界の自由な革新への挑戦」「賭博ではない」
昨今様々な議論が見られるゲーム内の“ルートボックス”システムについて、米国のエンターテインメントソフトウェア協会(ESA)会長が新たにコメントを発表しました。

これは、先日スウェーデンにて開催されたNordic Game Conferenceにて、ESA会長Michael Gallagher氏が語ったもの。氏の発言を報じるGamesIndustry.bizなどによれば、氏は各国の政府により行われている“ルートボックス”の規制の動きについて「業界の革新の自由への挑戦であり、創造性とオーディエンスの関わりを促進する、新しいビジネスモデルを継続的にテストする能力を損なう」として批判したということです。

また、同氏は“ルートボックス”について、同様の仕組みは問題になる以前より長期間に渡り存在しており、批判者はそれに気付いていないことに言及するとともに、ビデオゲームの“ルートボックス”はプレイヤーに対し何らかの見返りを必ず提供するため、ギャンブルではないとして、“ルートボックス”を擁護する姿勢を見せました。

“ルートボックス”を巡っては先日、ベルギーなど複数の国において賭博と認定されていました。また、エレクトロニック・アーツの新作『バトルフィールドV』においては同様のシステムの実装が行われないなど、AAA級タイトルにおいてもその影響の一端を垣間見ることができます。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

    初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

  2. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  3. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

    海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  4. 『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

  5. 『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

  6. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  7. 『新サクラ大戦』ゲーム情報第1弾―各キャラや主人公・神山誠十郎が乗る「霊子戦闘機・無限」詳細も

  8. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 『ザ・ニンジャウォーリアーズ ワンスアゲイン』7月発売決定!スイッチに加えPS4でも

アクセスランキングをもっと見る

1
page top