ESA会長が“ルートボックス”に擁護の姿勢―「規制は業界の自由な革新への挑戦」「賭博ではない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ESA会長が“ルートボックス”に擁護の姿勢―「規制は業界の自由な革新への挑戦」「賭博ではない」

昨今様々な議論が見られるゲーム内の“ルートボックス”システム。同機能について、米国のゲーム業界団体、エンターテインメントソフトウェア協会 (ESA)会長が新たにコメントを行っています。

ニュース ゲーム業界
ESA会長が“ルートボックス”に擁護の姿勢―「規制は業界の自由な革新への挑戦」「賭博ではない」
  • ESA会長が“ルートボックス”に擁護の姿勢―「規制は業界の自由な革新への挑戦」「賭博ではない」
  • ESA会長が“ルートボックス”に擁護の姿勢―「規制は業界の自由な革新への挑戦」「賭博ではない」
昨今様々な議論が見られるゲーム内の“ルートボックス”システムについて、米国のエンターテインメントソフトウェア協会(ESA)会長が新たにコメントを発表しました。

これは、先日スウェーデンにて開催されたNordic Game Conferenceにて、ESA会長Michael Gallagher氏が語ったもの。氏の発言を報じるGamesIndustry.bizなどによれば、氏は各国の政府により行われている“ルートボックス”の規制の動きについて「業界の革新の自由への挑戦であり、創造性とオーディエンスの関わりを促進する、新しいビジネスモデルを継続的にテストする能力を損なう」として批判したということです。

また、同氏は“ルートボックス”について、同様の仕組みは問題になる以前より長期間に渡り存在しており、批判者はそれに気付いていないことに言及するとともに、ビデオゲームの“ルートボックス”はプレイヤーに対し何らかの見返りを必ず提供するため、ギャンブルではないとして、“ルートボックス”を擁護する姿勢を見せました。

“ルートボックス”を巡っては先日、ベルギーなど複数の国において賭博と認定されていました。また、エレクトロニック・アーツの新作『バトルフィールドV』においては同様のシステムの実装が行われないなど、AAA級タイトルにおいてもその影響の一端を垣間見ることができます。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Satisfactory』開発者の一人がEpic Gamesストア独占の利点について語る―「より良いゲームを作ることに集中できる」

    『Satisfactory』開発者の一人がEpic Gamesストア独占の利点について語る―「より良いゲームを作ることに集中できる」

  2. シリーズ最新作となるアクションADV『Darksiders Genesis』PC版が12月5日にリリースと発表

    シリーズ最新作となるアクションADV『Darksiders Genesis』PC版が12月5日にリリースと発表

  3. 地獄ホラー新作『Succubus』発表!『Agony』に登場した淫魔サキュバスが主人公に

    地獄ホラー新作『Succubus』発表!『Agony』に登場した淫魔サキュバスが主人公に

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 中世ストラテジー最新作『Crusader Kings III』発表! 前作『Crusader Kings II』は無料化

  6. 『メタルマックス』の新世代を告げるティーザー映像を公開─世界はリアルに描かれ、“ポチ”も走る!

  7. THQ Nordicが日本法人THQ Nordic Japan設立―日本市場でのビジネスを本格始動

  8. 終末ダークコメディのリマスター版『60 Seconds! Reatomized』発表! 核シェルター生活再び

  9. 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』が完成報告!開発者からは難易度についての情報も

  10. リングに上がれ!『WWE 2K20』最新トレイラー―白熱の試合やホラーな試合も

アクセスランキングをもっと見る

1
page top