ベルギー賭博委員会、『オーバーウォッチ』ら3作品の“ルートボックス”を違法認定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ベルギー賭博委員会、『オーバーウォッチ』ら3作品の“ルートボックス”を違法認定

ベルギーの賭博委員会は、人気ゲームタイトル『オーバーウォッチ』や『FIFA 18』などに搭載されている“ルートボックス”が、賭博の一種であり、同国の賭博法違反であると発表しています。

ゲーム文化 カルチャー
ベルギー賭博委員会、『オーバーウォッチ』ら3作品の“ルートボックス”を違法認定
  • ベルギー賭博委員会、『オーバーウォッチ』ら3作品の“ルートボックス”を違法認定
  • ベルギー賭博委員会、『オーバーウォッチ』ら3作品の“ルートボックス”を違法認定
ベルギーの賭博委員会は、人気ゲームタイトル『オーバーウォッチ』や『FIFA 18』などに搭載されている“ルートボックス”が、賭博の一種であり、同国の賭博法違反であると発表しています。

海外メディアEurogamerが報じる所によれば、これは『オーバーウォッチ』、『FIFA 18』、『Counter-Strike: Global Offensive』への調査の結果勧告されたもの。賭博委員会は、該当タイトルのメーカーに対し、各タイトルからの“ルートボックス”の削除を求めています。認定の条件としては、ゲームであり、何らかの価値あるアイテムの排出がなされること、結果がランダムであり、プレイヤーの利益または損失に繋がること、等が挙げられています。

もし各メーカーがこの命令に違反した場合は、最高5年の懲役刑と80万ユーロの罰金を科される可能性も。更に未成年者向けの提供が認められた場合は、いずれも倍になる可能性すらあります。なお、調査対象には『STAR WARS: バトルフロント II』も含まれていましたが、調査期間中はルートボックスの削除が行われていたため、結果として今回の調査における違法認定を逃れた形です。

Koen Geens法務大臣は、今回の措置に関連して、“ルートボックス”が若者に与える影響や、その保護に懸念を表明。「度々子供たちがその様なシステムと接触することを認めることはできません」とコメントしました。

先日のオランダ賭博委員会の決定に加え、更に混迷を深める“ルートボックス”を巡る騒動。果たしてどのような決着を見ることになるのでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説BotW』をプレイしたい指が不自由な娘へ…父親が特製コントローラーをプレゼント

    『ゼルダの伝説BotW』をプレイしたい指が不自由な娘へ…父親が特製コントローラーをプレゼント

  2. 「ソニック・ザ・ムービー」日本語吹替版の声優発表!ソニック役は若手俳優の中川大志さんに

    「ソニック・ザ・ムービー」日本語吹替版の声優発表!ソニック役は若手俳優の中川大志さんに

  3. 声優の山路和弘さんと朴璐美さんが結婚!

    声優の山路和弘さんと朴璐美さんが結婚!

  4. Netflix、ドラマ「ウィッチャー」は「最大のシーズン1であった」―7,600万世帯が視聴

  5. 頼れる仲間はネコなのだ『スカイリム』に「アルフィク」NPCMod登場!

  6. 『モンハンワールド:アイスボーン』迫力あるラージャンカットシーンのメイキングが公開!

  7. 『機動戦士ガンダムVS.』シリーズのアーケード最新作始動が発表!

  8. 『スカイリム』で『オブリビオン』をリメイクする「Skyblivion」Modゲームプレイ映像!美しく蘇ったシロディールの大地

  9. 「ローグ・ワン」の原案者ゲイリー・ウィッタ氏が『CONTROL』の映画化を希望、開発元と話し合いへ

  10. 『DARK SOULS REMASTERED』をノーダメージでクリアする猛者現る…クリア時間は3時間26分31秒

アクセスランキングをもっと見る

page top