PayPalが学校銃乱射ゲーム『Active Shooter』販売元の口座を閉鎖、購入機能をロックー海外報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PayPalが学校銃乱射ゲーム『Active Shooter』販売元の口座を閉鎖、購入機能をロックー海外報道

先日、Steamから登録を削除された学校銃乱射ゲーム『Active Shooter』ですが、PayPalがパブリッシャーの口座を閉鎖し、購入をロックしたことが海外メディアより報じられています。

ゲーム文化 カルチャー
PayPalが学校銃乱射ゲーム『Active Shooter』販売元の口座を閉鎖、購入機能をロックー海外報道
  • PayPalが学校銃乱射ゲーム『Active Shooter』販売元の口座を閉鎖、購入機能をロックー海外報道
  • PayPalが学校銃乱射ゲーム『Active Shooter』販売元の口座を閉鎖、購入機能をロックー海外報道

先日、Steamから登録を削除された学校銃乱射ゲーム『Active Shooter』ですが、PayPalがパブリッシャーの口座を閉鎖し、購入をロックしたことが海外メディアより報じられています。

VG247によると、PayPalは『Active Shooter』のパブリッシャーであるAcid(Acid Software)の口座を閉鎖。同社の公式ウェブサイトにて販売されている『Active Shooter』をPayPalのサービス上から購入できないようにしていることを伝えています。

ちなみに、当該のウェブサイトは銃暴力に反対する人々の抗議などにより運営会社から停止措置を受けていたものの、ロシアのバックアップサーバーに切り替えて運営されていたものであったとのこと。

また、PayPalは今回の措置について、海外メディアのAssociated Pressを通して声明を発表しています。それによると、今回の口座閉鎖は個人や組織を問わず、サービスが暴力を支援する支払いに活用されないようにするためのものであったとのこと。

これに対し、Acidの代表であるAta Berdiyev氏は同じくAssociated Pressを通して声明を発表しており、「アメリカの全ての人々が我々を検閲しようとしているようだが、具体的に何が違反しているのか正確に説明していない」と反論。また、海外メディアのCNETを通して、既にゲームを購入したユーザーに払い戻しができなくなったことを報告しています。

これまで、同作を巡ってゲームにおける表現やモラルなどに関する数多くの意見が飛び交ってきましたが、開発元や代表者がどのような行動を起こし、周囲がどのように反応するのか、今後も注目していく必要がありそうです。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. PornHub、『フォートナイト』ダウンタイム中の「ブラックホール」検索数が9,600%増加したことを報告

    PornHub、『フォートナイト』ダウンタイム中の「ブラックホール」検索数が9,600%増加したことを報告

  2. デンマーク献血団体が『Bloodborne』とコラボ!ソフトや限定PS4本体プレゼント

    デンマーク献血団体が『Bloodborne』とコラボ!ソフトや限定PS4本体プレゼント

  3. 派手過ぎないデザインが嬉しい「プレステキャリーケース」が新登場!キャスターホイールにまでPSロゴが印刷された、こだわりの一品

    派手過ぎないデザインが嬉しい「プレステキャリーケース」が新登場!キャスターホイールにまでPSロゴが印刷された、こだわりの一品

  4. Insomniac Gamesのクレイグ・グッドマン氏が逝去―『ラチェット&クランク』、『Marvel's Spider-Man』

  5. 雄大な自然の中でキノコを収穫する『Morels: The Hunt』が配信開始! 動物の写真撮影も可能

  6. 毎年恒例の祭典「PlayStation Awards 2019」12月3日開催!ユーザーズチョイス賞の投票受け付けスタート

  7. ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

  8. 「ウェアハウス川崎」11月17日閉店へ―香港・九龍城砦を再現した有名ゲームセンター

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. Tシャツや弾丸USBがあたる『ゴーストリコン ブレイクポイント』「ゴースト流肝試し」キャンペーンが開催

アクセスランキングをもっと見る

page top