Steam、1週間のゲームリリース本数は平均180本に―公式な市場調査ツール提供も示唆 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steam、1週間のゲームリリース本数は平均180本に―公式な市場調査ツール提供も示唆

Valveは、ロシアのサンクトペテルブルクにて開催されている、ゲーム業界向けカンファレンス“White Nights”にて、Steamについての講演を行いました。

ニュース ゲーム業界
Steam、1週間のゲームリリース本数は平均180本に―公式な市場調査ツール提供も示唆
  • Steam、1週間のゲームリリース本数は平均180本に―公式な市場調査ツール提供も示唆
  • SteamSpy
Valveは、ロシアのサンクトペテルブルクにて開催されている、ゲーム業界向けカンファレンス“White Nights”にて、Steamについての講演を行いました。

登壇したValveの事業開発責任者Jan-Peter Ewert氏によれば、2018年1月1日から2018年4月30日までで1,350万人のユーザーがSteamにて初めてのゲーム購入を行ったとのこと。また、Steamで1週間でリリースされるゲーム本数は、Greenlight実施時代平均70本ほどだったものが、“不確定性がなくなった”とされるSteam Directの開始以来平均180本になったとしています。


また、Steamのユーザー数が着実に増加していることを図示すると共に、発売30日で10万ドル以上の売上を達成したゲームの数も増加しているとしました。


質疑応答においては、先日、Steamのプライバシーポリシーの変更に伴い、大きく機能制限を受けた外部リサーチサービス“SteamSpy”について、Ewert氏は、SteamSpyが正確なものではなかったと指摘。同時に(インディー開発者へより正確な市場データを提供可能な)新たなツールと、Steamからのデータ取得法に取り組んでいるとして、今後SteamSpyに変わる公式サービスの提供がなされることを示唆しました。


これについて、SteamSpy運営のSergey Galyonkin氏は「本当に楽しみにしている」とコメントを行っています。“不確定性がなくなった”とされる一方で、一部のゲームでは審査に不確定かつ大幅な遅延が発生している表現ガイドラインの改善もしばしば議論に上がるSteam。示唆されたというSteamSpy代替サービスがインディー開発者の一助となるかに期待です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. スイッチ版『Cuphead』が発表!日本語対応含む他機種版の無料アップデートも

    スイッチ版『Cuphead』が発表!日本語対応含む他機種版の無料アップデートも

  2. PC版『Detroit: Become Human』も!Epic Gamesストア今後のラインナップが発表

    PC版『Detroit: Become Human』も!Epic Gamesストア今後のラインナップが発表

  3. GOTYは『ゴッド・オブ・ウォー』に! 第19回「GDC Awards」受賞作品リスト

    GOTYは『ゴッド・オブ・ウォー』に! 第19回「GDC Awards」受賞作品リスト

  4. 『カーマゲドン』開発元の新作カーコンバット『ShockRods』発表!

  5. インディーゲームアワード「IGF Awards」第21回受賞作品決定!大賞は『Return of the Obra Dinn』

  6. PS4向け『龍が如く最新作』助演女優オーディション開催!主人公「春日一番」の仲間キャラとして出演

  7. 『The Walking Dead: The Final Season』最終EP「Take Us Back」トレイラー!クレメンタインの旅が完結

  8. “LucasArts”復活?ディズニーが「Lucasfilm Games」の求人を開始

  9. アクロバティックガンACT『My Friend Pedro』スイッチ/PC向けに6月発売―Steamストアページも

  10. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

アクセスランキングをもっと見る

1
page top