Steam、1週間のゲームリリース本数は平均180本に―公式な市場調査ツール提供も示唆 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steam、1週間のゲームリリース本数は平均180本に―公式な市場調査ツール提供も示唆

Valveは、ロシアのサンクトペテルブルクにて開催されている、ゲーム業界向けカンファレンス“White Nights”にて、Steamについての講演を行いました。

ニュース ゲーム業界
Steam、1週間のゲームリリース本数は平均180本に―公式な市場調査ツール提供も示唆
  • Steam、1週間のゲームリリース本数は平均180本に―公式な市場調査ツール提供も示唆
  • SteamSpy
Valveは、ロシアのサンクトペテルブルクにて開催されている、ゲーム業界向けカンファレンス“White Nights”にて、Steamについての講演を行いました。

登壇したValveの事業開発責任者Jan-Peter Ewert氏によれば、2018年1月1日から2018年4月30日までで1,350万人のユーザーがSteamにて初めてのゲーム購入を行ったとのこと。また、Steamで1週間でリリースされるゲーム本数は、Greenlight実施時代平均70本ほどだったものが、“不確定性がなくなった”とされるSteam Directの開始以来平均180本になったとしています。


また、Steamのユーザー数が着実に増加していることを図示すると共に、発売30日で10万ドル以上の売上を達成したゲームの数も増加しているとしました。


質疑応答においては、先日、Steamのプライバシーポリシーの変更に伴い、大きく機能制限を受けた外部リサーチサービス“SteamSpy”について、Ewert氏は、SteamSpyが正確なものではなかったと指摘。同時に(インディー開発者へより正確な市場データを提供可能な)新たなツールと、Steamからのデータ取得法に取り組んでいるとして、今後SteamSpyに変わる公式サービスの提供がなされることを示唆しました。


これについて、SteamSpy運営のSergey Galyonkin氏は「本当に楽しみにしている」とコメントを行っています。“不確定性がなくなった”とされる一方で、一部のゲームでは審査に不確定かつ大幅な遅延が発生している表現ガイドラインの改善もしばしば議論に上がるSteam。示唆されたというSteamSpy代替サービスがインディー開発者の一助となるかに期待です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』が「バットマン」とコラボ!詳細は9月21日公開の動画で

    『フォートナイト』が「バットマン」とコラボ!詳細は9月21日公開の動画で

  2. Netflixオリジナル「ナルコス」原作のターンベースストラテジー『Narcos: Rise of the Cartels』発表!

    Netflixオリジナル「ナルコス」原作のターンベースストラテジー『Narcos: Rise of the Cartels』発表!

  3. 『CODE VEIN』無料体験版アップデート!高難易度&マルチプレイ追加、製品版へのキャラクターメイキング引継ぎも

    『CODE VEIN』無料体験版アップデート!高難易度&マルチプレイ追加、製品版へのキャラクターメイキング引継ぎも

  4. 外骨格アクション『The Surge 2』ローンチトレイラー公開!発売目前のゲームの魅力たっぷり

  5. 「Cosmos」発売にともなって「VIVE」の生産は終了へ…「Pro」と「Pro Eye」は生産継続

  6. Twitchの新サービス「ギフトチェスト」が開始!Twitch Prime特典を他のユーザーにプレゼント

  7. 不気味すぎるサイケデリックパズルADV『Infini』が2020年に登場へ―無限に陥った希望が現実世界に戻る道を探す

  8. 映画「ターミネーター」原作の新作FPS『Terminator: Resistance』発表!「審判の日」の30年後を描く

  9. ナイトメアの予兆?『レッド・デッド・オンライン』で「ゾンビ」の目撃情報が相次ぐ

  10. ポストソビエトなオープンワールドMMORPG『Stalker Online』が今秋Steam配信予定

アクセスランキングをもっと見る

page top