美少女STG『Deep Space Waifu: FLAT JUSTICE』が「貧乳キャラ」やゲーム名に大幅修正、その真相は… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

美少女STG『Deep Space Waifu: FLAT JUSTICE』が「貧乳キャラ」やゲーム名に大幅修正、その真相は…

先日の一斉削除告知より始まり、最終的には新たな表現ガイドラインの告知に至ったSteamの美少女ゲームタイトル。そんな中、ある海外デベロッパーが自身のゲームに施した“ある変更”が海外メディアにて報じられています。

ニュース ゲーム業界
美少女STG『Deep Space Waifu: FLAT JUSTICE』が「貧乳キャラ」やゲーム名に大幅修正、その真相は…
  • 美少女STG『Deep Space Waifu: FLAT JUSTICE』が「貧乳キャラ」やゲーム名に大幅修正、その真相は…
  • 美少女STG『Deep Space Waifu: FLAT JUSTICE』が「貧乳キャラ」やゲーム名に大幅修正、その真相は…
  • 美少女STG『Deep Space Waifu: FLAT JUSTICE』が「貧乳キャラ」やゲーム名に大幅修正、その真相は…
  • 美少女STG『Deep Space Waifu: FLAT JUSTICE』が「貧乳キャラ」やゲーム名に大幅修正、その真相は…
  • 美少女STG『Deep Space Waifu: FLAT JUSTICE』が「貧乳キャラ」やゲーム名に大幅修正、その真相は…
  • 美少女STG『Deep Space Waifu: FLAT JUSTICE』が「貧乳キャラ」やゲーム名に大幅修正、その真相は…
  • 美少女STG『Deep Space Waifu: FLAT JUSTICE』が「貧乳キャラ」やゲーム名に大幅修正、その真相は…

先日の一斉削除告知より始まり、最終的には新たな表現ガイドラインの告知に至ったSteamの美少女ゲームタイトル。そんな中、ある海外デベロッパーが自身のゲームに施した“ある変更”が海外メディアにて報じられています。

該当のタイトルは、敵と戦いながら登場する女の子の服を破壊していく、Neko Climax Studiosが手がけるお色気系シューティングゲーム『DEEP SPACE WAIFU』の続編、『Deep Space Waifu: FLAT JUSTICE』。海外メディアOne Angry Gamerによれば、一時、この“貧乳は正義”と言いたいようなタイトルのゲームから貧乳キャラが削除されたということです。

差し替え前のキャラ

差し替え後

事の起こりは、Steamの新たな表現ガイドラインの告知前。Neko Climax Studiosは突如として『Deep Space Waifu: FLAT JUSTICE』を『Deep Space Waifu: JUSTICE』へと改題、一部キャラクターの差し替えや、差し替えが行われなかったキャラも(多少無理やり気味に)等身の変更などが実施されました。

修正前

修正後

Neko Climax Studiosの説明によれば、この変更は「Valveが新作のビルドレビューを通過させてくれない」ことに起因しているとのこと。不明瞭な理由により新作のリリースがスムーズに行えないため、問題となっている可能性がある過去作の“ロリキャラ”を差し替えることを決定したとしました。その後、多くのユーザーからの意見を受け、同社は変更を一旦差し戻すことを決心、記事執筆時点では以前の状態に戻っていますが、変更後のビルドも“ベータ”タブよりアクセス可能なほか、Valveの指示次第では再度修正を行うとしています。

『Shining Song Starnova』。Patreon支援者にはSteamキーが配布されており、既に完成版相当をSteamでプレイする事が可能

事態の原因となった、Valveの特定属性のタイトルのレビュー速度。これは小さなデベロッパーに限った形ではなく、『ネコぱら』などで知られるパブリッシャーSekai Projectも、新作として予定しているアイドルものビジュアルノベル『Shining Song Starnova』が1ヶ月以上も“ビルドレビュー待ち”の状態になってしまっていると報告

一連の騒動以前にも2018年前後より、美少女系タイトルを中心に1ヶ月以上音信不通のまま、というケースが他デベロッパーなどから報告されており、Valveは通常3~5営業日のみを製品ビルドのレビューに要するとしながらも、一部タイトルでは非常に大きなレビューの遅延が発生している状態です。

この遅延が何を原因として発生しているのかは不明ですが、新たな表現ガイドラインについてもValveは実施予定時期を告知しておらず、製品リリースの遅延が死活問題にもなりかねない中小デベロッパーからは不信感を招きかねない状況に陥ってしまっています。

新たに実装された表示。全てのユーザーには適さない画像が全面ぼかし表示となる。この状態でも、クリックすれば本来の画像を見ることが可能

一方、先日の新「フェイクゲーム」対策に引き続き、Steamのアクティビティにおいて、特定の要素が含まれる画像に対し、モザイク表示を行う機能などが新たに実装。新たな表現ガイドライン下でのストア更新の準備が急ピッチで行われていると見ることもできます。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. PS4向け『龍が如く最新作』助演女優オーディション開催!主人公「春日一番」の仲間キャラとして出演

    PS4向け『龍が如く最新作』助演女優オーディション開催!主人公「春日一番」の仲間キャラとして出演

  2. 戦略SLGシリーズ最新作『タイニーメタル 虚構の帝国』国内スイッチ向けに2019年春発売!

    戦略SLGシリーズ最新作『タイニーメタル 虚構の帝国』国内スイッチ向けに2019年春発売!

  3. リメイク版『System Shock』20分超えのプレアルファ版プレイ映像―仄暗い宇宙ステーションで…

    リメイク版『System Shock』20分超えのプレアルファ版プレイ映像―仄暗い宇宙ステーションで…

  4. Googleが新ゲーミングプラットフォーム「Stadia」を発表!あらゆるデバイスからゲームがプレイ可能

  5. 『Apex Legends』新レジェンド「オクタン」の詳細が判明―義足のアドレナリンジャンキー

  6. NTT東日本がe-Sportsへ参画―ICTソリューション提供やイベント運営受託など展開

  7. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  8. 航海ADV『FAR: Lone Sails』海外PS4/XB1で4月2日発売決定―滅びた文明世界と干上がった砂漠の海を往く

  9. ステルスシューター『Project I.G.I.』新作『I.G.I. - Origins』発表―16年ぶりの復活

  10. 『Anthem』ドロップ率上昇のアップデートを実施―マスターワークとレジェンダリーを入手しやすく調整

アクセスランキングをもっと見る

1
page top