『バトルテック』関連作品の機体デザイン訴訟が和解へ―既存機体デザインは継続使用可能 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『バトルテック』関連作品の機体デザイン訴訟が和解へ―既存機体デザインは継続使用可能

先日お伝えした、巨大ロボットでの戦闘をテーマにしたボードゲーム「バトルテック」並び関連作品の、一部メカデザインに関する訴訟。米Harmony Goldから訴訟を受けていた、『MechWarrior Online』などを手がけるPiranha Gamesは、同訴訟が解決したと公式に発表しています。

ゲーム文化 カルチャー
『バトルテック』関連作品の機体デザイン訴訟が和解へ―既存機体デザインは継続使用可能
  • 『バトルテック』関連作品の機体デザイン訴訟が和解へ―既存機体デザインは継続使用可能
  • 『バトルテック』関連作品の機体デザイン訴訟が和解へ―既存機体デザインは継続使用可能
  • 『バトルテック』関連作品の機体デザイン訴訟が和解へ―既存機体デザインは継続使用可能
  • 『バトルテック』関連作品の機体デザイン訴訟が和解へ―既存機体デザインは継続使用可能
  • 『バトルテック』関連作品の機体デザイン訴訟が和解へ―既存機体デザインは継続使用可能
問題となった機体の内一機

先日お伝えした、巨大ロボットでの戦闘をテーマにしたボードゲーム「バトルテック」並び関連作品の、一部メカデザインに関する訴訟。米Harmony Goldから訴訟を受けていた、『MechWarrior Online』などを手がけるPiranha Gamesは、同訴訟が解決したと公式に発表しています。

公式発表では、訴訟は条件など未公開の和解という形で決着し、今回の訴訟の原因となっていた“Harmony Goldが海外版権を持つ、日本アニメのメカ”をモチーフにした機体の使用は(少なくとも『MechWarrior Online』においては)問題なくそのまま継続されるとのこと。

問題となった機体の内一機

海外掲示板Redditにて掲載された裁判所文書によれば、これはPiranha Gamesだけに限らず、今回提起されたHarmony Goldによる訴訟の残りのケース全てに関連しており、これを持って原作ボードゲーム「バトルテック」を展開するCatalyst Game Labsに対する訴訟も和解となりました。先日発売となったSRPG『BATTLETECH』を手がけたHarebrained Schemesへの訴訟は先んじて棄却という形で決着を見ています。

問題となった機体の内一機

なお、今回の訴訟3件の内、Catalyst Game Labsについては予てより裁判を欠席しており、Harmony Goldは優位に裁判を継続できる状況であったため、和解条件こそ不明ながら、全体的に「バトルテック」側に大幅に有利な形で決着した可能性を推察することができます。

和解条件が不明であるため、この決着が今後の「バトルテック」関連IP作品に与える影響は明らかになっていません。しかしながら、『MechWarrior Online』でのデザイン使用の継続を考えれば、裁判以前に『BATTLETECH』においてアナウンスされていた、“ウォーハンマー”や“ライフルマン”といった、日本のファンにも馴染み深い機体が再登場する可能性も。

問題となった機体の内一機

また、2019年に発売予定のシリーズ最新作『MechWarrior 5: Mercenaries』や今後の「バトルテック」関連作品での同様の機体の登場にも期待できる形。果たして20年近く「バトルテック」において影を落としてきた機体デザインの問題は解決を見たのでしょうか。ファンの注目が集まる所です。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「東京ゲームショウ 2018」ビジネスデイ開幕!出展社数は668の圧倒的過去最大規模【TGS2018】

    「東京ゲームショウ 2018」ビジネスデイ開幕!出展社数は668の圧倒的過去最大規模【TGS2018】

  2. 『PUBG』あのフライパンがグッズに…!?オンラインショップにて公式グッズが販売開始!―TGSの物販でも販売

    『PUBG』あのフライパンがグッズに…!?オンラインショップにて公式グッズが販売開始!―TGSの物販でも販売

  3. ゲームのやりすぎは子供の学力に「少しだけ」影響する―海外研究結果

    ゲームのやりすぎは子供の学力に「少しだけ」影響する―海外研究結果

  4. コナミ「TGS 2018」出展タイトルを発表─『パワプロ』『ウイイレ』の大会や『ラブプラス』『ダンキラ!!!』に注目

  5. YouTube、ゲーミング機能「YouTube Gaming」を本体に統合…専用アプリは2019年3月終了へ

  6. 『Fallout 4』内で『New Vegas』を再現する大型Modはボイスを独自収録―海外報道

  7. 参加型e-Sportsイベント「TGSでFORTNITE、PS4で遊ばナイト」開催決定!―有名プレイヤーと組んで一位を目指せ

  8. Ninjaが海外大手スポーツ誌「ESPN The Magazine」表紙を飾る!プロゲーマー初の快挙

  9. 『Dead by Daylight』TGS 2018で特別グッズ配布が決定ー試遊でバッジやトートバッグ貰える!

  10. 例の鍛冶屋が『スカイリム』の「ドーンブレイカー」を制作!試し切り風景にニヤリ…

アクセスランキングをもっと見る

page top