『PUBG』公式ゲームアイテムにもなった人気ストリーマーShroudが1ヶ月のBANへ―原因は野良ユーザーの“チート”【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『PUBG』公式ゲームアイテムにもなった人気ストリーマーShroudが1ヶ月のBANへ―原因は野良ユーザーの“チート”【UPDATE】

人気バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』。同作にて自身の名称を冠したゲーム内アイテムもリリースされた、人気ストリーマー“Shroud”ことMichael Grzesiek氏が同作からBAN処分を受けたことが明らかになっています。

PC Windows
『PUBG』公式ゲームアイテムにもなった人気ストリーマーShroudが1ヶ月のBANへ―原因は野良ユーザーの“チート”【UPDATE】
  • 『PUBG』公式ゲームアイテムにもなった人気ストリーマーShroudが1ヶ月のBANへ―原因は野良ユーザーの“チート”【UPDATE】
  • 『PUBG』公式ゲームアイテムにもなった人気ストリーマーShroudが1ヶ月のBANへ―原因は野良ユーザーの“チート”【UPDATE】

人気バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』。同作にて自身の名称を冠したゲーム内アイテムもリリースされた、人気ストリーマー“Shroud”ことMichael Grzesiek氏が同作からBAN処分を受けたことが明らかになっています。

その原因となったのは、ソロ戦にて氏へといわゆる“ストリーミングスナイプ”行為のため複数回に渡り接近してきた“ファン”のチーター。この“ストリーミングスナイプ”行為に氏はしびれを切らしたのか、海外メディアKotakuによれば、Grzesiek氏は、複数回に渡るチーターの存在が判明後、1マッチのみチーターと協力し、通常のゲームでは行えない方法を(不可抗力含め)持ってゲームを進行したとのこと。ただし、このチーターが生計のためのチート販売をほのめかした際にはその発言を即座に制止しています。


しかしながら、このマッチの様子は海外掲示板Redditなどで多くの議論を生んだ模様。そしてその後、Grzesiek氏は1ヶ月のBAN処分となったことを報告しています。

Grzesiek氏の名称を冠した公式スキン

図らずしてこの1件はチート問題が対戦相手以外に与える影響の1例となってしまいました。また、ストリーマー、特に有名ストリーマーであればあるほど、善きにしろ悪きにしろ多くの人、共にゲームを行う“ファン”を惹きつけてしまうものであり、その適切な対応を含めて注意が必要となることを示しているのかも知れません。

なお、Grzesiek氏はこのBANについて、チーターと共にゲームプレイを継続したことに反省を表明しています。

※ UPDATE(2018/7/11 18:46):Grzesiek氏がチーターより複数回の“ストリーミングスナイプ”行為を受けていたことなどを追記、本文表現を修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 51 件

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 現代戦FPS新作『World War 3』の早期アクセス開始日が決定!価格も明らかに

    現代戦FPS新作『World War 3』の早期アクセス開始日が決定!価格も明らかに

  2. FPS+RTSの戦略的アクションシューター『Eximius: Seize the Frontline』が近日登場!

    FPS+RTSの戦略的アクションシューター『Eximius: Seize the Frontline』が近日登場!

  3. 『PUBG』テストサーバーにリージョンロックを導入―ランクシステムも実装

    『PUBG』テストサーバーにリージョンロックを導入―ランクシステムも実装

  4. DMM版『Identity V』プレイレポ!PCで遊ぶ『第五人格』はどう変化した?【TGS2018】

  5. PC版『デビル メイ クライ 5』Steamにて予約販売開始!動作環境の情報を公開

  6. ローグライクなホームレスサバイバル『CHANGE』早期アクセス開始! あなたならどうする?

  7. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  8. サイバーパンクADV続編『N1RV ANN-A』日本語版正式発表!『VA-11 HALL-A』PS4/スイッチ版も

  9. Steamで好評の本格アマゾンサバイバル『Green Hell』が公式に日本語対応!

  10. 俺は鍛冶屋の息子…『Kingdom Come: Deliverance』プレイレポ―リアルでハードコアな中世を楽しむ

アクセスランキングをもっと見る

page top