THQ Nordicが名作FPS『タイムスプリッター』シリーズ及び『Second Sight』のIPを獲得 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

THQ Nordicが名作FPS『タイムスプリッター』シリーズ及び『Second Sight』のIPを獲得

THQ Nordicは、名作FPS『タイムスプリッター』シリーズ及び『Second Sight』のIPを獲得しました。

ニュース ゲーム業界
THQ Nordicが名作FPS『タイムスプリッター』シリーズ及び『Second Sight』のIPを獲得
  • THQ Nordicが名作FPS『タイムスプリッター』シリーズ及び『Second Sight』のIPを獲得
  • THQ Nordicが名作FPS『タイムスプリッター』シリーズ及び『Second Sight』のIPを獲得
  • THQ Nordicが名作FPS『タイムスプリッター』シリーズ及び『Second Sight』のIPを獲得

THQ Nordicが名作FPS『タイムスプリッター』シリーズと『Second Sight』のIPを子会社Koch Mediaを通じて獲得したことを発表しました


『タイムスプリッター』は、2000年に第一作目がFree Radical Designにより開発され、PlayStation 2向けに発売されたFPSシリーズ。タイムトラベル要素、協力可能なストーリーモード等が特徴。日本では第二作目が『タイムスプリッター -時空の侵略者-』として発売されました。一連のシリーズは第三作まで発売され、2007年に発表された第四作目は発売されませんでした。

『Second Sight』は、2004年に同じくFree Radical Designにより開発され、複数のゲーム機及び後にPC向けにも発売されたFPS。ステルスとサイキックパワーを特徴としていました。

THQ Nordicは、「『タイムスプリッター』は、2000年代初めに最も影響力のある家庭用ゲームの1つと考えられていました。この三作からなるゲームシリーズは、ユニークかつユーモアを持ったアートスタイルと、ポップカルチャーを取り入れたことで、熱狂的なファンを獲得しました。同作はFree Radical Designにより開発され、後にTHQ Nordicグループの一部であるDeep Silver Dambusterとなりました。」と、今回のIPの獲得が、グループ傘下に『タイムスプリッター』の開発者がいることを関連付けてコメントしています。

また、買収をおこなったKoch Mediaは「私達は『タイムスプリッター』のIPを買収したことに非常に興奮しています。同作はファンに多くのコンテンツを提供し、真に楽しいアーケードシューティング体験をもたらしました。私達は今日のゲームユーザーを興奮させる製品を製作するために情熱を傾けているスタッフの中に、『タイムスプリッター』シリーズのファンを沢山抱えています。」としており、グループ会社の開発者の多くに『タイムスプリッター』シリーズが影響をもたらしたことを伝えています。
《technocchi》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 女性ゲーマーの受ける暴言の実態とは…海外団体調査で男性がボイスチェンジャーでゲームプレイ、パフォーマンスが低下する結果に

    女性ゲーマーの受ける暴言の実態とは…海外団体調査で男性がボイスチェンジャーでゲームプレイ、パフォーマンスが低下する結果に

  2. Discordで「ツ」や「ノ」のフォントがおかしくなる現象発生―原因は新フォントの採用、現在はほぼ解消

    Discordで「ツ」や「ノ」のフォントがおかしくなる現象発生―原因は新フォントの採用、現在はほぼ解消

  3. ドレッドウルフは誰だ?『Dragon Age: Dreadwolf』ゲーム内に含まれる新規ストーリー映像が公開!

    ドレッドウルフは誰だ?『Dragon Age: Dreadwolf』ゲーム内に含まれる新規ストーリー映像が公開!

  4. 戦争のプロパガンダに利用されたくはない…フェイクニュースへの相次ぐ悪用に軍事シム『Arma 3』開発がついに声明、「フェイクの見分け方」も公開

  5. ロボゲーファン必見?ミッション40以上&フルボイスのメカゲーが開発中!低価格での販売を予定

  6. 『モンスターハンターライズ』PS/Xboxコンソール版とWindows版が電撃発表、新機能を追加して2023年1月配信!GamePassでも発売初日から提供

  7. 石器時代を舞台にした新作オープンワールドサバイバルゲーム『Primitive』発表!

  8. 「Prime Gaming」2022年12月度の無料配信タイトル公開―W杯を記念し『FIFA 23』のプライムゲーミング限定コンテンツも登場

  9. ソニーとMS、ともに自社ゲームサブスクの乗り入れを断られていたことが判明

  10. 『ディアブロ IV』にも関わるBlizzardの品質管理チーム、Activision Blizzard傘下2番目の労働組合を結成

アクセスランキングをもっと見る

page top