PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

カプコンは、先日SteamにてリリースされたPC版『モンスターハンター:ワールド』で発生している通信エラーと、改善要望の多いマウス操作について修正対応中であることを明らかにしました。

PC Windows
PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中
  • PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中
カプコンは、先日Steamにてリリースされたハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド』について、ユーザーより修正希望の声が多く寄せられているマウス操作と通信エラーの問題について、修正対応中であることを明らかにしました。

対応が行われる問題の1つはマウス操作に関連したもの。同作はPCのアクションタイトルとしては一般的なキーボード+マウス操作に対応しているものの、マウスの操作挙動が他のPCネイティブなシューター、アクションタイトルで見られるような機敏で直感的なカメラ操作とは異なり、ユーザーからは改善を求める声も上がっていました。

こうしたユーザーの声についてカプコンは「弊社でも真摯に受け止めており、現在皆さまのご要望に応えるべく、改善に向けた作業を進めています。」とし、今後の改善が行われることを告知。詳細については確定次第発表されるとのことです。

そして、頻発が報告されているマルチプレイ時の通信エラーについては、Steamのネットワークサービスを利用しているということで、Valveと協力して原因を調査中であり、修正パッチの配信に向けた作業が進行中とされています。

記事執筆時点(8月18日)でも21万人以上がプレイ中の『モンハン:ワールド』PC版。反面Steamにおける評価は、前述の問題を受けてか23,136件中42%のみが高評価の“賛否両論”状態です。同作の魅力の一つでもあるマルチプレイの早期の改善がなされることに期待しましょう。

『モンスターハンター:ワールド』PC版はSteamにて5,990円で配信中です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 新要素たっぷりな『マインクラフト』最新アップデート「Village & Pillage」実施!

    新要素たっぷりな『マインクラフト』最新アップデート「Village & Pillage」実施!

  2. 16bit風オープンワールド『Shakedown: Hawaii』5月7日リリース―現時点でPC版はEpic Gamesストアのみ

    16bit風オープンワールド『Shakedown: Hawaii』5月7日リリース―現時点でPC版はEpic Gamesストアのみ

  3. 『Eight Dragons』Steam早期アクセス開始―『熱血硬派くにおくん』風の最大8人協力ベルトスクロールACT

    『Eight Dragons』Steam早期アクセス開始―『熱血硬派くにおくん』風の最大8人協力ベルトスクロールACT

  4. 疫病サバイバルホラー『Pathologic 2』魅力を体感できる無料体験版が公開―この街で何が出来るのか…

  5. 『Fallout 76』で「修理キット」などが実装されるパッチ8.5配信―パッチノートも公開

  6. 『Dead by Daylight』新システム「End Game Collapse」を試せるPTBサーバー2.7.0がオープン!

  7. バイオ風サバイバルホラー『Outbreak: Lost Hope』Steam配信開始! 悪夢を乗り越え娘を救え

  8. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  9. 破壊ACTリマスター『Red Faction Guerrilla Re-Mars-tered Edition』発売!

  10. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

アクセスランキングをもっと見る

1
page top