その不運、まさにパーカー・ラック?『Marvel's Spider-Man』悲しすぎるイースターエッグ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

その不運、まさにパーカー・ラック?『Marvel's Spider-Man』悲しすぎるイースターエッグ

Kotakuは、『Marvel's Spider-Man』内に存在する海外ユーザーと「プロポーズ」にまつわる悲しいイースターエッグを紹介しました。

ゲーム文化 カルチャー
その不運、まさにパーカー・ラック?『Marvel's Spider-Man』悲しすぎるイースターエッグ
  • その不運、まさにパーカー・ラック?『Marvel's Spider-Man』悲しすぎるイースターエッグ
  • その不運、まさにパーカー・ラック?『Marvel's Spider-Man』悲しすぎるイースターエッグ

Kotakuは、『Marvel's Spider-Man』内に存在する海外ユーザーと「プロポーズ」にまつわる悲しいイースターエッグを紹介しました。

事の発端は2018年5月、海外ユーザーのTyler Schultz氏が本作の開発元であるInsomniac Gamesに対しTwitter上でリプライを送ったことに始まります。内容は、自身のガールフレンドに対するプロポーズの文言をゲーム内のどこかにイースターエッグとして置いて欲しいというもの。これに対してInsomniac Gamesはいくつかの確認を行った後、ダイレクトメッセージにて連絡をすると伝えています。

時は流れ、2018年9月7日、ゲームがリリースされ“Maddie, will you marry me?”(マディー、結婚してくれないか?)と書かれた劇場の看板がイースターエッグとして登場しました。しかし、この後、Schultz氏はYouTubeに動画(現在は削除)をアップし、数週間前にガールフレンドと破局してしまったことを語っています。

この実に悲しいイースターエッグですが、Schultz氏は、Twitterに『Marvel's Spider-Man』のスクリーンショットを複数アップしており、少なくともゲームはエンジョイしているようです。
《杉元悠》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『サブノーティカ』開発元新作がgamescom 2022にて発表予定!SF世界が舞台のターン制ゲームに

    『サブノーティカ』開発元新作がgamescom 2022にて発表予定!SF世界が舞台のターン制ゲームに

  2. 28年前のSFCボクシングゲーム『スーパーパンチアウト!!』2人対戦が可能な隠しコマンドが明らかに

    28年前のSFCボクシングゲーム『スーパーパンチアウト!!』2人対戦が可能な隠しコマンドが明らかに

  3. 利用者は会員のわずか1%…2021年11月開始の「Netflixゲーム」現在までの利用状況が明らかに

    利用者は会員のわずか1%…2021年11月開始の「Netflixゲーム」現在までの利用状況が明らかに

  4. 迫力満点!『ELDEN RING』の「歩く霊廟」をレゴで再現―過去には『スカイリム』も題材に

  5. とってもキュートで芸達者!『S.T.A.L.K.E.R.』開発が世界猫の日を記念してネコちゃんを公開―新作に出るかも…?

  6. ぶいすぽっ!15名が『VALORANT』で夏の大勝負!3チームに分かれた頂上決戦は池袋にて!?8月20日(土)に配信決定!

  7. 『FF14』学者ジョブを実際の本とペンでプレイ!没入感たっぷりに魔法を撃てるけどやりにくそう

  8. ピック率0%のエージェントが輝きを見せる―EMEA LCQで「Team Liquid」ScreaM選手がフェニックスを使用

  9. 『サイバーパンク2077』が原作のNetflixアニメ「サイバーパンク: エッジランナーズ」新予告編公開!

  10. 『Grim Dawn』開発元が手がける街づくりシム『Farthest Frontier』ゲームプレイトレイラー! 未開の荒野を開拓しよう

アクセスランキングをもっと見る

page top