505 Gamesが東京オフィス設立―アジアの主要市場「日本と韓国」で事業拡大 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

505 Gamesが東京オフィス設立―アジアの主要市場「日本と韓国」で事業拡大

Digital Brosは、子会社であるパブリッシャー505 Gamesの東京オフィス設立を発表しました。

ニュース 発表
505 Gamesが東京オフィス設立―アジアの主要市場「日本と韓国」で事業拡大
  • 505 Gamesが東京オフィス設立―アジアの主要市場「日本と韓国」で事業拡大
  • 505 Gamesが東京オフィス設立―アジアの主要市場「日本と韓国」で事業拡大
  • 505 Gamesが東京オフィス設立―アジアの主要市場「日本と韓国」で事業拡大

Digital Brosは、子会社であるパブリッシャー505 Gamesの東京オフィス設立を発表しました。併せて、「TGS 2018」への出展も告知しています。

505 Gamesは、『Assetto Corsa』シリーズで知られる、イタリアのゲームパブリッシャー。今回の東京オフィス設立は、アジアの主要市場である日本と韓国の事業拡大のためとのことで、IP管理やライセンス関連をメイン業務としておこなっていくようです。

また、これまでのパートナー会社も含め、日本のゲーム業界との新たなネットワーク構築に専念、日本や韓国に配信されるゲームへの、マーケティング・コミュニケーション支援などを提供して、アジア市場での立場を強化していくと述べています。さらに、日本の優れたコンテンツを、世界市場に発信することも考えているとのこと。

これに伴い、2018年9月20日から9月23日にかけて開催される東京ゲームショウ 2018での、出展内容を告知。オーイズミ・アミュージオブースにて、同社から9月27日に発売される『Assetto Corsa アルティメット・エディション』試遊のほか、DMM Gamesから発売予定の『Underworld Ascendant』の出展を予定しています。

また、東京ゲームショウでの出展予定は伝えられていないものの、今後の担当する新作として、『Skullgirls』制作スタジオが手掛けるRPG『Indivisible』や、五十嵐孝司氏が手掛ける『Bloodstained: Ritual of the Night』などが発売を控えています。
《TAKAJO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『The Day Before』開発元が「ボランティア」募集について釈明するも曖昧な回答に終始

    『The Day Before』開発元が「ボランティア」募集について釈明するも曖昧な回答に終始

  2. テンセントが新作オープンワールド武侠アクション『Code: To Jin Yong』発表―金庸武侠小説の世界が舞台

    テンセントが新作オープンワールド武侠アクション『Code: To Jin Yong』発表―金庸武侠小説の世界が舞台

  3. 小島監督が「刑事VSスーパーヒーロー」なバディものをお蔵入りにしていた…ドラマ「ザ・ボーイズ」とコンセプトが似ていたため

    小島監督が「刑事VSスーパーヒーロー」なバディものをお蔵入りにしていた…ドラマ「ザ・ボーイズ」とコンセプトが似ていたため

  4. 【Steamサマーセール】爽快or緊張どっちが好き?GSおすすめ「シューター」10タイトル

  5. フロム・ソフトウェア、複数の“新プロジェクト”に向けてスタッフ募集開始!特設サイトには『アーマード・コア』や『Bloodborne』も

  6. 505 Gamesの親会社Digital Brosが『Marvel Puzzle Quest』などを手掛ける「D3 Go!」買収

  7. 【Steamサマーセール】過酷な世界を生き抜け!GSオススメ「サバイバルゲーム」10タイトル

  8. 裸一貫のハードコアサバイバル『Rust』Steam版が半額!配信でも人気を博した定番マルチプレイヤー

  9. クボタが参戦!『ファーミングシミュレーター 22』DLC「Kubota Pack」発表

  10. 週末セール情報ひとまとめ『Rust』『デビルサマナー ソウルハッカーズ』『Ghostwire: Tokyo』『ELEX II』他

アクセスランキングをもっと見る

page top