コズミックホラーRPG『恐怖の世界』プレイレポ―伊藤潤二風なイラストが恐怖心を煽る【TGS2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コズミックホラーRPG『恐怖の世界』プレイレポ―伊藤潤二風なイラストが恐怖心を煽る【TGS2018】

TGS2018インディーゲームコーナーにて、panstasz氏開発のホラーアドベンチャー『恐怖の世界/WORLD OF HORROR』がプレイアブル出展されていました。プレイレポをお届けします。

ゲーム文化 インディーゲーム
コズミックホラーRPG『恐怖の世界』プレイレポ―伊藤潤二風なイラストが恐怖心を煽る【TGS2018】
  • コズミックホラーRPG『恐怖の世界』プレイレポ―伊藤潤二風なイラストが恐怖心を煽る【TGS2018】
  • コズミックホラーRPG『恐怖の世界』プレイレポ―伊藤潤二風なイラストが恐怖心を煽る【TGS2018】
  • コズミックホラーRPG『恐怖の世界』プレイレポ―伊藤潤二風なイラストが恐怖心を煽る【TGS2018】
  • コズミックホラーRPG『恐怖の世界』プレイレポ―伊藤潤二風なイラストが恐怖心を煽る【TGS2018】
  • コズミックホラーRPG『恐怖の世界』プレイレポ―伊藤潤二風なイラストが恐怖心を煽る【TGS2018】
  • コズミックホラーRPG『恐怖の世界』プレイレポ―伊藤潤二風なイラストが恐怖心を煽る【TGS2018】
  • コズミックホラーRPG『恐怖の世界』プレイレポ―伊藤潤二風なイラストが恐怖心を煽る【TGS2018】
  • コズミックホラーRPG『恐怖の世界』プレイレポ―伊藤潤二風なイラストが恐怖心を煽る【TGS2018】

9月20日から9月23日まで千葉幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2018。幕張メッセのホール9に拡大展開されたインディーゲームコーナーにて、panstasz氏開発のホラーアドベンチャー『恐怖の世界/WORLD OF HORROR』がプレイアブル出展されていました。本記事では、そのプレイレポをお届けします。


筆者がプレイしたのは「学校とハサミに関する恐怖」というシナリオで、行方不明になった友達の謎を調査するという内容。その友人が残してくれた手記を基に“ハサミを持った背の高い女”を止めるため、その実態をこの世に現化させるというオカルト要素満載で好奇心をそそるあらすじです。



プレイヤーは次々に表示される選択肢を選び、“祝福されたチョーク”と“聖なる蝋燭”の2つを見つけ出す必要があります。しかしながら、その選択には成功率があるため、一番の最適解を選んだとしても失敗する可能性があり緊張感を誘います。また探索を続けていくと戦闘が発生。この時は“肥大化した教師”が襲ってきました。



戦闘は、攻撃や探索、ユニークアビリティなどをゲージに入力し行動するというもの。何も装備していない状態であれば、相手に与えるダメージは小さいものですが、探索で木の棒などを見つけた場合には装備してダメージを増大させることができます。



ここでは、なんとか“肥大化した教師”を倒すことが出来ました。次に、忘れられた標本と遭遇。ここは難なく倒せました。“祝福されたチョーク”と“聖なる蝋燭”を発見し、儀式を行ったあとハサミ女と対峙したものの調査が上手くいかなかったためか、最終的に敗北してしまいました。



グラフィックは、白黒の1bitなアートスタイルで構成されており、色こそ付いていませんが陰陽がトーンやベタで表現されているため比較的表情豊かな印象を受けます。また、伊藤潤二とラヴクラフトへのラブレターと謳われているいるだけあって、“ハサミ女”のデザインは素晴らしくポスターも合わせて恐怖感に満ちていました。


ブースの担当者に話を聞いたところ、70年代から80年代までの邦画や伊藤潤二の漫画のイラストに影響を受けており、現時点の完成度は90%ほどとのこと。対応プラットフォームはPC/PS4/Nintendo Switchで、発売は2019年の春ごろを予定。日本語だけでなく中国語、イタリア語などにも対応します。
《G.Suzuki》
G.Suzuki

ミリタリーゲームファンです G.Suzuki

ミリタリー系ゲームが好きなフリーランスのライター。『エースコンバット』を中心にFPS/シムなどミリタリーを主軸に据えた作品が好みだが、『R-TYPE』シリーズや『トリガーハート エグゼリカ』などのSTGも好き。近年ではこれまで遊べてなかった話題作(クラシックタイトルを含む)に取り組んでいる。ゲーム以外では模型作り(ガンプラやスケモ等を問わない)を趣味の一つとしている。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. カナイセイジ氏ゲームデザインで人気漫画が非電源ゲームに『モンスターイーター ~ダンジョン飯 ボードゲーム~』発表

    カナイセイジ氏ゲームデザインで人気漫画が非電源ゲームに『モンスターイーター ~ダンジョン飯 ボードゲーム~』発表

  2. 「ダンジョン飯」アニメ化決定!TRIGGERがアニメーション制作に“そうだ、モンスターを食べよう!”

    「ダンジョン飯」アニメ化決定!TRIGGERがアニメーション制作に“そうだ、モンスターを食べよう!”

  3. 宿敵を乗り越えろ!『シャドウ・オブ・モルドール』を基にした『スカイリムSE』Modが登場

    宿敵を乗り越えろ!『シャドウ・オブ・モルドール』を基にした『スカイリムSE』Modが登場

  4. とってもキュートで芸達者!『S.T.A.L.K.E.R.』開発が世界猫の日を記念してネコちゃんを公開―新作に出るかも…?

  5. 利用者は会員のわずか1%…2021年11月開始の「Netflixゲーム」現在までの利用状況が明らかに

  6. 『サブノーティカ』開発元新作がgamescom 2022にて発表予定!SF世界が舞台のターン制ゲームに

  7. 28年前のSFCボクシングゲーム『スーパーパンチアウト!!』2人対戦が可能な隠しコマンドが明らかに

  8. 『FF14』学者ジョブを実際の本とペンでプレイ!没入感たっぷりに魔法を撃てるけどやりにくそう

  9. 迫力満点!『ELDEN RING』の「歩く霊廟」をレゴで再現―過去には『スカイリム』も題材に

  10. 『VALORANT』スマーフ行為に関連したZETA DIVISION選手2名の処分が発表、3ヶ月の活動自粛処分等

アクセスランキングをもっと見る

page top