バーテンダーADV続編『N1RV ANN-A』プレイレポ―試遊版でも深みのある物語が展開【TGS2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

バーテンダーADV続編『N1RV ANN-A』プレイレポ―試遊版でも深みのある物語が展開【TGS2018】

Sukeban Gamesは、TGS2018にて新作サイバーパンクバーテンダーアクション『N1RV ANN-A』をプレイアブル出展しました。一般日には多くの来場者を集めた本作のプレイレポをお届けします。

ゲーム文化 インディーゲーム
バーテンダーADV続編『N1RV ANN-A』プレイレポ―試遊版でも深みのある物語が展開【TGS2018】
  • バーテンダーADV続編『N1RV ANN-A』プレイレポ―試遊版でも深みのある物語が展開【TGS2018】
  • バーテンダーADV続編『N1RV ANN-A』プレイレポ―試遊版でも深みのある物語が展開【TGS2018】
  • バーテンダーADV続編『N1RV ANN-A』プレイレポ―試遊版でも深みのある物語が展開【TGS2018】
  • バーテンダーADV続編『N1RV ANN-A』プレイレポ―試遊版でも深みのある物語が展開【TGS2018】
  • バーテンダーADV続編『N1RV ANN-A』プレイレポ―試遊版でも深みのある物語が展開【TGS2018】
  • バーテンダーADV続編『N1RV ANN-A』プレイレポ―試遊版でも深みのある物語が展開【TGS2018】
  • バーテンダーADV続編『N1RV ANN-A』プレイレポ―試遊版でも深みのある物語が展開【TGS2018】
  • バーテンダーADV続編『N1RV ANN-A』プレイレポ―試遊版でも深みのある物語が展開【TGS2018】

9月20日から9月23日まで千葉幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2018にて、Sukeban Gamesは新作サイバーパンクバーテンダーアクション『N1RV ANN-A』をプレイアブル出展しました。一般日には多くの来場者が詰めかけた本作のプレイレポをお届けします。


東京ゲームショウ2018開催前日に発表された『N1RV ANN-A』。TGS一般日では多くの来場者を集め、例年比較的行列の少ないインディーゲームコーナーでも、2時間待ち行列が出来ていました。一般2日目には、試遊台数を2台から3台へと急遽増やし、試遊に並ぶ来場者に対応。


今回の試遊では、序盤がプレイでき、事前の発表の通りテキストは日本語化されていました。プレイヤーは、8歳の子どもを持つバーテンダーのサムとなり、バーへ現れた人々と作ったお酒で物語を進めます。ここへやってきたのは漫画家の“パルカ”で、話を進めていくとどうやらバーには慣れていない様子。ここで甘めなお酒を提供します。



前作『VA-11 Hall-A』をしっかりとプレイしていないので、『N1RV ANN-A』とのインターフェイスの細かな違いには気付くことができませんでしたが、混ぜ合わせるドリンクのアイコンが大きくて分かりやすく、お目当ての物を探しやすくなっていました。



必要なドリンクを調合した後のシェイクは、自分でマウスを小刻みに動かして混ぜ合わせますが、その時にサムのイラストがアニメーションします。


話を進めていくと、どうやらパルカは成人向け作品を描く漫画家で、今現在置かれている状況に色々な悩みや想いがあることが判明します。彼女とのやり取りが終わるとこの試遊版は終了。プレイ時間は15分ほどでした。



試遊後にSukeban GamesのFernando Damas氏に話を聞いたところ、前作との違いはドリンクシステムの進化で、前作ではメニュー通りに作ることしか出来なかったものの、今作では自由に作れ、自ら新しいドリンクを発見できるとのこと。また開発の方向性についても聞いたところ、本作は前作の続編となりますが、そのまま同じにするわけではなく、新しいストーリーを追い求めたいと述べました。

最後に、この東京ゲームショウ 2018で注目が大きいことに関して聞いたところ、発表してから時間もそれほど経っていない間に人が集まってくれたことに感謝し驚いていると答えました。大きな注目を集めた『N1RV ANN-A』は、PC/PS4/Nintendo Switch向けに2020年発売予定です。


《G.Suzuki》
G.Suzuki

ミリタリーゲームファンです G.Suzuki

ミリタリー系ゲームが好きなフリーランスのライター。『エースコンバット』を中心にFPS/シムなどミリタリーを主軸に据えた作品が好みだが、『R-TYPE』シリーズや『トリガーハート エグゼリカ』などのSTGも好き。近年ではこれまで遊べてなかった話題作(クラシックタイトルを含む)に取り組んでいる。ゲーム以外では模型作り(ガンプラやスケモ等を問わない)を趣味の一つとしている。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. カナイセイジ氏ゲームデザインで人気漫画が非電源ゲームに『モンスターイーター ~ダンジョン飯 ボードゲーム~』発表

    カナイセイジ氏ゲームデザインで人気漫画が非電源ゲームに『モンスターイーター ~ダンジョン飯 ボードゲーム~』発表

  2. 「ダンジョン飯」アニメ化決定!TRIGGERがアニメーション制作に“そうだ、モンスターを食べよう!”

    「ダンジョン飯」アニメ化決定!TRIGGERがアニメーション制作に“そうだ、モンスターを食べよう!”

  3. 宿敵を乗り越えろ!『シャドウ・オブ・モルドール』を基にした『スカイリムSE』Modが登場

    宿敵を乗り越えろ!『シャドウ・オブ・モルドール』を基にした『スカイリムSE』Modが登場

  4. とってもキュートで芸達者!『S.T.A.L.K.E.R.』開発が世界猫の日を記念してネコちゃんを公開―新作に出るかも…?

  5. 『サブノーティカ』開発元新作がgamescom 2022にて発表予定!SF世界が舞台のターン制ゲームに

  6. 利用者は会員のわずか1%…2021年11月開始の「Netflixゲーム」現在までの利用状況が明らかに

  7. 28年前のSFCボクシングゲーム『スーパーパンチアウト!!』2人対戦が可能な隠しコマンドが明らかに

  8. 『FF14』学者ジョブを実際の本とペンでプレイ!没入感たっぷりに魔法を撃てるけどやりにくそう

  9. 迫力満点!『ELDEN RING』の「歩く霊廟」をレゴで再現―過去には『スカイリム』も題材に

  10. 『VALORANT』スマーフ行為に関連したZETA DIVISION選手2名の処分が発表、3ヶ月の活動自粛処分等

アクセスランキングをもっと見る

page top