開発者なのに実は怖がり!?『Dead by Daylight』Twitchステージレポ【TGS2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

開発者なのに実は怖がり!?『Dead by Daylight』Twitchステージレポ【TGS2018】

先日、新コンテンツが発表・リリースされたBehavior Interactiveの人気非対称対戦タイトル『Dead by Daylight』。TGS 2018にて同作のスペシャルステージが開催されましたので、本記事ではそのレポートをお届けいたします。

家庭用ゲーム PS4
開発者なのに実は怖がり!?『Dead by Daylight』Twitchステージレポ【TGS2018】
  • 開発者なのに実は怖がり!?『Dead by Daylight』Twitchステージレポ【TGS2018】
  • 開発者なのに実は怖がり!?『Dead by Daylight』Twitchステージレポ【TGS2018】
  • 開発者なのに実は怖がり!?『Dead by Daylight』Twitchステージレポ【TGS2018】
  • 開発者なのに実は怖がり!?『Dead by Daylight』Twitchステージレポ【TGS2018】
  • 開発者なのに実は怖がり!?『Dead by Daylight』Twitchステージレポ【TGS2018】
  • 開発者なのに実は怖がり!?『Dead by Daylight』Twitchステージレポ【TGS2018】

先日、新コンテンツが発表・リリースされたBehavior Interactiveの人気非対称対戦タイトル『Dead by Daylight』。東京ゲームショウ 2018にて同作のスペシャルステージが開催されましたので、本記事ではそのレポートをお届けいたします。

今回のスペシャルステージには、ゲストとして『Dead by Daylight』のゲームディレクターであるマシュー・コート氏が登壇。通訳と司会はストリーマーのAJ氏とアイドルの堀内華央理氏が担当しました。

通訳と司会を務めた左=堀内氏 右=AJ氏

ステージは、司会の両氏によるコート氏へのインタビューからスタート。新DLC「Shattered Bloodline (断絶した血脈)」に関する話題から始まり、新キラー「The Spirit」や新サバイバー「アダム・フランシス」、そして新マップにまつわるストーリーの簡単な紹介がなされました。

そして、コート氏は質問に答える形で日本テーマのDLCをリリースした理由について説明。ジャパニーズホラーのパワフルさや怖さには常々魅せられており、チャレンジしたいと思っていたものの、その実現に手間がかかったため、日本のプレイヤーに楽しんでもらえたら嬉しいという旨をコメントしました。加えて、同作では既存のものも含め様々なキャラクターのストーリーやリアルさにもこだわっているため、これらについてもぜひ楽しんで欲しいと、その開発背景を語りました。

今回来日したマシュー・コート氏

続けて、同氏は今回の新DLCに対するプレイヤーの反応について言及。普段、新コンテンツのリリース後には、そのゲームバランスに様々なリアクションが寄せられるのに対し、今回のDLCでは多くのユーザーからおおむね良好な反応が得られたことを明かしました。

そして、話題が「コート氏おすすめのキャラクター」にシフトすると、同氏は「人が驚くのを見るのが好きだから」という理由で「The Hag」というキラーをチョイス。サバイバーを大いに驚かせることができるため、初心者にもそうでない人にもその魅力を体験して欲しいと答えました。

ちなみに、同時に展示されていた試遊ブースは一時参加制限がかかるほどの大盛況に。このステージでも触れられ、日本における人気具合が垣間見られた

続くトークで『Dead by Daylight』とストリーム配信の相性について話題がおよぶと、コート氏は同作に関するある事実を告白。配信でも大いに人気を見せる同作ながら、実は開発時点では配信との相性については全く考えられておらず、リリース後に挙がったユーザーからの声でその長所に気づいたことを明かしました。

さらに、AJ氏から挙がった「今回のコンテンツを作るにあたって、日本のホラー映画などは観たのか」という質問に対し、実は怖がりなのであまりたくさんは観ることが出来ていないことも告白。ただし、実際にキャラクターのデザインを担当するアーティストは非常に沢山のホラー映画を視聴・研究しているとのこと。

イベント開始前にはファンを収めたセルフィーを撮る一幕も

最後に、同氏は今後も『Dead by Daylight』の新コンテンツやアップデートなどの情報は随時伝えていくため、これからも是非注目して欲しいとコメント。11月29日発売予定のPS4用パッケージ版にも言及し、ファンへの感謝を述べてイベントを締めくくりました。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『アサシン クリード オデッセイ』最後のエピソードDLC「アトランティスの裁き」が配信開始

    『アサシン クリード オデッセイ』最後のエピソードDLC「アトランティスの裁き」が配信開始

  2. 『オーバーウォッチ』真夏の祭典「サマー・ゲーム2019」が開幕―勝利でスキンが手に入る「ウィークリーチャレンジ」も実装

    『オーバーウォッチ』真夏の祭典「サマー・ゲーム2019」が開幕―勝利でスキンが手に入る「ウィークリーチャレンジ」も実装

  3. ゾンビサバイバル『DayZ』のこれから―Modサポートや建築など

    ゾンビサバイバル『DayZ』のこれから―Modサポートや建築など

  4. 『Apex Legends』チート対策を一部紹介―「チーター・スパム同士をマッチメイク」「機械学習BAN」「二段階認証必須化」など

  5. 『Fallout 76』7月16日23時より新パッチ配信メンテナンス―低レベルキャラのサポート拡充など

  6. 『ボーダーランズ3』クロスプラットフォームマルチプレイは発売後の実装に

  7. 『レインボーシックス シージ』破片が窓やドアのバリケードに残ったままになる問題など、要望された修正の対応予定を更新

  8. 『キングダムカム・デリバランス』プレスツアー in チェコ―開発元「Warhorse Studios」へ潜入!

  9. 『サイバーパンク2077』開発者がスキル機能を語る―スキルで自分だけのキャラを作り上げろ

  10. 『JUDGE EYES:死神の遺言』弁護士時代の八神を知る人々が公開―神室町が誇る膨大なミニゲームも一挙紹介

アクセスランキングをもっと見る

page top