『モンスターワールド』西澤龍一氏新作『モンスターボーイ 呪われた王国』日本語版が出展!【TGS2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『モンスターワールド』西澤龍一氏新作『モンスターボーイ 呪われた王国』日本語版が出展!【TGS2018】

2018年9月20日より開催された「東京ゲームショウ 2018」。FDG Entertainmentブースでは、『モンスターワールド』で知られる西澤龍一氏の新作『モンスターボーイ 呪われた王国(Monster Boy and the Cursed Kingdom)』が展示されていました。

家庭用ゲーム Nintendo Switch
『モンスターワールド』西澤龍一氏新作『モンスターボーイ 呪われた王国』日本語版が出展!【TGS2018】
  • 『モンスターワールド』西澤龍一氏新作『モンスターボーイ 呪われた王国』日本語版が出展!【TGS2018】
  • 『モンスターワールド』西澤龍一氏新作『モンスターボーイ 呪われた王国』日本語版が出展!【TGS2018】
  • 『モンスターワールド』西澤龍一氏新作『モンスターボーイ 呪われた王国』日本語版が出展!【TGS2018】

2018年9月20日より開催された「東京ゲームショウ 2018」。インディーコーナーのFDG Entertainmentブースでは、『モンスターワールド』で知られる西澤龍一氏の新作『モンスターボーイ 呪われた王国(Monster Boy and the Cursed Kingdom)』が、日本語プレイアブル版で展示されていました。

同作は、主人公の少年“ジン”がモンスター溢れる“モンスターワールド王国”で冒険を繰り広げるアクションRPG。セガのかつての人気シリーズの魅力を受け継いだ同作では、主人公はいくつもの獣人形態に変身する能力を獲得し、様々な特殊能力を駆使することができるのも特徴。また、古代祐三、桜庭統、山根ミチル、小林啓樹、柳川剛ら、による豪華な作曲陣も魅力です。



『モンスターボーイ 呪われた王国』は、ニンテンドースイッチ/Steam向けに開発中。なお、同作のローカライズは架け橋ゲームズが担当。翻訳の仕上がりにも期待が持てそうです。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Anthem』今後の展開が予告―

    『Anthem』今後の展開が予告―"天変地異"に向けワールドイベント、ストーリーなどを開発中

  2. 『Apex Legends』シーズン1&オクタン実装の新アプデパッチノート!チートBAN数は約50万アカウントに

    『Apex Legends』シーズン1&オクタン実装の新アプデパッチノート!チートBAN数は約50万アカウントに

  3. コナミ50周年記念『アニバーサリーコレクション』シリーズPS4/XB1/スイッチ/Steam向け発表―あの名作が現代ハードに

    コナミ50周年記念『アニバーサリーコレクション』シリーズPS4/XB1/スイッチ/Steam向け発表―あの名作が現代ハードに

  4. 横スクCo-op『Castle Crashers Remastered』海外PS4/ニンテンドースイッチ向けに発売決定

  5. 『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン

  6. 『レッド・デッド・オンライン』次回アップデート内容が公開ーPK被害に対応するシステムが追加

  7. PS4版『Apex Legends』3月31日までPS Storeで使える5%オフクーポンが配布中

  8. 『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』PV第4弾―6人Co-opやPvPなどの各要素を「EDF NEWS」で確認だ!

  9. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』脳汁ドバドバ!めっちゃ気持ちいい瞬間5選

  10. 『Apex Legends』バトルパスの価格/購入方法/報酬が公式FAQに掲載―シーズン1レジェンドの調整内容も振り返る

アクセスランキングをもっと見る

1
page top