海外レビューハイスコア『アサシン クリード オデッセイ』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア『アサシン クリード オデッセイ』

PS4/XboxOne/PC/スイッチ(クラウド)を対象に、10月5日発売予定のシリーズ最新作『アサシン クリード オデッセイ』のMetacritic海外レビューをお届けします。

連載・特集 海外レビュー
海外レビューハイスコア『アサシン クリード オデッセイ』
  • 海外レビューハイスコア『アサシン クリード オデッセイ』
  • 海外レビューハイスコア『アサシン クリード オデッセイ』
  • 海外レビューハイスコア『アサシン クリード オデッセイ』

GameRadar+: 100/100(PS4)
『オリジンズ』がやったことをすべて完璧なものに仕上げ、『アサシン クリード』のタイトルでは成し得ないような方法で改善されている。『オデッセイ』にはすべてがある。

PlayStation LifeStyle: 95/100(PS4)
IGN: 92/100(PS4)
荒い部分もあるが、『オデッセイ』は『アサシン クリード』シリーズを新たな段階に押し上げ、史上最高のオープンワールドRPGかどうかと言う議論に名を連ねている。

USgamer: 90/100(PS4)
GameSpace: 90/100(PS4)
TrueGaming: 90/100(PS4)
DualShockers: 90/100(XB1)
『アサシン クリード オデッセイ』はシリーズ最高傑作と言うだけでなく、今世代機のゲームで私が今までに遊んだアクションRPGの中で最高のゲームの一つだ。

Forbes: 85/100(PS4)
MondoXbox: 84/100(XB1)
Game Informer: 83/100(PS4)
GameSpot: 80/100(PS4)
Digital Trends: 60/100(PS4)
『アサシン クリード オデッセイ』はリッチで贅沢な世界を描きつつも、何度も同じ作業を繰り返すことでダメにしている。メインストーリーはプレイする者を惹きつけるが、コンプリートするには微妙なサイドクエストを凄まじい量こなし、レベル上げをしなくてはいけない。この世界ではやれることが数多くあるが、その多くはエキサイティングや魅力的という点からはずれている。『オデッセイ』は、「より多くのコンテンツ」という意味を履き違えてしまったオープンワールドゲームの一つだ。




PS4/Xbox One/PC/スイッチ(クラウド)を対象に、10月5日発売予定のシリーズ最新作『アサシン クリード オデッセイ』のMetacritic海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは、PS4版が86点(総レビュー数54件)、Xbox One版が87点(総レビュー数16件)、PC版が判定不可(総レビュー数2件)をマークしています。

『アサシン クリード オデッセイ』は人気暗殺アクションシリーズ最新作。本作の舞台は古代ギリシャで、主人公を男女から選択できる点や、会話の選択肢によってストーリーに影響があるなど、新規要素が盛り込まれています。メディアレビューでは、「前作『オリジンズ』から進化している」、「シリーズ最高傑作」という声もしばしば。しかし一部メディアからは、過去シリーズでも見られた「同じ作業の繰り返し」という点で批判を受けたり、暗殺ゲームではなく「アクションRPG」という声も。



『アサシン クリード オデッセイ』は、10月5日発売予定です。
《SEKI》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top