『ザ クルー2』JAPAN CUP決勝戦レポ!日本最速の栄冠は誰の手に【UBIDAY 2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ザ クルー2』JAPAN CUP決勝戦レポ!日本最速の栄冠は誰の手に【UBIDAY 2018】

2018年10月14日、秋葉原にて行われたユービーアイソフトのイベント「UBIDAY 2018」。メインステージではオープンワールドレースゲーム『ザ クルー2』日本最速を決める「JAPAN CUP」の決勝戦が執り行われました。

ゲーム文化 イベント
『ザ クルー2』JAPAN CUP決勝戦レポ!日本最速の栄冠は誰の手に【UBIDAY 2018】
  • 『ザ クルー2』JAPAN CUP決勝戦レポ!日本最速の栄冠は誰の手に【UBIDAY 2018】
  • 『ザ クルー2』JAPAN CUP決勝戦レポ!日本最速の栄冠は誰の手に【UBIDAY 2018】
  • 『ザ クルー2』JAPAN CUP決勝戦レポ!日本最速の栄冠は誰の手に【UBIDAY 2018】
  • 『ザ クルー2』JAPAN CUP決勝戦レポ!日本最速の栄冠は誰の手に【UBIDAY 2018】
  • 『ザ クルー2』JAPAN CUP決勝戦レポ!日本最速の栄冠は誰の手に【UBIDAY 2018】
  • 『ザ クルー2』JAPAN CUP決勝戦レポ!日本最速の栄冠は誰の手に【UBIDAY 2018】
  • 『ザ クルー2』JAPAN CUP決勝戦レポ!日本最速の栄冠は誰の手に【UBIDAY 2018】
  • 『ザ クルー2』JAPAN CUP決勝戦レポ!日本最速の栄冠は誰の手に【UBIDAY 2018】

2018年10月14日、秋葉原にて行われたユービーアイソフトのイベント「UBIDAY 2018」。メインステージではオープンワールドレースゲーム『ザ クルー2』日本最速を決める「JAPAN CUP」の決勝戦が執り行われました。


まずはイベントの総合MCを務めるスピードワゴンの小沢一敬さん、声優の能登有沙さんが登場。




この決勝戦で最速を目指し争うのは、名古屋代表Mamossa選手、東京代表takumi選手、大阪代表全手動選手、福岡代表Pulse選手の計4名。


選手紹介の後は、試合解説を務める「最終兵器俺達」のこーすけさんと、「父ノ背中」のきんちさんが登場。4人によるゲーム概要と試合のルールの紹介が終わったらついに試合開始です。

今回の決勝戦は、全員が各レース(ラウンド)ごとに指定された同マシンを使用した状態で、5つのラウンドの結果によるポイントの合計を競う形式。ラウンドトップは、次ラウンドのコース選択が可能です。



第1ラウンドは、Pulse選手がデンジャラスながらも巧みなドライビングで余裕の1位。そのまま第2ラウンドも制し、一気に総合トップへと躍り出ます。


追い上げるは、両ラウンドで2位に付ける全手動選手。全手動選手は第3ラウンド、得意のボートレースを1位で終え、本格的にPulse、全手動両選手による一騎打ちの様相に。


試合の流れが決定的になったのは第4ラウンド。ホバークラフトでのレースであるこのラウンド途中、全手動選手が「チェックポイントの通過ミス」という痛恨の失敗を犯します。


これによりポイント差を更に広げ、盤石の状態になったPulse選手。最終ラウンドでは、「Pulse選手が3位以下」かつ「全手動選手がトップ以外」の場合、Pulse選手の勝利が確定する状態に……!


そんな状況で迎えた最終ラウンド。中途まではまさしく3位進行となったPulse選手ですが、先を行く全手動選手らが次々と大クラッシュ。必死のカバーも追いつかずPulse選手が1位を獲得、そのままゴールし栄冠を手にしました。


「適切なコース取りをミスなく行う」という基本テクニックを、マシンやコースが変わっても徹底したPulse選手が優勝を飾りました。

時間が押しているのか、“巻き”で行われた表彰式では、優勝のPulse選手に大会で使用されたものと同モデルのゲーミングPC「LEVEL∞ R-Class」、ハンドルコントローラー「S-XW Racer Sparco P310 Competition Mod」が授与されました。ちなみに19歳のPulse選手、実は“実車の免許は持っていない”のだとか。意外な事実も判明しつつ、『ザ クルー2』JAPAN CUPは幕を下ろしました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Cuphead』の影響受けた新作ACT『Enchanted Portals』がKickstarter再開へ

    『Cuphead』の影響受けた新作ACT『Enchanted Portals』がKickstarter再開へ

  2. 【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

    【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

  3. 「いつかまたホラーゲームを作りたい、すでにアイデアはある」小島監督のBAFTAフェローシップ賞の受賞記念映像とインタビューが公開

    「いつかまたホラーゲームを作りたい、すでにアイデアはある」小島監督のBAFTAフェローシップ賞の受賞記念映像とインタビューが公開

  4. オープンワールドサバイバル『Rust』農業を強化する「Farming 2.0」アップデートが実施!

  5. まさかの“ゴジラ”コラボ! 新セット「イコリア:巨獣の棲処」が『MTGアリーナ』含む「マジック」世界に登場

  6. 「ジャレコ」作品などの二次創作ガイドが公開―『星をみるひと』、初期『スーチーパイ』等対象に、一定範囲の制作物有料頒布も可

  7. 期待のホラー『Year Of the Ladybug』作者の超怖顔描きメイキング!

  8. 『マジック:ザ・ ギャザリング』「コロナ」文言が入ったカード名が削除・変更に―「言葉が別の意味を帯びるようになった」

  9. 遂に宇宙へ…! 『War Thunder』エイプリルフールイベント「Space Thunder」開催

  10. スケボーゲーム『Skater XL』は7月に正式リリース! プロスケーターの登場も決定

アクセスランキングをもっと見る

page top