『ディビジョン2』は外見だけではない!音もリアルに再現する“ワシントンD.C.”を構築―ステージイベントレポ【UBIDAY 2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ディビジョン2』は外見だけではない!音もリアルに再現する“ワシントンD.C.”を構築―ステージイベントレポ【UBIDAY 2018】

ユービーアイソフトのファンイベント「UBIDAY 2018」にて行われた『ディビジョン2』のステージイベントの様子をお送りします。

ゲーム文化 イベント
『ディビジョン2』は外見だけではない!音もリアルに再現する“ワシントンD.C.”を構築―ステージイベントレポ【UBIDAY 2018】
  • 『ディビジョン2』は外見だけではない!音もリアルに再現する“ワシントンD.C.”を構築―ステージイベントレポ【UBIDAY 2018】
  • 『ディビジョン2』は外見だけではない!音もリアルに再現する“ワシントンD.C.”を構築―ステージイベントレポ【UBIDAY 2018】
  • 『ディビジョン2』は外見だけではない!音もリアルに再現する“ワシントンD.C.”を構築―ステージイベントレポ【UBIDAY 2018】
  • 『ディビジョン2』は外見だけではない!音もリアルに再現する“ワシントンD.C.”を構築―ステージイベントレポ【UBIDAY 2018】
  • 『ディビジョン2』は外見だけではない!音もリアルに再現する“ワシントンD.C.”を構築―ステージイベントレポ【UBIDAY 2018】
  • 『ディビジョン2』は外見だけではない!音もリアルに再現する“ワシントンD.C.”を構築―ステージイベントレポ【UBIDAY 2018】
  • 『ディビジョン2』は外見だけではない!音もリアルに再現する“ワシントンD.C.”を構築―ステージイベントレポ【UBIDAY 2018】
  • 『ディビジョン2』は外見だけではない!音もリアルに再現する“ワシントンD.C.”を構築―ステージイベントレポ【UBIDAY 2018】

10月14日にベルサーレ秋葉原で開催されたユービーアイソフトのファンイベント「UBIDAY 2018」のメイン展示は2019年3月15日発売予定のアクションRPG『ディビジョン2』。今回は同日に開催されたステージイベントの様子をお送りします。


本作開発元のMassive Entertainmentのクリエイティブディレクター、Julian Gerighty氏が、本作の舞台であるワシントンD.C.がどう作られたかを説明しました。


本作では3つの柱を立てて世界が作られました。一つは“World Logic”、世界がどのように動いているか、二つ目は“World Building”、開発陣が世界を作るうえでどこに着目したのか、そして最後に“Our Immersive World”、この世界観をどのように没入感のある世界にするのか。それを順を追って説明していきます。


まず“World Logic”。本作は前作『ディビジョン』でドルインフルパンデミックが起きてから、約7か月後のワシントンD.C.が舞台になっています。


今回ワシントンD.C.を選択した理由に“バラエティ”に富んだ、いろいろな施設・環境などがある街であることが挙げられています。なお、候補になった都市としてはシアトルやニューオリンズなどがありました。もう一つはコントラストで、前作がニューヨークの冬の大都市を描いたことに対し、『ディビジョン2』では暑い湿度の高い世界を描くことで前作との差別化を図りました。


また、モチベーション(スライドでは“Higher Stakes”)を持った人々を描きたかったことがあります。7か月の時間経過で人々が新たな環境に適応し始めた、ということも大きな理由の一つです。そして最後に「帰還」もテーマになっています。スリーパーエージェントであるディビジョンの命令はアメリカ大統領が指示することになっているためです。


次に“World Building”、本作では“1:1 Wasington D.C.”と題したリアルなものとなっています。



政治家・警察・消防車・病院関係者がパンデミックに遭遇した時どのような対応を取るのかの取材も行われました。会場では開発チームしか見せていない、その時の取材映像が世界初公開されました。ちなみに一部の方は顔を出してはいろいろとまずい方もいたそうです。


また、ワシントンD.C.の音を実際に録音するということも行いました。とはいえ、アメリカの首都ですから、昼間の録音は厳しいため、深夜・早朝の人通りが少ない時間帯にに何度も何度も録音したそうです。


今回の『ディビジョン2』ではSnowdropエンジンにGIS(地理情報システム)データを組み込めるように拡張を行いGPSデータを取り込むのとほぼ同義、になった結果、ユービーアイソフトのゲームでは初めてゲームと実際の地形が1:1で対応することになりました。



とはいえ、ゲーム内の状況に合わせて環境を変えることも必要とされます。主がいなくなって7か月が経った街では鳥の糞が車に蓄積し、自然植物が風景を覆うくらいに成長しています。地下鉄も本来のきれいな駅舎ではなく、事故が起こって崩壊したものになっています。


最後に“Our Immersive World”、没入感のある世界を作り出すための工夫も行われており、それについての解説を行いました。本作のワシントンD.C.は主に6つのカテゴリーに分かれています。なお、マップの広さは前作の20%増しになっています。

ジョージタウンなどの郊外には邸宅が多く立ち並びますが、主はパンデミック発生の時点で家を放棄し、朽ち果てたツリーが目立ちます。森や川は前作では登場しなかった自然環境を描くことができたと語っています。


居住区はニューヨークのそれとは大きく違いますが、朽ちた建物や車などが目立ちます。商業施設エリアではパンデミック発生時の暴動で物が奪われたものの生活の行われている地域もあるようです。


権力の象徴だった堅牢な政府施設が、体制の崩壊によってただの大きな建物になり果てました。そして、ワシントンD.C.ならではの多彩なランドマークも多数登場します。


ランドマークのいくつかも紹介されました。どうやらベースキャンプとなっている様子のルーズベルト・アイランドでは本作に至るまでの7か月間に関するデータが残っている模様です。


アメリカの象徴であるホワイトハウスもパンデミックのために大きく様変わりしているようです。数年前にはホワイトハウス襲撃をテーマにした映画作品もいくつかありましたが、本作ではどのような描かれ方をするのかにも注目したいですね。


航空宇宙博物館は本作では政府によって兵器・弾薬が保管されている、という設定になっており、各勢力との衝突が起きることが予想されます。



開発チームではワシントンD.C.を一つのキャラクターととらえ、その都市を忠実に再現して、多種多様な環境がセットされ、それによって象徴的なシーンに生まれ変わっていることを強調しています。

といったところでステージイベントのメインディッシュは終了しましたが、それじゃ聞き足りない(特にゲームシステム)、ということで質問コーナーが設けられました。が、質問者がストーリーの核心を突く質問や、スケジューリング的にまだ話せないものなど、回答が難しいものばかりだったようで、唯一しっかりと回答ができたのは敵勢力の“トゥルーサンズ”(仮称)のこと。この勢力は、地元のいじめっ子のようなポジションで武器を持って"オラついている集団"とのこと。また、その勢力にはヘビーアーマーを装備したものも登場するのですが、アーマーには弱点があり、それを集中して攻撃するとアーマーを破壊することができる、ということです。なお、本作に登場する勢力はほとんど新しいものになっています。ほかには、
●ベータは来年初頭から始まる予定
●ダークゾーンの情報は12月から開示
●アーロン・キーナーは本作にも関わる

という話が出て質問コーナーも終了し、『ディビジョン2』のステージイベントは幕を閉じました。

なお、当編集部では、Gerighty氏へのインタビューを行いました。近日掲載されますので楽しみにお待ちください!

みんな大好きトミーベアについても聞いてきたよ!

『ディビジョン2』は2019年3月15日にPS4/Xbox One/PCで8400円(税別)で発売予定です。
《岩井省吾》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『デビル メイ クライ』再アニメ化!『悪魔城ドラキュラ』アニメ版とのクロスオーバーも……?

    『デビル メイ クライ』再アニメ化!『悪魔城ドラキュラ』アニメ版とのクロスオーバーも……?

  2. コズミックホラーメトロイドヴァニア『Lore Finder』kickstarterキャンペーンが開始!―デモ版も公開中

    コズミックホラーメトロイドヴァニア『Lore Finder』kickstarterキャンペーンが開始!―デモ版も公開中

  3. 『スカイリム』で『Morrowind』を再現するMod「Skywind」最新映像―ダゴス家とは何なのか?

    『スカイリム』で『Morrowind』を再現するMod「Skywind」最新映像―ダゴス家とは何なのか?

  4. ガン闘病中に『Fallout 76』先行プレイし亡くなった少年をベセスダが静かに追悼―1万ドルを寄付

  5. 『FFXV』開発中止となったDLCを追悼する墓碑ModがSteamワークショップにて公開─安らかに眠れ…

  6. ミスド、「ピカチュウドーナツ」を販売開始―人気沸騰で一部店舗では品切れ状態

  7. 『Fallout』公式レシピブックであのウェイストランド飯を実際に作ってみた!【世紀末クッキング】

  8. 『JUDGE EYES:死神の遺言』x『名代 富士そば』コラボが実現─スパイスが効いた「赤富士そば」が期間限定で復活!

  9. 『エースコンバットINF』コトブキヤ1/144「XFA-27」レビュー…航空機プラモの革命児【ゲーム系プラモって実際どう?】

  10. 『Fallout 76』散らばった情報から海外ファンが地図を自主制作!ー「ウェストバージニアってどんなとこ?」「ほとんど天国さ」

アクセスランキングをもっと見る

page top