F2Pチーム対戦FPS『Dirty Bomb』開発終了―サーバーは継続し「All Merc Pack」ユーザーへは返金も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

F2Pチーム対戦FPS『Dirty Bomb』開発終了―サーバーは継続し「All Merc Pack」ユーザーへは返金も

Splash Damageは、サービス運営中のチーム対戦FPS『Dirty Bomb』向けに近日公開予定のバグフィックスをもって、同作の今後の開発を終了すると発表しました。

PC Windows
F2Pチーム対戦FPS『Dirty Bomb』開発終了―サーバーは継続し「All Merc Pack」ユーザーへは返金も
  • F2Pチーム対戦FPS『Dirty Bomb』開発終了―サーバーは継続し「All Merc Pack」ユーザーへは返金も

Splash Damageは、サービス運営中のチーム対戦FPS『Dirty Bomb』向けに近日公開予定のバグフィックスをもって、同作の今後の開発を終了すると発表しました。

同作は、核爆弾が投下され都市機能を失ったロンドンを舞台に、都市の修復を目指す団体と、犯罪シンジケートとの戦いを描いた、オブジェクティブベースのチーム対戦FPS。2013年10月よりクローズドベータ、2015年6月からはオープンベータを実施しており、2018年8月には1.0アップデートが行われています。

今回の開発終了について、Splash Damageは、2年前にネクソンよりパブリッシング権を取り戻して以降、多くの人員を用いて同作を盛り上げるために全力を尽くしたものの、幾つかの課題が克服できず、同作の開発を維持できるだけの収入を得ることができなかった旨をコメントしました。

しかしながら、この開発終了は即座のサービス終了を意味せず、サーバーの維持やプレイヤーによるサーバーレンタルシステムはまだ継続されるとしているほか、シンプルなログインボーナスイベントなどについては今後も行われるとしています。なお、将来の分も含めた全てのキャラクターの使用が可能となる「All Merc Pack」DLCのユーザーに対してはSteamウォレットに対し払い戻しが行われるとのことです。

『Dirty Bomb』はSteamにて基本無料で配信中です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 今後のSteam大型セールの実施日を非公式データベースサイトが報告―ハロウィンセールは近日開催か

    今後のSteam大型セールの実施日を非公式データベースサイトが報告―ハロウィンセールは近日開催か

  2. オープンワールド農業アクションADV『Stranded Sails』リリース―国内PS4/スイッチ版も近日配信

    オープンワールド農業アクションADV『Stranded Sails』リリース―国内PS4/スイッチ版も近日配信

  3. 専用の詳細設定が用意されたPC版『CoD:MW』トレイラー! 4Kや無制限フレームレートなどに対応

    専用の詳細設定が用意されたPC版『CoD:MW』トレイラー! 4Kや無制限フレームレートなどに対応

  4. Sci-Fi RPG『アウターワールド』Halcyonの地でまだ見ぬ希望の光となれ―ローンチトレイラー公開

  5. 16ビットレトロスタイルの2D横スクACT『Driven Out』リリース―農村の娘が恐ろしい敵へと立ち向かう

  6. 『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信―レジェンダリー装備の性能調整、各種不具合修正など

  7. 全てを自動化する開拓地マネジメントシム『Autonauts』PC向けにリリース―平和な開拓地をロボットで機械化!

  8. ルートボックス非採用の『CoD:MW』、武器やアタッチメントはゲームプレイを通じて入手可能―公式サイトで詳細明かす

  9. PC版『アウターワールド』の要求スペック公開ー推奨グラボはGTX1060 6GBなどに

  10. 3Dカスタム恋愛シム『コイカツ!Party』Steam配信開始、ただし日本語非対応【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top