ポルシェ ジャパンがe-Sportsに参入!2019年に『GT SPORT』で「Porsche E-Racing Japan」を開催 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ポルシェ ジャパンがe-Sportsに参入!2019年に『GT SPORT』で「Porsche E-Racing Japan」を開催

11月30日、ポルシェ ジャパン株式会社はPS4ソフト『グランツーリスモSPORT』を用いたワンメイクレース「Porsche E-Racing Japan」を2019年に開催すると発表しました。

ゲーム文化 e-Sports
ポルシェ ジャパンがe-Sportsに参入!2019年に『GT SPORT』で「Porsche E-Racing Japan」を開催
  • ポルシェ ジャパンがe-Sportsに参入!2019年に『GT SPORT』で「Porsche E-Racing Japan」を開催
  • ポルシェ ジャパンがe-Sportsに参入!2019年に『GT SPORT』で「Porsche E-Racing Japan」を開催
  • ポルシェ ジャパンがe-Sportsに参入!2019年に『GT SPORT』で「Porsche E-Racing Japan」を開催
  • ポルシェ ジャパンがe-Sportsに参入!2019年に『GT SPORT』で「Porsche E-Racing Japan」を開催
  • ポルシェ ジャパンがe-Sportsに参入!2019年に『GT SPORT』で「Porsche E-Racing Japan」を開催

11月30日、ポルシェ ジャパンは同社の2019年におけるモータスポーツへの取り組みを発表するプレスカンファレンスを開催。2019年に、PlayStation 4ソフト『グランツーリスモSPORT』を用いたワンメイクレース「Porsche E-Racing Japan」を開催することを発表しました。

ポルシェ ジャパンの代表取締役社長・七五三木(しめぎ)敏幸氏は「e-Sportsは、近年非常に大きな盛り上がりを見せています。我々としてはe-Sportsもモータースポーツの一分野としてとらえ、取り組んでいきたい」とコメント。『グランツーリスモ』シリーズでプロデューサーを務める、ポリフォニー・デジタルの代表取締役プレジデント・山内一典氏とのトークセッションが行われました。

山内氏は「『グランツーリスモ』のユーザーは約600万人。うち、350万人ほどがオンラインでレースを楽しんでいます。実車の挙動をシミュレートする『SPORT』の精度には自信がありつつも、本作を用いたレースでどのような光景が生まれるのかまでは想像しきれていないところがありましたが、モータースポーツそのままで驚きでした」と手ごたえを語り、「ビデオゲームだから、燃料の減りやタイヤの摩耗速度を実車より早く設定できる。それにより、短時間のレースでもいつピットインするかというようなストラテジーやマネージメントが発生し、本物のモータースポーツをグッと濃縮したレースが楽しめます」とe-Sportsならではの見どころを披露しました。

和やかにトークするポルシェ ジャパンの七五三木氏(写真左)とポリフォニー・デジタルの山内氏(写真右)

また、参入障壁の低さもe-Sportsの大きな魅力です。PS4本体、『グランツーリスモSPORT』、ステアリングコントローラーさえあれば参加できる気軽さは、実車によるモータースポーツと比べると大きなアドバンテージとなります。七五三木氏も「エントリーしやすいのは大きな魅力。まずは(ゲームによる)シミュレーションでもいいので、ぜひポルシェを体験してほしい」と好感触で「2019年、e-Sportsでも始まる私どもポルシェのワンメイクレースにご期待ください。その際は、山内さんにもご協力をお願いすると思います」と意気込みを見せました。

ポルシェのe-Sportsへの取り組みは今回が初というわけではなく、2017年4月にはマイクロソフトが『Forza』シリーズにおいて、ポルシェと6年にわたるマルチプロジェクトパートナーシップを締結しており、同作のe-Sports大会「Forza Racing Championship シーズン 3」はポルシェのスポンサードで開催されたという経緯があります。一方、日本においては『グランツーリスモSPORT』と足並みをそろえて取り組んでいくようです。最後に、カンファレンスを終えた七五三木氏と山内氏へのメディア合同インタビューをお届けします。

――この度の「Porsche E-Racing Japan」の発表に際し、実現したいことや期待していることはありますか?

山内今回にかぎらず「FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ」を立ち上げたときからの目標は、これまで以上に、たくさんの方にリアルのモータースポーツに関心を持っていただくことです。こういった形で、ポルシェさんがe-Sportsのレースを開催されて、その先にはカレラカップやGT4のレースがあるというのは、僕にとってすごく喜ばしいことです。きちんとサポートをしなければいけないと思っています。

――「Porsche E-Racing Japan」の優勝者が実車のモータースポーツにも興味を示している場合、何らかのアシストをされるお考えはありますか?

七五三木先ほどの発表でも山内さんがおっしゃっていましたが、(e-Sportsは実車のモータースポーツに比べて)エントリーしやすいのが大きいので、もしそういうケースがあるなら我々としてはサポートを考えていきたいと考えています。まだ具体的にお答えできることはないのですが。まずはモータースポーツの裾野を広げることですね。

――現在『グランツーリスモSPORT』で行われているe-Racingでは、パッドとステアリングコントローラーの比率はどのようなものでしょうか?

山内9割くらいの方はステアリングコントローラーですね。でも1割くらいは、PS4のパッドでワールドツアーのファイナルまで勝ち上がってくる方もいます(笑)。

七五三木それはすごいですね!

山内よくぞパッドで……と思います(笑)。


――「Porsche E-Racing Japan」は2019年のいつ頃、どのような形式で開催されるのでしょうか。

七五三木詳細に関しましては、後日あらためてリリースを出しますのでお待ちいただければと思います。

山内グランツーリスモSPORT』で、好きなマニュファクチャラー(ブランド)と契約して、そこの代表ドライバーとしてレースに参加できる「FIA GT マニュファクチャラーシリーズ」を見ていると、やっぱりポルシェはすごい人気なんです。ポルシェの看板を背負って戦っている人が大勢います。そこに、実際のポルシェが開催するe-Racingのシリーズが加わるというのは、プレイヤーのみなさんにとってビッグニュースだと思います。

――「Porsche E-Racing Japan」に、七五三木氏ご自身が参戦するような可能性はあるでしょうか?

山内実は、シニアクラスを設けたりするのもいいかなと思っているんですよ。

七五三木それは朗報ですね! 実現したら、ぜひ出場を検討してみたいと思います(笑)。
《蚩尤》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 江崎グリコの「ポッキー」がe-Sportsへ本格参入!『ストV』とコラボした「Pocky K.O. Challenge」を開催―体力ゲージを“Pocky比率”にして勝利を目指す

    江崎グリコの「ポッキー」がe-Sportsへ本格参入!『ストV』とコラボした「Pocky K.O. Challenge」を開催―体力ゲージを“Pocky比率”にして勝利を目指す

  2. 自動工場構築ストラテジー『Factorio』正式リリース日が決定! その後は休息を経て新たなコンテンツと機能の導入に集中

    自動工場構築ストラテジー『Factorio』正式リリース日が決定! その後は休息を経て新たなコンテンツと機能の導入に集中

  3. 小林幸子が「ポケットにファンタジー」を21年ぶりにセルフカバー!初音ミクとデュエット

    小林幸子が「ポケットにファンタジー」を21年ぶりにセルフカバー!初音ミクとデュエット

  4. 海外アーティストが『ストリートファイター6』のロゴを独自にデザイン! 小野義徳氏も称賛

  5. VHSスタイル短編ホラー『No Players Online』配信! 誰もいないレトロFPSサーバーで…

  6. 『CoD:MW』初日から30連続キルを叩き出したNgt選手に聞く新作ならではのコツ─「今までのように“最強AR”と呼ばれ続けたい」【TGS2019】

  7. 『シェンムー』開発舞台裏に迫るNetflixドキュメンタリー「A Gamer's Journey」予告編!

  8. 発明家YouTuberが『オーバーウォッチ』の「RIPタイヤ」をリアルで再現!

  9. 放て!真空波動拳!!『ストリートファイターV』より「リュウ」が迫力の“超”ハイエンドフィギュアで登場

  10. e-Sportsの法規制における現状の課題と経過、そしてビジネス活用法とは?「eSPORTS TRINITY」講演レポ

アクセスランキングをもっと見る

page top