「eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本選抜vsアジア選抜~」開催競技が変更へ―『CS:GO』中止、代替タイトル調整中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本選抜vsアジア選抜~」開催競技が変更へ―『CS:GO』中止、代替タイトル調整中

一般社団法人日本eスポーツ連合は、1月26日、27日に幕張メッセで開催予定のe-Sports大会「eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本選抜vsアジア選抜~」の開催競技が変更となったことを発表しました。

ゲーム文化 e-Sports
「eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本選抜vsアジア選抜~」開催競技が変更へ―『CS:GO』中止、代替タイトル調整中
  • 「eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本選抜vsアジア選抜~」開催競技が変更へ―『CS:GO』中止、代替タイトル調整中
  • 「eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本選抜vsアジア選抜~」開催競技が変更へ―『CS:GO』中止、代替タイトル調整中
一般社団法人日本eスポーツ連合は、1月26日から開催する「eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本選抜vsアジア選抜~」の競技種目が変更となったことを発表しました。

発表当初に競技種目として予定されていたのは、『ウイニングイレブン 2019』、『Counter-Strike: Global Offensive』、『ストリートファイターV アーケードエディション』、『鉄拳7』の4タイトル。そのうち、『Counter-Strike: Global Offensive』が競技種目から除かれることが発表されました。

『Counter-Strike: Global Offensive』の代わりとなるタイトルについては調整中であり、概要が決まり次第明らかになる見込みです。大会2週間前というタイミングで、e-Sportsシーンで長年の定評のある『CS:GO』が除外となった背景については不明瞭ですが、代替タイトルの発表に期待しましょう。

「eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本選抜vsアジア選抜~」は2019年1月26日、27日に幕張メッセにて、「闘会議 2019」、「ジャパン アミューズメント エキスポ2019(JAEPO2019)」との同時開催予定です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

    個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

  2. 『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

    『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

  3. 『モータルコンバット』科学検証番組第3弾―サブゼロの氷の斧で物は切れるのか?

    『モータルコンバット』科学検証番組第3弾―サブゼロの氷の斧で物は切れるのか?

  4. インディゲームイベント「TOKYO SANDBOX」秋葉原で4月開催ー84スタジオ、120タイトル出展

  5. アーケード版『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』3月25日AM2:00にオンラインサービス終了へ

  6. 本物級!『Apex Legends』人気武器「ピースキーパー」を実際に作ったユーザー現る

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. たった1人で開発された高品質アクションFPS『Bright Memory - Episode 1』早期アクセス開始!

  9. Twitch主催『Apex Legends』初の公式大会でNinja率いるチームが優勝

  10. 映画「ヘルボーイ」ポスター風の『ゴッド・オブ・ウォー』力作ファンアート!―開発スタジオも思わず反応

アクセスランキングをもっと見る

1
page top