『CoD: BO4』Libalent Vertex勝利の第1回「CWL 日本代表決定戦」レポ―試合後インタビューも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CoD: BO4』Libalent Vertex勝利の第1回「CWL 日本代表決定戦」レポ―試合後インタビューも

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、千葉幕張メッセで1月26日と1月27日に開催された闘会議2019にて『Call of Duty Black Ops 4』の第1回「CWL 日本代表決定戦」を実施しました。レポートをお届けします。

ゲーム文化 e-Sports
『CoD: BO4』Libalent Vertex勝利の第1回「CWL 日本代表決定戦」レポ―試合後インタビューも
  • 『CoD: BO4』Libalent Vertex勝利の第1回「CWL 日本代表決定戦」レポ―試合後インタビューも
  • 『CoD: BO4』Libalent Vertex勝利の第1回「CWL 日本代表決定戦」レポ―試合後インタビューも
  • 『CoD: BO4』Libalent Vertex勝利の第1回「CWL 日本代表決定戦」レポ―試合後インタビューも
  • 『CoD: BO4』Libalent Vertex勝利の第1回「CWL 日本代表決定戦」レポ―試合後インタビューも
  • 『CoD: BO4』Libalent Vertex勝利の第1回「CWL 日本代表決定戦」レポ―試合後インタビューも
  • 『CoD: BO4』Libalent Vertex勝利の第1回「CWL 日本代表決定戦」レポ―試合後インタビューも
  • 『CoD: BO4』Libalent Vertex勝利の第1回「CWL 日本代表決定戦」レポ―試合後インタビューも
  • 『CoD: BO4』Libalent Vertex勝利の第1回「CWL 日本代表決定戦」レポ―試合後インタビューも

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、千葉幕張メッセで1月26日と1月27日に開催された闘会議2019にて『Call of Duty Black Ops 4』の第1回「CWL 日本代表決定戦」を実施しました。本記事では、同イベントのレポートをお届けします。


この大会は、世界大会である「CWL Global Open」Fort Worth出場権を賭けオンライン予選を勝ち上がった、Rush Gamingと野良連合、GGWP、CYCLOPS athlete gaming、Unsold Stuff Gaming、匠Festival、Libalent Vertex、XD Axisの8チームによる試合です。闘会議2019の1日目のDay.1では、トーナメント形式で前述の8チームが対戦しLibalent Vertexが勝利しています。



闘会議2日目のDay.2では、Winners Final でCYCLOPS athlete gaming vs Libalent Vertexが対戦しLibalent Vertexがグランドファイナルへと進みます。敗者復活戦となるLosers Finalでは、Unsold Stuff Gaming vs CYCLOPS athlete gamingが対戦し、CYCLOPS athlete gamingが勝利。グランドファイナルへの出場権を得ました。この結果からCYCLOPS athlete gamingによるLibalent Vertexへのリターンマッチとなりました。


グランドファイナルは、Libalent VertexとCYCLOPS athlete gaming(以下、CAG)との試合です。第1試合はHardpoint(マップArsenal)では、当初CAGがポイントを稼いでいたものの途中からLibalent Vertexがリードを取り返し、250 vs 119でLibalent Vertexが勝利。


第2試合は、Search & Destory(マップArsenal)で6 vs 0で圧倒的な差をつけてLibalent Vertexが勝利します。続いての第3試合はControlで(マップArsenal)、これまでの圧倒的な差からLibalent Vertexが勝利するかと思われましたが、第2ラウンドをCAGが取るとこのままの調子で逆転に成功。2 vs 1となりました。


第4試合は、Hardpoint(マップFrequency)です。ここでは、先の勝利によって勢いを取り戻したCAGがリードし、Libalent Vertexが追い上げるものの、151 vs 250でCAGが勝利しました。

2 vs 2となり、次の第5試合で優勝が決まる最終戦となります。最終戦は、Search & Destory(マップFrequency)で、Libalent Vertexが先制し、CAGがそれを追い上げる形での試合が展開され第10ラウンドの時点でLibalent Vertexが5勝、CAGが5勝。最後の11ラウンドでは、最終的にCAGのメンバーをLibalent Vertexが全て倒す形での勝利なり、第1回「CWL 日本代表決定戦」はLibalent Vertexが優勝を勝ち取りました。


見事勝利をもぎ取ったLibalent Vertexのリーダーsitimentyo選手は「率直に嬉しいです!」とコメント。惜しくも敗れてしまったCYCLOPS athlete gaming のリーダーNicochaaaaaaaann選手は「勝利が目の前にあったのに負けてしまったことはとてつもなく悔しいと思うのですが、この悔しさをバネに自分たちの悪かったところを見直して、もっともっと強いチームになって今度こそ世界へ行きたいなと思います」とコメント。


闘会議で開催された第1回「CWL 日本代表決定戦」は、観客の大きな拍手をもって終了。試合終了後に出場したLibalent VertexとCYCLOPS athlete gamingへのメディア合同インタビューが実施されました。

■Libalent Vertexへの試合後インタビュー



――今のお気持ちを教えてください

sitimentyo選手: 「絶対優勝しなきゃ」と思い、優勝しました


GenGar AX選手: 素直に嬉しいです。最初のHardpointとSearch & Destoryで立て続けに大差で勝利できて、この勢いでControlも勝てるかと思ったのですが、ちょっと調子に乗りすぎたというか、あまり上手くいかずに落としてしまいました。そこから流れも変わり、HardpointとSearch & Destory、そして最後には5 vs 5になってその試合で最初にデスしてしまったのですけれど、そのとき「負けちゃったかな」と思ってしまったのですが、味方がその逆境を乗り越えてくれたので味方に感謝です。

AliceWonderland選手: 僕とGenGar AX選手とxAxSy選手は、昨年の『CoD: WW2』で2位という結果に終わっているので「優勝」っていうものに向いていない、優勝出来るか・出来ないかはセンスが問われるものだと思っています。その自信を今回の優勝で手に入れたのでこれからまたずっと勝ち続けられるように努力していきたいと思います。


Inaba UR選手: 僕たちが目指す場所は世界なので、今回の国内最強の決定戦ってことで優勝を目標としていたのですけれど、それも一つの通過点だと思います。次はフォートワースで、全力で挑みたいと思います。

xAxSy選手: 気持ちはめちゃくちゃ嬉しいですね。この前は余裕ぶって負けたので、今回も余裕ぶって結構取られて「あっ!これ不味いかな!」っと思ったのですけれど、本当にInaba UR選手がヤバくて、このチームに入って良かったなと思いました。

――今回の決勝戦を踏まえたうえで、世界に対して自分たちが「武器になる」と思ったものと課題を教えてください

sitimentyo選手: いま僕たちが世界で戦えるというところでは、連携面を鍛えています。連携面で世界に通用していけるようにこれからも練習したいと思っています。問題点としては、1度試合の流れを相手チームに持って行かれた時の立て直しなのかなと思っています。あと強い点は、ラウンドを取られたりしても雰囲気が良いため、(悪い方向へ)もって行かれづらいようにしています。スグ立て直せるようなところが強みだと思います。

――TGS 2018での大会優勝から4ヶ月ほど経過したと思いますが、その間にどんな練習をしてきたのでしょうか?

sitimentyo選手: 昨年12月に一度ラスベガス(世界大会「Call Of Duty World League Las Vegas」)へ行ったのですけれど、そこであちらのチームとの差は「連携面」と「知識」だと思っていて、「知識」について僕たちは浅く遅れているので、「まずは連携面で追いつこう」とチームで連携面の声出しといったコミュニケーションを強化していました。

――最後の最後で勝利をとれた部分はどこだったと思います?

sitimentyo選手: 僕たちの雰囲気がずっとよかったので、そのまま(悪い方向へ)飲み込まれずに最後の最後にやっと立て直したところがCAGと差が出来たのかなと思います。

――今回の試合はCWLに寄せたものとなりましたが、ラスベガスのものと今回のものの違いはありましたか?

sitimentyo選手: 今回とてもCWLに近い形でやらせて頂いて、ラスベガスの時と違うのは周りにファンがいることへの安心感がありますね。キル取ったときの歓声も距離の近さから耳に入るので、ホームでやれたのかなと思います。

――前回と違って日本代表としてのCWLへの扉が全4回と開かれました。皆さんにとってCWLはなんですか?

sitimentyo選手: CWLは夢の舞台、次の目標って感じですね。そこで世界一を勝ち取るために頑張るって感じです。

――ありがとうございました


■CYCLOPS athlete gaming試合後インタビュー



――今回の試合後の感想を教えてください

Nicochaaaaaaaann選手: 今回の試合結果は負けてしまったんですけれど、原因としてはわかっていて本番ということで「いつもと違う動きをしてしまっていた」ところが目立っていたかなと思います。グランドファイナル後半では、自分達で落ち着くことが出来たことで、いつも通りのプレイを出来たのですが、Search & Destroyは苦手なモードということもあってギリギリ負けてしまっていたという感じですね。自分達の悪いところはわかっているので、次の反省点をどんどん生かせるかと思います。


Leisia選手: 序盤を焦りすぎてしまって、いつも通りの動きが出来ていませんでした。今回は第1回ということで、第4回まであるので次までには必ず今回出来なかったことを反省していきたいと思います。


――今後の意気込みを教えてください

Nicochaaaaaaaann選手: 今後の第2回や第3回、第4回全て優勝して世界へ行きたいと思っています

Leisia選手: 今回負けてしまった悔しさをバネにして、これからも絶対1位を取ります

――グランドファイナルなどの逆転劇はチームでの連携あってのものですか?

Nicochaaaaaaaann選手: そうですね。僕が考えているのは、恐らく本番ということで自分達の動きが出来ていないという状況が作られてしまって、冷静になって立て直しにしていつも通りの動きをすることで試合を有利に運ぶことが昨日から今日に同じような感じに続いてしまったのかと思います。どうしても試合の始まりが不安定すぎるというか、そこがチームとして良くないところかなとおもいました。

――CAGにとってのCWLはどうですか?

Nicochaaaaaaaann選手: 僕にとってCWLは、自分達の力を世界でどれぐらい通用出来るのかというのを試す場所でもあり、日本の力を世界で知らしめる場所でもあると思います。

Leisia選手: 正直、(CWL大会の中では)今日本チームって舐められているので、僕たちが先陣を……というか、僕たちが行ってボコボコにしてやって「日本代表はそっちより強いんだぞ!」というのを見せつけたい場だと思っています。

――年4回のチャンスが出来たことについてはどうでしょうか?

Nicochaaaaaaaann選手: CWLの出場がチャンス4回になったということですが、元々日本はどうしてもCWLへの出場権が無かったのですけれど、それが色々変わって出場権を手に入れるようになって、それはもう僕たちにとって嬉しいこと良いことでしかないので、せっかくこのチャンスがあればしっかりと利用して生かして行きたいなと思っています。

――ありがとうございました

※本大会で使用されているゲームモードには、「CERO:Z(18才以上のみ対象)」に該当する表現は含まれません。
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 忍ism、所属選手13名の契約終了を発表―ストリーマーなど3部門で

    忍ism、所属選手13名の契約終了を発表―ストリーマーなど3部門で

  2. Steamが「LGBTQ+」のタグと検索用ハブページを正式に導入

    Steamが「LGBTQ+」のタグと検索用ハブページを正式に導入

  3. 新鮮なマイアミだ!『FO4』大型Mod「Fallout: Miami」早期版が公開―開発段階のエリアを探索可能

    新鮮なマイアミだ!『FO4』大型Mod「Fallout: Miami」早期版が公開―開発段階のエリアを探索可能

  4. 1分間で死ぬアドベンチャーゲーム『Minit』のコモドール64版が開発中!

  5. ファミコン版『忍者龍剣伝』作曲者の初ライブが開催!ミニインタビューもお届け【BitSummit 7 Spirits】

  6. 2019年のSteamサマーセールイベントでは「トレカ」は用いられない―Valveが明らかに

  7. まるで別ゲーム?『Fallout 4』に本格アニメ顔Mod「AnimeRace Nanakochan」登場!

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 海外ベセスダが猫愛護団体の活動支援で“カジート”の里親募集―「学者猫に興味はありませんか?」

  10. 『FO4』大型Mod「Fallout Miami」トレイラー!パリピ感溢れるサーファーグールも登場

アクセスランキングをもっと見る

page top