あるインディー開発者がクラウドファンディング参加者に支援額を"倍"にして還元ー作品の成功が生んだ異例の措置 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

あるインディー開発者がクラウドファンディング参加者に支援額を"倍"にして還元ー作品の成功が生んだ異例の措置

Steamにて早期アクセス中の2Dタウンビルダー『Rise to Ruins』。同作の開発者であるRaymond Doerr氏は、クリエイター支援サイト「Patreon」の支援者に、ドネートの倍額を還元する異例の措置を発表しました。

ニュース ゲーム業界
あるインディー開発者がクラウドファンディング参加者に支援額を
  • あるインディー開発者がクラウドファンディング参加者に支援額を
  • あるインディー開発者がクラウドファンディング参加者に支援額を

Steamにて早期アクセス中の2Dタウンビルダー『Rise to Ruins』。同作の開発者であるRaymond Doerr氏は、クリエイター支援サイト「Patreon」の支援者に、Paypalなどを通して寄付された金額を倍にして還元する異例の措置を発表しました。

これは同氏のPatreonページにて発表されたもので、それによれば『Rise to Ruins』は同氏の暮らしを支えるほど成功しており、これ以上支援者から金銭を受け取ることは正しい行為とは思わないためこのような措置に踏み切ったとのこと。今でも月に170ドルの援助が集まる同氏のPatreonですが、これも慎重な検討の後、閉鎖することを決めたと報告しています。

ちなみに、支援者への還元は希望制かつ支援者の支援総額に対するものとなっており、10ドル支援した場合には20ドルを、6ヶ月間毎月1ドル支援していた場合には12ドルを返す、といった具合になるということ。同氏のPatreonでは月の最高支援額が最大10ドルに設定されているため、同時に支払う額が膨大にはならないことは予想されますが、それを差し引いても支援者に利益を還元するという方針はインディーゲーム開発においてなかなか見られない事例なのではないでしょうか。

なお、同氏はこの還元は決してネガティブなものでなく、作品が成功したことによる非常に良いニュースであると捉えてほしいとコメントしています。同時に支援者に対する多大な感謝の意も示しており、今回の措置に際した同氏の心持ちが窺えます。

なお、『Rise to Ruins』はWindows/Mac/Linux向けに980円で早期アクセス中。正式リリースの時期は発表されていませんが、日本語を含む各種ローカライズModのサポートパッチを実装するなど定期的なアップデートが実施されています。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『スーパーロボット大戦V』『X』のPC/スイッチ版の発売が決定

    『スーパーロボット大戦V』『X』のPC/スイッチ版の発売が決定

  2. 『GTAオンライン』カジノや新ミッションが楽しめる「ダイヤモンドカジノ&リゾート」配信開始!

    『GTAオンライン』カジノや新ミッションが楽しめる「ダイヤモンドカジノ&リゾート」配信開始!

  3. 病院経営シム『Two Point Hospital』2019年末の海外コンソール版発売を発表

    病院経営シム『Two Point Hospital』2019年末の海外コンソール版発売を発表

  4. 『ディビジョン2』新メインミッションやレイド難易度など追加するメンテナンスが7月23日16時半より実施

  5. 『ポケモンGO』伊藤園ジム自販機で「アーマードミュウツー」をゲットせよ!時間指定伝説レイドバトル開催

  6. スイッチ/PS4『鬼ノ哭ク邦』体験版配信―セーブデータは製品版に引継ぎが可能

  7. 『オーバーウォッチ』新ヒーロー「シグマ」発表! 恐怖感じるオリジン・ストーリー公開

  8. テンセント、ポケモンと共同でオリジナルの新作タイトル開発を発表

  9. モバイル向け新作『ロックマンX DiVE』2019年グローバルリリース予定!ティーザー映像公開

  10. なんだかんだと聞かれたら…『ポケモンGO』ポケストップに「ロケット団」出現!黒いオーラ纏う「シャドウポケモン」とバトル

アクセスランキングをもっと見る

page top