マイクロソフトが『World of Warcraft』向けにWindows7上でDirectX12をサポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

マイクロソフトが『World of Warcraft』向けにWindows7上でDirectX12をサポート

マイクロソフトは、BlizzardのMMORPG『World of Warcraft』において、Windows7向けにDirectX12を移植したことを発表しました。

ゲーム機 技術
マイクロソフトが『World of Warcraft』向けにWindows7上でDirectX12をサポート
  • マイクロソフトが『World of Warcraft』向けにWindows7上でDirectX12をサポート

マイクロソフトは、BlizzardのMMORPG『World of Warcraft』において、Windows7向けにDirectX12を移植したことを発表しました。

DirectXは、マイクロソフトが開発したゲームを始めとしたマルチメディアの処理を行うアプリケーションプログラミングインターフェイスです。この度、マイクロソフトのDirectX開発者ブログにて、本来はWindows 10に備わるDirectX12を、『World of Warcraft』向けにWindows7上でサポートしたことが発表されました。

これにより、2018年よりDirectX12に対応した『World of Warcraft』を、Windows7上でDirectX12でプレイすることが可能となります。『World of Warcraft』の「Tides of Vengeance」アップデート以降、DirectX12によるマルチスレッドレンダリングでパフォーマンスの向上が実現しており、この恩恵をWindows7においても受けられるとのことです。

マイクロソフトによれば、この件は顧客からのフィードバックに最善を尽くす対応の一環により実現されたとのこと。また、現在他のDirectX12に対応する作品のゲーム開発者と共に移植作業に当たっていることも明かされており、『World of Warcraft』以外でも同様の対応が今後行われるものと見られます。その他、Windows10では、Windows7よりもさらに効率的にDirectX12を含む、低画質APIが再生可能であることも明かされています。
《technocchi》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 『ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説』11月12日発売!GB版『夢をみる島』まで収録、懐かしの名作がいつでも手軽に楽しめる【Nintendo Direct】

    『ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説』11月12日発売!GB版『夢をみる島』まで収録、懐かしの名作がいつでも手軽に楽しめる【Nintendo Direct】

  2. ASTRO Gamingから初のマイク付きゲーミングイヤホン「A03インイヤーモニター」発売─「ASTRO MixAmp Pro TR」にも接続可能

    ASTRO Gamingから初のマイク付きゲーミングイヤホン「A03インイヤーモニター」発売─「ASTRO MixAmp Pro TR」にも接続可能

  3. 次世代ゲーム技術を実際に体験!「Unreal Engine 5」の早期アクセス版がリリース

    次世代ゲーム技術を実際に体験!「Unreal Engine 5」の早期アクセス版がリリース

  4. レトロゲーム互換機「POLYMEGA」は年内出荷も危うい状態…代理店も“状況が好転するのを期待するしかない”

  5. PS4 Pro/Xbox One X/スイッチ内蔵のモンスターゲーミングPC「Big O」が爆誕!

  6. 実写?いいえ、ゲーム画面です―米大学が『GTA V』をフォトリアル化する技術発表

  7. レトロゲーム互換機「POLYMEGA」国内発売日は未定―代理店は公式から返答得られず

  8. GB/GBC/GBAをHD画質で遊べるコンソール機「RetroN Sq」登場!3月発売予定

  9. ポータブルゲーミングPC「SMACH Z」プロジェクトが続行不可能に―新型コロナの影響やバッテリーの問題などが原因

  10. 新型携帯ゲーム機「Playdate」7月に予約開始!『Return of the Obra Dinn』開発者による新作ゲームも制作中

アクセスランキングをもっと見る

page top